雌雄とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > 植物学 > 雌雄 > 雌雄の意味・解説 

し‐ゆう【雌雄】

読み方:しゆう

めすとおす。「ひなの―を見分ける

すぐれていることと劣っていること。勝ちと負け優劣勝敗。「―を争う」


雌雄

作者千草忠夫

収載図書千草忠夫選集 1
出版社ベストセラーズ
刊行年月1998.3


性別

(雌雄 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/23 17:17 UTC 版)

性別(せいべつ、:sex(セックス)and gender(ジェンダー))は、男性女性の別[1]オスメスの別[1]


  1. ^ a b 広辞苑 第五版 p.1479「性別」
  2. ^ 思春期の発現・大山建司
  3. ^ Flores, Andrew (2016年6月). “How Many Adults Identify as Transgender in the United States”. Williams Institute UCLA School of Law. 2020年10月19日閲覧。
  4. ^ Victoria Maizes, Integrative Women's Health (2015, ISBN 0190214805), "Many transgender people experience gender dysphoria—distress that results from the discordance of biological sex and experienced gender (American Psychiatric Association, 2013). Treatment for gender dysphoria, considered to be highly effective, includes physical, medical, and/or surgical treatments [...] some [transgender people] may not choose to transition at all."
  5. ^ “性同一性障害 精神疾患対象外 WHO”. 毎日新聞. (2018年6月20日). https://mainichi.jp/articles/20180620/ddm/012/040/041000c 2020年10月19日閲覧。 
  6. ^ 家永登 (2017). “性別未確定で出生した子の性別決定 : 「性別の段階性」および「性別の相対性」の視点から”. 専修法学論集 131. 


「性別」の続きの解説一覧

雌雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/31 05:43 UTC 版)

シャコ目」の記事における「雌雄」の解説

雌雄異体他の軟甲類と同様腹面1対生殖孔(gonopore)は雌で第6胸節、雄で第8胸節に開口する。胸部の生殖孔から1対生殖腺(雌は第6胸節から卵巣、雄は第8胸節から精巣)が背面心臓と腹面の消化管の間で腹部まで長大伸ばし末端尾節で会合する。 雌の場合、生殖孔は第6胸節の腹板集約しその間内部精子貯蔵する袋状器官seminal receptacle, female vaginal pouchに連結される。第6-8胸節の腹面には(卵をねばつく物質分泌する3つのセメント線(cement gland)が腹板ごとに並んで、その唯一の開口(cement-gland pore)は第6胸節の腹板生殖孔直後に開く。 雄の場合それぞれの生殖孔に当たる部分は細いペニスpenis, testes生殖脚とも)として第3歩脚(第8胸肢)の付け根内側か突出し末端大小2つ開口があり、大きい方genital orifice)は精巣小さい方(accessory gland orifice)は雌の生殖孔を塞ぐ物質分泌する腺(accessory gland)の開口となる。また、雄の第1腹肢遊泳肢)の内肢はやや特化した構造をもつ。 上述生殖器外では、ほとんどの種類性的二形不明瞭であるごく一部種類のみ顕著な性的二形見られ例えトラフシャコ属(Lysiosquilla)とホントラフシャコ属(Lysiosquillina)は雄に比べて雌の第1捕脚華奢で体色もやや異なる。

※この「雌雄」の解説は、「シャコ目」の解説の一部です。
「雌雄」を含む「シャコ目」の記事については、「シャコ目」の概要を参照ください。


雌雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/10 06:42 UTC 版)

クモ」の記事における「雌雄」の解説

性的二形はっきりしているものが多く、雌雄の区別比較たやすい模様はっきりとした差のあるものが多い。雄が雌より小型である種広く知られており、中でも雌雄による大きさ違い著しコガネグモ科クモ有名であるが、徘徊性のクモコモリグモハエトリグモ)などには雄が雌よりやや華奢な程度で差が小さい種もよく見られる確実な区別外性器でおこなう。雌では、腹部腹面前方書肺間の中央に生殖孔があり、開口部キチン化して複雑な構造を持つ。雄では、生殖孔は特に目立たないが触肢先端に「移精器官」(触肢器官、Palpal organ)というふくらみがあり、複雑な構造になっている精液をここに蓄え触肢から雌の生殖孔精子送り込むという、特殊な交接を行うためである。この雌の生殖孔雄の触肢構造は、種の区別際に重視される

※この「雌雄」の解説は、「クモ」の解説の一部です。
「雌雄」を含む「クモ」の記事については、「クモ」の概要を参照ください。


雌雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 06:06 UTC 版)

サソリ」の記事における「雌雄」の解説

成体の雌雄の見分け方として、腹部にある櫛状板(ペクチン)が大きい方往々にしてであることが挙げられるまた、の方が体が全般的に大きく太っているが、雄の方は雌を交尾婚姻ダンス際に、雌を押さえつけておくために、雌よりも鋏が大き場合もある。

※この「雌雄」の解説は、「サソリ」の解説の一部です。
「雌雄」を含む「サソリ」の記事については、「サソリ」の概要を参照ください。


雌雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/08 00:38 UTC 版)

ムカデエビ綱」の記事における「雌雄」の解説

ムカデエビ雌雄同体であり、雌性生殖孔と雄性生殖孔は、それぞれ第7胴節と第14胴節の胴肢の原節一対ずつ備える。

※この「雌雄」の解説は、「ムカデエビ綱」の解説の一部です。
「雌雄」を含む「ムカデエビ綱」の記事については、「ムカデエビ綱」の概要を参照ください。


雌雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/27 06:11 UTC 版)

ウミグモ綱」の記事における「雌雄」の解説

一般的な性的二形として、雄は雌に比べてやや小型となる。ヨロイウミグモ属とホソウミグモ科などの場合、雌は担卵肢を欠く。 明確に雌雄を区別できる特徴生殖口にある。雄の生殖口は微小な穴で、構造を欠く場合もあるのに対して、雌の生殖口は大きく往々にして構造をもつ。生殖口の数も往々にして雌雄が異なる。雄は属によって前の数対の脚が生殖口を欠く場合があるが、雌は一部例外除いて全ての脚に生殖口をもつ。また、腿節に格納されるセメント腺(cement gland)は雄に特有の器官である。

※この「雌雄」の解説は、「ウミグモ綱」の解説の一部です。
「雌雄」を含む「ウミグモ綱」の記事については、「ウミグモ綱」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「雌雄」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

雌雄

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 10:34 UTC 版)

発音(?)

名詞

(しゆう)

  1. 動物の雄と雌。
  2. 優劣勝敗

「雌雄」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



雌雄と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「雌雄」の関連用語

雌雄のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



雌雄のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの性別 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのシャコ目 (改訂履歴)、クモ (改訂履歴)、サソリ (改訂履歴)、ムカデエビ綱 (改訂履歴)、ウミグモ綱 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの雌雄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS