風俗とは? わかりやすく解説

ふう‐ぞく【風俗】

読み方:ふうぞく

ある時代やある社会における、生活上の習わししきたり風習。「明治の—」「性—」

風俗店のこと。また、それに関係する事柄。「—産業

身なり服装

旦那らしき—の人」〈人・梅児誉美・初〉

身ぶり態度身のこなし

「物和らかな—にとんと見とれて」〈伎・韓人漢文

⇒ふぞく(風俗)


ふ‐ぞく【風俗】

読み方:ふぞく

風俗歌(ふぞくうた)」に同じ。

歌は—。中にも立てる門。神楽歌もをかし」〈二八〇〉

ふうぞく(風俗)


風俗

読み方:フゾク(fuzoku)

地方民謡、また、そのうちとくに平安貴族愛好され数十曲を指す。

別名 風俗歌


風俗

作者八木田

収載図書フーコー短編小説傑作選 8
出版社フーコー
刊行年月2001.7


風俗

作者石坂洋次郎

収載図書が日わが夢
出版社路上
刊行年月2006.12


風俗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/01 09:00 UTC 版)

風俗(ふうぞく、ふぞく)




「風俗」の続きの解説一覧

風俗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 07:41 UTC 版)

邪馬台国」の記事における「風俗」の解説

魏志倭人伝当時倭人の風俗も記述されているが、2ヶ所分けて書かれており、両者間に重複矛盾がある以下は便宜上その2ヶ所区別せず列記する男子はみな顔や体に入墨施している。人々や丹を体に塗っている。入墨は国ごとに左右大小などが異なり階級によって差が有る。 その風俗は淫らではない。 男子は冠をつけず、髪を結って髷をつくっている。女子ざんばら髪着物幅広い布を横で結び合わせているだけである。 稲、紵麻(からむし)を植えている。育てており、糸を紡いで上質の絹織物作っている。 牛・馬虎・豹・羊・かささぎ)はいない。 兵器は矛、盾、木弓用いる。その木弓下が短く上が長い。(和弓#弓の種類参照)矢は竹であり、矢先にや骨の鏃(やじり)が付いている土地温暖で、冬夏も生野菜食べている。みな、裸足である。 家屋があり、寝床父母兄弟別である身体丹を塗っており、あたかも中国用い白粉ようである飲食は籩豆(たかつき)を用い手づかみで食べる。 人が死ぬと10日あまり哭泣して、もがり(喪)につき肉を食さない。他の人々は飲酒して歌舞する。埋葬終わると入って体を清める。 倭の者が船で海を渡る際、持衰選ばれる持衰は人と接さず、取らず、服は汚れ放題、肉は食べずに船の帰りを待つ。船が無事に帰ってくれば褒美与えられる。船に災難があれば殺される真珠青玉産出する。倭の山には丹があり、倭の木には柟(だん、タブノキ)、(ちょ、トチ)、櫲樟よしょうクスノキ)・楺(じゅう、ボケあるいはクサボケ)・(れき、クヌギ)・投橿とうきょうカシ)・烏号(うごう、クワ)・楓香ふうこうカエデ)。竹は篠(じょう)・簳(かん)・支(とうし)がある。(きょう、ショウガ)・(きつ、タチバナ)・(しょう、サンショウ)・蘘荷じょうかミョウガ)があるが、美味しいのを知らないまた、、雉(きじ)もいる。 特別なことをする時は骨を焼き割れ目見て吉凶を占う。(太占集会での振る舞いには、父子男女区別がない人々は酒が好きである敬意を示す作法は、拍手打ってうずくまり、拝む。 長命で百歳九十八十歳の者もいる。 身分の高い者は4、5人の妻を持ち身分の低い者でも2、3人の妻を持つものがいる。 女は慎み深く嫉妬しない。 盗み無く訴訟少ない。 法を犯した場合、軽い者は妻子没収し、重い者は一族根絶やしにする宗族には尊卑序列があり、上の者言い付けはよく守られる

※この「風俗」の解説は、「邪馬台国」の解説の一部です。
「風俗」を含む「邪馬台国」の記事については、「邪馬台国」の概要を参照ください。


風俗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/08 14:56 UTC 版)

アラブ連合共和国」の記事における「風俗」の解説

イスラム教の影響多大に受けた生活様式となっており、古くから男女隔離男尊女卑多妻制などが認められていたが、生活近代化にともない崩壊した。しかし、農村地区では慣習残される所もあった。

※この「風俗」の解説は、「アラブ連合共和国」の解説の一部です。
「風俗」を含む「アラブ連合共和国」の記事については、「アラブ連合共和国」の概要を参照ください。


風俗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 18:24 UTC 版)

岡村隆史」の記事における「風俗」の解説

「風俗オタク」や「風俗野郎Aチーム」を自称していた。2020年4月23日放送の『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』では「コロナ収束したら、もう絶対面白いことあるんです」「収束したら、なかなかのかわいい人短期間ですけれども、お嬢風俗嬢やります」「短期間でお金稼がないと苦しいですから。3カ月の間、集中的にかわいい子そういうところでパッと働いてパッとやめます」「『え? こんな子入ってた?』っていう子たち絶対入ってますから。だから、今、我慢しましょう我慢して、風俗に行くお金貯めておき、仕事ない人も切り詰めて切り詰めてその3カ月のために頑張って、今、歯を食いしばって踏ん張りましょう」と発言した。これら一連の発言について後日撤回し謝罪した相方矢部も彼を叱った

※この「風俗」の解説は、「岡村隆史」の解説の一部です。
「風俗」を含む「岡村隆史」の記事については、「岡村隆史」の概要を参照ください。


風俗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/30 09:23 UTC 版)

南越国」の記事における「風俗」の解説

南越国南越、西甌、駱越の住民は独等の風俗習慣有していた。中原漢人有した身体髪膚父母より受け継いだものという観念異なり南越では頭髪短くし、各種の刺青を施す風俗であった。また南越国海に面していたことから漁業発達し魚介類好んで食したことが銅鼓上に描かれ装飾からうかがい知ることが出来る当時住居は巣居と干主体であった。巣居とは樹木の上に小屋をかけたものであり、干とは多くの建物支え様式家屋高床式住居)である。これらの建築様式動物侵入防ぎ、また高温多湿環境適応したものであった。干建築は現在でもこの地域で使用される建築様式である。 また殉葬と猟首(首狩り)の習慣があった。南越王墓中から15体の殉葬者が発見されており、南越王の趙眜寵妃近侍であり、多く頭部殴打された跡が認められる。猟首に関しては出土した遺物戦闘捕獲した捕虜首を切り落とし腰に吊り下げている描写から推測されるものである

※この「風俗」の解説は、「南越国」の解説の一部です。
「風俗」を含む「南越国」の記事については、「南越国」の概要を参照ください。


風俗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 22:55 UTC 版)

日本における売買春」の記事における「風俗」の解説

味は一般市民の日常生活の特色世相」であるが、性産業具体的に指すために一般的に使われる。しかし、法的にダンスホール賭博なども示すため、性産業をより明確に表わすために「性風俗」という用語が代わりに使われる

※この「風俗」の解説は、「日本における売買春」の解説の一部です。
「風俗」を含む「日本における売買春」の記事については、「日本における売買春」の概要を参照ください。


風俗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 01:10 UTC 版)

参勤交代」の記事における「風俗」の解説

大量の大名随員地方江戸往来したために、彼らを媒介して江戸の文化が全国広ま効果果たすことにもなった。また、逆に18世紀江戸の人口4分の1、約25万人参勤交代地方から来た者達であったため、地方言語・文化風俗など江戸流入しそうしたものが相互に影響し変質して江戸各地域伝播し、環流した面もあった。 参勤交代システムは、江戸時代を通して社会秩序安定文化繁栄繋がるこになったまた、参勤交代する事江戸単身赴任する各藩家臣かなりの数に上りこの結果江戸の人口の約半数武士占めと共に遊郭繁栄することとなった江戸の人口女性比して男性人口極端に多いのは参勤交代影響である。

※この「風俗」の解説は、「参勤交代」の解説の一部です。
「風俗」を含む「参勤交代」の記事については、「参勤交代」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「風俗」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

風俗

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 05:38 UTC 版)

発音

名詞

(ふうぞく)

  1. ある時代地域階層などを特徴づける生活上のしきたり習俗風習世態民俗生活文化
  2. 風紀
  3. (古)身なり服装
  4. (古)物腰身のこなし
  5. 性風俗産業、または性風俗関連特殊営業の略。俗にフーゾク」とも表記される

類義語

関連語


「風俗」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



風俗と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

風俗のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



風俗のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの風俗 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの邪馬台国 (改訂履歴)、アラブ連合共和国 (改訂履歴)、岡村隆史 (改訂履歴)、南越国 (改訂履歴)、日本における売買春 (改訂履歴)、参勤交代 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの風俗 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS