スヌーピーとは? わかりやすく解説

スヌーピー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/23 07:11 UTC 版)

スヌーピー: Snoopy)はアメリカ漫画家チャールズ・モンロー・シュルツが1950年から書き始めた漫画『ピーナッツ』に登場するオスビーグルであり、作品の主人公チャーリー・ブラウン少年の飼い犬。モデルとなったのは原作者のシュルツ氏が13歳のときに飼っていたビーグルとの雑種の犬であり、趣味は変装、スポーツ、小説の執筆など多岐にわたる。


注釈

  1. ^ アニメ版では住んでいたマンションのルール改変により犬の飼育が禁止になってしまう。
  2. ^ 原作漫画では、1951年8月28日に掲載された話と1968年8月10日に掲載された話においてスヌーピーの誕生日を祝っている。
  3. ^ この時代はヘルメットはまだ登場していない。
  4. ^ 英国ヴィクトリア朝エドワード・ブルワー=リットンという作家の『ポール・クリフォード英語版』という小説の書き出しで、最も陳腐な小説の書き出しと考えられている。サンノゼ州立大学にはen:Bulwer-Lytton Fiction Contestというコンテストが設けられ、この書き出しで始まる最も陳腐で最悪な小説を選んでいる。

出典

  1. ^ a b 「Snoopy's Reunion」(1991年作品)
  2. ^ 連載61年目にして作者シュルツ氏のスタジオと権利元が公式認定 スヌーピーは、8月10日生まれ、ソニー・クリエイティブプロダクツ、2011年6月1日。 (PDF)
  3. ^ スヌーピーのバースデー特設サイト(日本のスヌーピー公式サイトより)
  4. ^ 「I LOVE スヌーピー」誕生日イベントで鈴木福、芦田愛菜ら吹替キャストお披露目”. 映画ナタリー (2015年8月10日). 2015年8月11日閲覧。
  5. ^ 1965年から71年までCBSで放送されたコメディドラマ。河出書房新社『完全版ピーナッツ全集』第13巻100ページ。
  6. ^ 日本のスヌーピー公式サイト ピーナッツの仲間たち
  7. ^ スヌーピーミュージアムが六本木にオープン - 世界初公開の「ピーナッツ」原画や貴重なグッズを特別展示(ファッションプレス 2016年4月28日)
  8. ^ a b 来年秋、スヌーピーミュージアムが、東京・町田市に移転することが決まりました。(SNOOPY MUSEUM TOKYO, 2018年8月16日)
  9. ^ a b スヌーピーミュージアム、町田に移転 世界で唯一の分館(朝日新聞デジタル 2018年8月19日)
  10. ^ “南町田グランベリーパーク 2019年11月に「まちびらき」決定” (PDF) (プレスリリース), 町田市、東京急行電鉄、ソニー・クリエイティブプロダクツ, (2019年5月14日), https://www.tokyu.co.jp/image/news/pdf/20190514-1.pdf 2019年7月16日閲覧。 
  11. ^ シルバー・スヌーピー賞って何ですか:質問&回答集(Q&A) - 宇宙ステーション・きぼう広報・情報センター - JAXA”. JAXA (2005年1月13日). 2013年4月22日閲覧。
  12. ^ 『スヌーピー・ブティック―Peanuts vintage collectibles (2)』辰巳出版(タツミムック)、2002年、127頁。ISBN 4-88641-744-2
  13. ^ NASA、月探査「アルテミスI」取材の事前申し込みを受付開始--打ち上げは3月の見通し”. CNET JAPAN (2022年1月20日). 2022年8月1日閲覧。
  14. ^ 「レジャー産業資料」1978年11月号
  15. ^ Snoopy still flying at Christmas、dominion post、2014年12月8日。


「スヌーピー」の続きの解説一覧

スヌーピー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/29 20:28 UTC 版)

宇宙英雄ペリー・ローダンの登場人物」の記事における「スヌーピー」の解説

ハンク飼っているロボット犬。第211巻。

※この「スヌーピー」の解説は、「宇宙英雄ペリー・ローダンの登場人物」の解説の一部です。
「スヌーピー」を含む「宇宙英雄ペリー・ローダンの登場人物」の記事については、「宇宙英雄ペリー・ローダンの登場人物」の概要を参照ください。


スヌーピー(Snoopy)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 08:31 UTC 版)

ピーナッツ (漫画)」の記事における「スヌーピー(Snoopy)」の解説

チャーリー・ブラウン飼い犬モデルとなったのは原作者シュルツ氏が13歳時に飼っていたビーグル雑種であり、二足歩行もできる。ありながら人間並み賢さ器用さ持ち文字読み書きもでき、野球をする等趣味多様また、アニメ版ではスヌーピーの言葉人間言葉で表されていないが、チャーリー・ブラウンたち以外のタクシーの運転手などもスヌーピーの言葉理解できているのでスヌーピーが人間言葉で話せる事が分かる

※この「スヌーピー(Snoopy)」の解説は、「ピーナッツ (漫画)」の解説の一部です。
「スヌーピー(Snoopy)」を含む「ピーナッツ (漫画)」の記事については、「ピーナッツ (漫画)」の概要を参照ください。


スヌーピー (Snoopy)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/14 18:51 UTC 版)

勝利はいただき」の記事における「スヌーピー (Snoopy)」の解説

間抜けな顔をしていて、性格落ち着きがない『ピーナッツ』にでてくると名前が同じだが、無関係である

※この「スヌーピー (Snoopy)」の解説は、「勝利はいただき」の解説の一部です。
「スヌーピー (Snoopy)」を含む「勝利はいただき」の記事については、「勝利はいただき」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「スヌーピー」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「スヌーピー」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「スヌーピー」の関連用語

スヌーピーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



スヌーピーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスヌーピー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの宇宙英雄ペリー・ローダンの登場人物 (改訂履歴)、ピーナッツ (漫画) (改訂履歴)、勝利はいただき (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS