ピーナッツとは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 映画情報 > ピーナッツの意味・解説 

ピーナッツ

原題:表記なし
製作国:日本
製作年:2005
配給:コムストック
スタッフ
監督:内村光良 ウチムラテルヨシ
製作:柵木秀夫 タナキヒデオ

長澤一史 ナガサワカズシ

亀山慶二 カメヤマケイジ

安永義郎 ヤスナガヨシロウ

工藤浩之 クドウヒロユキ

白内寿一 シロナイヒサカズ
プロデューサー:田村正裕 タムラマサヒロ

古郡真也 コトシンヤ
脚本:内村光良 ウチムラテルヨシ

益子昌一 マスコショウイチ
撮影:谷川創平 タニカワソウヘイ
VFXスーパーバイザー:稲葉貞則 
音楽:ロケットマン ロケットマン

梅堀淳 ウメホリジュン
主題曲:NO PLAN ノープラン
編集:田口拓也 タグチタクヤ
録音:内田誠 ウチダマコト
その他:春名慶 ハルナケイ

山本隆司 ヤマモトタカシ

津留啓亮 

大倉謙介 オオクラケンスケ

山本雅之 ヤマモトマサユキ

藤村義孝 フジムラヨシタカ

白石治 シライシオサム
助監督:長瀬国博 ナガセクニヒロ
照明:木村伸 
キャスト(役名
内村光良 ウチムラテルヨシ (秋吉光一
三村マサカズ ミムラマサカズ (相良和雄)
大竹一樹 オオタケカズキ (文野正樹
ゴルゴ松本 ゴルゴマツモト (勝田
レッド吉田 レッドヨシダ (赤岩登)
ふかわりょう フカワリョウ (宮本良一)
佐藤めぐみ サトウメグミ (草野みゆき)
飯尾和樹 イイオカズキ (秋山ハルオ)
青木忠宏 アオキタダヒロ (秋山ナツオ
藤重政孝 フジシゲマサタカ (秋山アキオ
中島ひろ子 ナカジマヒロコ (相良まりこ)
奥貫薫 オクヌキカオル (赤岩アカネ
Adeyto アデイト (勝田トスカーニャ)
山内菜々 ヤマウチナナ (相良しおり)
桜井幸子 サクライサチコ (宮島百合子
小木茂光 オギシゲミツ (大崎健二
松村雄基 マツムラユウキ (渋谷武志
高杉亘 タカスギコウ (田中
有田哲平 アリタテッペイ (アゴ男爵
入江雅人 イリエマサト (園部修二)
中島知子 ナカジマトモコ (ミキ
原田泰造 ハラダタイゾウ (警官
ウド鈴木 ウドスズキ (スポーツショップの客)
出川哲朗 デガワテツロウ (駅員
竹中直人 タケナカナオト (飲み屋の客
ベンガル ベンガル (草野務)
解説
お笑いコンビウッチャンナンチャン”の内村光良が初メガホンを握ったハートウォーミング野球ドラマ出演は、さまぁ~ず三村マサカズ大竹一樹)、TIMゴルゴ松本レッド吉田)、ふかわりょうバラエティ番組内村プロデュース』のレギュラー陣がそろった。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
草野球チーム富士沢ピーナッツ」で“伝説サード”と呼ばれた男・秋吉内村光良)が、久しぶり地元へ戻ってきた。10年前に優勝した「ピーナッツ」を題材にしたエッセイ『たかが草野球』が評価を受けた彼は、東京スポーツライターとして活躍していた。かつては甲州最強としてその名を轟かせた「ピーナッツ」だが、今は弱小チームとなっていた。今日試合グラウンド現れたのは、酒店店主相良三村マサカズ)を始めレコード店店長宮本ふかわりょう)、クリーニング店似てない3兄弟・ハルオ、ナツオアキオの5人だけ。その頃チーム監督商店街組合長でもある草野は、別の問題抱えていた。商店街再開発候補地となり、商店街はもちろん思い出野球場まで消えてしまいそうだったのだ。秋吉は「新生ピーナッツ」を立ち上げるべく、元チームメイト再会する。幼稚園保父しながら入院中の妻を支えスラッガー赤岩レッド吉田)。肩を壊したことを機にロシア人の妻と小料理屋を営んでいる豪速ピッチャーの一ゴルゴ松本)。借金取立てから逃げ回りパチンコその日暮らしの生活をしている文野(大竹一樹)。10年前とは違いさまざまな事情抱えチームメイトたちだったが、秋吉自身執筆活動対す情熱を失いかけていた。そんな矢先監督草野メンバーたちに黙って友好試合の話を決めてきた。相手社会人最強チーム東和ニュータウンズ。しかも商店街再開発計画している会社チームだった。しかも、「ピーナッツ」が勝てば再開発計画即効中止負ければ再開発全面協力するという条件つきだった。監督の娘・みゆきも新メンバーとして加わり、「新生ピーナッツ」と東和ニュータウンズは激戦繰り広げるが、からくも敗れる。しかし試合通してメンバー忘れかけていた情熱取り戻しそれぞれの日常へ帰ってゆくのだった

ピーナッツ

名前 Peanuts

ラッカセイ

(ピーナッツ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/19 04:49 UTC 版)

ラッカセイ漢字: 落花生学名: Arachis hypogaea英語: peanut [6]または groundnut)はマメ亜科ラッカセイ属の一年草。食用にされる種子は別名ナンキンマメ(南京豆)、ピーナッツともいう。


  1. ^ 文部科学省 「日本食品標準成分表2015年版(七訂)
  2. ^ 厚生労働省 「日本人の食事摂取基準(2015年版)
  3. ^ USDA栄養データベースUnited States Department of Agriculture
  4. ^ http://www.nal.usda.gov/fnic/foodcomp/search/
  5. ^ [『タンパク質・アミノ酸の必要量 WHO/FAO/UNU合同専門協議会報告』日本アミノ酸学会監訳、医歯薬出版、2009年05月。ISBN 978-4263705681 邦訳元 Protein and amino acid requirements in human nutrition, Report of a Joint WHO/FAO/UNU Expert Consultation, 2007]
  6. ^ 英語発音: [ˈpiːnʌt]日本語では英語からの外来語カタカナで「ピーナッツ」または「ピーナツ」と表記。英語で「peanut」はこの植物全体を指しうるが、日本で「ピーナッツ」は、専らこの植物の種子部分(特に、食用のそれ)を指していることが多い。
  7. ^ 張璐、『本経逢原』、
  8. ^ a b c d e ジョンソン 1999, p. 125-131.
  9. ^ ジョンソン 1999, p. 133-136.
  10. ^ a b 『落花生 栽培手引き』p48、2010年3月、相州落花生協議会。
  11. ^ 大正10年に神奈川県秦野市曽屋原に軍の飛行場が建設されることとなり、10月上旬に収穫が強制されたものを塩水につけて茹でたところ味がよかったので、だんだんと神奈川県西部地域に広がった。軍が生んだ産品ともいえる。
  12. ^ 「情報:農と環境と医療 47号」(北里大学学長室通信)No.47 2009/2/1
  13. ^ ピーナツは皮ごと食べよう : 視的!健康論 ~眼科医坪田一男のアンチエイジング生活~ (読売新聞/ヨミドクター、2010年10月21日)
  14. ^ 「みそピー」物語”. 日の出味噌ホームページ. 2018年10月20日閲覧。
  15. ^ KERI BLAKINGER Quebec woman opens up about daughter’s tragic death after allergic reaction from kissing boyfriend who ate peanut butter sandwich Daily News2016年6月13日
  16. ^ FAOによる生産統計(2004年)
  17. ^ FAOによる輸出統計(2004年)
  18. ^ FAOによる輸入統計(2004年)
  19. ^ 「27年産豆類(乾燥子実)及びそばの収穫量(全国農業地域別・都道府県別)」『作物統計』、2016年、農林水産省 [1]
  20. ^ 千葉県農林総合研究センター・落花生研究室(2018年7月26日閲覧)
  21. ^ 落花生新品種は「Qなっつ」千葉県、10年ぶり/甘み強く後味あっさり■秋デビュー『日本経済新聞』朝刊2018年7月20日(首都圏経済面)2018年7月26日閲覧。
  22. ^ 『落花生 栽培手引き』p47、2010年3月、相州落花生協議会。同時期に神奈川県二宮町の二見庄兵衛も「南京豆」の種子を入手し、試作した。後年、この中から立性種を選別した。
  23. ^ 農林水産省年報 第2章 国際部


「ラッカセイ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ピーナッツ」の関連用語

ピーナッツのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ピーナッツのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのラッカセイ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS