突出しとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > 突出しの意味・解説 

つき‐だし【突(き)出し】

突き出ていること。また、そのものでっぱり

川へ―をつくった安値(あんちょく)な西洋料理屋」〈志賀暗夜行路

料理屋などで、酒のさかなとして最初に出す、ちょっとした料理お通し

相撲のきまり手の一。手のひら相手の肩や胸を突き当て突っ張り土俵外へ出す技。

江戸時代遊里で、遊女初めて客をとること。また、その遊女。突き出し女郎


突出し


突出し

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

突出し

読み方:つきだし

  1. 遊里女郎初めて店に出ること。或いは月経のこと。〔花柳界
  2. 女郎初見せ。下座突端つきだし))に坐つているところから。〔花〕 ②酒のお通し最初に出るところより。〔花〕

分類 花柳界、花/風俗


突出(つきだ)し

読み方:つきだし

  1. 同上(※「おとおし」「おとおしもの参照)〔京阪地方〕、貸座敷などにて。

分類 花柳界

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「突出し」の関連用語

突出しのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



突出しのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.

©2021 Weblio RSS