パパイヤとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > 食品 > 果物 > パパイヤの意味・解説 

パパイヤ

別表記:パパイア万寿果

パパイヤ科パパイヤ属の常緑樹一種果実食用とするために、主に熱帯域栽培されている。日本では果物として食用にされることが多いが、主に野菜のように調理して食用にする地域もある。タンパク質分解酵素パパインを含むことでも知られる

パパイヤ【papaya】

読み方:ぱぱいや

パパイヤ科常緑高木。幹はふつう直立し木質部少ない。は幹の先にになってつき、手のひら状に裂けている。切ると乳汁を出す。雌雄異株果実長さ20センチ長円形で、黄色く熟し多汁で甘い。果実生食のほかジャムなどにする。熱帯アメリカ原産で、熱帯地方栽培パパイアパパヤ。《 夏》「怒濤裂(さ)け—玻璃(はり)の中に熟る二」


番木瓜

読み方:パパイヤ(papaiya)

パパイア科常緑小高

学名 Carica papaya


パパイア

(パパイヤ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/03/10 02:43 UTC 版)

パパイアパパイヤ、蕃瓜樹[3]、万寿果[3]: Papaya学名: Carica papaya)は、パパイア科パパイア属常緑小高木、またはその果実である。別名「チチウリ(乳瓜)[4]」「モッカ/モクカ(木瓜)[4]」などとよばれることもある。園芸学会での正式呼称は「パパイア」だが、農業界では「パパイヤ」を正式呼称とするため、農薬登録名は「パパイヤ」となる。


  1. ^ a b 『植物分類表』(初版第2刷(訂正入))アボック社、2010年4月、pp. xxv-xxvi, 155頁。ISBN 978-4-900358-61-4 
  2. ^ a b 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Carica papaya L. パパイヤ(標準)”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2023年1月28日閲覧。
  3. ^ a b 三省堂編修所『何でも読める難読漢字辞典』三省堂、1999年9月10日発行、ISBN 4385135916 、24頁
  4. ^ a b c d e f g h i j k l 猪股慶子監修 成美堂出版編集部編 2012, p. 204.
  5. ^ Linnaeus, Carolus (1753) (ラテン語). Species Plantarum. Holmia[Stockholm]: Laurentius Salvius. p. 1036. https://www.biodiversitylibrary.org/page/359057 
  6. ^ a b 石尾員浩『野菜と果物 ポケット図鑑』主婦の友社1995年発行、320頁
  7. ^ a b c d e 小林・尾崎 2010, pp. 132–133
  8. ^ a b c 「青パパイア スピード収穫/露地で4カ月 越冬不要/メーカーが品種提案 本州産地化に期待」日本農業新聞』2019年12月13日(16面)2019年12月15日閲覧
  9. ^ https://www.ace8.net/green-papaya
  10. ^ https://www.ace8.net/variety
  11. ^ 愉快な世界の漬物たち | おうちで話そうおいしい食育 | フィリピンのお漬物 - 東海漬物”. www.kyuchan.co.jp. 2021年1月8日閲覧。
  12. ^ Titanji, V.P.; Zofou, D.; Ngemenya, M.N. (2008). “The Antimalarial Potential of Medicinal Plants Used for the Treatment of Malaria in Cameroonian Folk Medicine”. African Journal of Traditional, Complementary and Alternative Medicines 5 (3): 302–321. PMC 2816552. PMID 20161952. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2816552/. 
  13. ^ G Aravind (2013). “Traditional and Medicinal Uses of Carica papaya”. Journal of Medicinal Plants Studies 1 (1): 7-15. 
  14. ^ T Patil (2014). “Carica Papaya Leaf Extracts – An Ethnomedicinal Boon”. International Journal of Pharmacognosy and Phytochemical Research 6 (2): 260-265. https://www.researchgate.net/publication/285145851_Carica_papaya_leaf_extracts_-_An_ethnomedicinal_boo. 


「パパイア」の続きの解説一覧

パパイヤ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 12:59 UTC 版)

名詞

  1. パパイア科パパイア属属す樹木、またはその果実果実食用になる。学術的表記は、パパイア

語源

翻訳

関連語


「パパイヤ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



パパイヤと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「パパイヤ」の関連用語

パパイヤのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



パパイヤのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Supplement Kuchikomi RankingSupplement Kuchikomi Ranking
(C)2024 All Rights Reserved. 健康食品のあり方を考える日本サプリメント評議会の運営です。
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2024, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのパパイア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのパパイヤ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS