パパイヤとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > 食品 > 果物 > パパイヤの意味・解説 

パパイヤ

別表記:パパイア万寿果

パパイヤ科パパイヤ属の常緑樹一種果実食用とするために、主に熱帯域栽培されている。日本では果物として食用にされることが多いが、主に野菜のように調理して食用にする地域もある。タンパク質分解酵素パパインを含むことでも知られる。

パパイヤ

パパイヤは、中南米原産で、恐竜時代生き残りとも言われる古代植物です。沖縄では、未熟果実野菜としても一般的に料理に使われます。栄養成分としてはビタミンCリンゴ酸クエン酸カロチノイド一種クリプトキサチン、食物繊維一種ペクチンなどが含まれます。また、パパインなどの消化酵素を豊富に含んでいるのが特徴です。

パパイヤ

パパイヤ
科名 パパイヤ科
別名: パパヤ・チチウリ
生薬名: バンモクカ番木瓜
漢字表記 -
原産 熱帯アメリカ
用途 日本では、鹿児島以南を除き温室栽培されます。果実からタンパク質分解酵素パパイン取り炎症浮腫に用います。クリームガムにも利用されます。
学名: Carica papaya L.
   

番木瓜

読み方:パパイヤ(papaiya)

パパイア科常緑小高木

学名 Carica papaya


パパイア

(パパイヤ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/10 00:59 UTC 版)

パパイア(パパイヤ、蕃瓜樹[3]、万寿果[3]英語: Papayapapawpawpaw、学名:Carica papaya L.[2])とは、パパイア科パパイア属の常緑小高木である。その果実も「パパイア」という。「チチウリノキ(乳瓜木)」、「モッカ(木瓜)」、「マンジュマイ(万寿瓜)」、「パウパウ」、「ポーポー」、「ママオ」、「ツリーメロン」などと呼ばれることもある。




[ヘルプ]
  1. ^ a b 大場秀章 編著 『植物分類表』 アボック社、2010年4月、初版第2刷(訂正入)、pp. xxv-xxvi, 155。ISBN 978-4-900358-61-4
  2. ^ a b c d 米倉浩司・梶田忠「パパイヤ」『BG Plants 和名−学名インデックス(YList)』、2003年-(2015年5月24日閲覧)
  3. ^ a b 三省堂編修所『何でも読める難読漢字辞典』三省堂、1999年9月10日発行、ISBN 4385135916 、24頁
  4. ^ a b 石尾員浩『野菜と果物 ポケット図鑑』主婦の友社1995年発行、320頁
  5. ^ a b c d e 小林・尾崎,132-133頁
  6. ^ 全国の漬物どんなのがある? - マイナビニュース


「パパイア」の続きの解説一覧

パパイヤ

出典:『Wiktionary』 (2011/05/03 13:33 UTC 版)

名詞

  1. パパイア科パパイア属に属す樹木、またはその果実学術的表記は、パパイア

語源

翻訳

関連語






パパイヤと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「パパイヤ」の関連用語

パパイヤのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ベラドンナ

ラッカセイ

ユキザサ

ヒイラギ

ホウチャクソウ

キンカン

サンショウ

サワギキョウ





パパイヤのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2018 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
Supplement Kuchikomi RankingSupplement Kuchikomi Ranking
(C)2018 All Rights Reserved. 健康食品のあり方を考える日本サプリメント評議会の運営です。
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2018, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのパパイア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのパパイヤ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2018 Weblio RSS