ボケとは? わかりやすく解説

ぼけ【×惚け/×呆け/×暈け】

読み方:ぼけ

ぼけること。また、その人。「時差—」「連休—」

漫才で、つっこみに対してとぼけた役を演じる者。また、そのとぼけ。ぼけ役。

暈けカメラレンズ被写界深度意図的に浅くすることによって生じ効果人物や花などの主たる被写体にのみピント合わせ背景から浮かび上がらせたり(後ぼけ)、手前にある物体ぼかして遠近感強調したり(前ぼけ)することをいう。


ぼ‐け【木瓜】

読み方:ぼけ

バラ科落葉低木。高さ約2メートルにとげがあり、楕円形で縁にぎざぎざがある。春、に先だって、紅・淡紅白色絞りの5弁の花が咲く。実は球状で夏に黄色に熟し香りがある中国原産で、庭木にされる。ぼっか。もけ。《 花=春 実=秋》「四阿(あづまや)や此処に春ゆく—二輪巴」

木瓜の画像
撮影朝倉秀之
「木瓜」に似た言葉

ボケ

読み方:ぼけ

画像鮮鋭でない状態をいう。被写体ボケた状態をピンボケ被写界深度範囲を超え被写体後方ボケた状態を後ボケ背景ボケ)、被写体前方のボケを前ボケなどという。花の撮影などではこの前後のボケを利用し雰囲気のある絵づくりをすることが多い

ボケ

作者金堀常美

収載図書モカコーヒーを、ブラック
出版社新風舎
刊行年月2004.5
シリーズ名新風舎文庫


マカジキ

学名Tetrapturus audax 英名:Barred marlin
地方名:ボケ、マゲ 
脊椎動物門硬骨魚綱スズキ目マカジキ科
色 形 住みか 3D

※出典:長崎県水産部ホームページ

特徴
マカジキは口先長く上あご下あご2倍くらいある。第1背びれ前部高く体高同じくらいであるが、中・後部ではかなり低くなっている。胸びれひも状になっている体側にはコバルト色10数条の横帯があり、生まれたときに最もよく現れる日本の小笠原海域では3〜6月頃に漁獲増え5月盛漁期には主に突き棒獲る。肉は美しピンク色カジキ類のなかでは最もおいしい。

分布:北海道以南台湾ハワイ海域東インド洋、オーストラリア西部 大きさ:2m
漁法:延縄トローリング 食べ方:刺身、すしたね、塩焼き照り焼き

木瓜

読み方:ボケ(boke)

クサボケの別称。
バラ科落葉小低木園芸植物薬用植物

学名 Chaenomeles japonica


ボケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/21 18:34 UTC 版)

ボケぼけ

  • ボケ (植物) - 木瓜。バラ科ボケ属の植物。
  • 呆け・耄け → 認知症(痴呆) - 加齢や病気による脳の器質的障害。
  • 漫才などで、相手を笑わせるために、間違った振る舞いを行うこと。または、その役。漫才#ボケとツッコミ参照。
  • ボケ (写真) - Bokeh。写真用語。レンズの効果によって意図的にぼかした部分。
  • ボケ (ギニア) - アフリカ、ギニア共和国の西部に位置する都市。ボケ州の州都。
  • 勃毛


ボケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/07 07:00 UTC 版)

冒険ガボテン島」の記事における「ボケ」の解説

島で発見された卵から生まれた恐竜の子供。

※この「ボケ」の解説は、「冒険ガボテン島」の解説の一部です。
「ボケ」を含む「冒険ガボテン島」の記事については、「冒険ガボテン島」の概要を参照ください。


ボケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/30 04:50 UTC 版)

ドラゴンクエストシリーズの特技一覧」の記事における「ボケ」の解説

相手1グループ笑わせて行動封じる。「かいしんのボケ!」というクリティカル相当する効果が出ることもある。『X』では成功させた分だけ自分のテンションが上がることがあり、また直後に味方からツッコミしてもらう笑い判定もう一度発生する(その二度目判定ではテンション上がらない)。『VII』に登場した「ぼけ」とは別物

※この「ボケ」の解説は、「ドラゴンクエストシリーズの特技一覧」の解説の一部です。
「ボケ」を含む「ドラゴンクエストシリーズの特技一覧」の記事については、「ドラゴンクエストシリーズの特技一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ボケ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ボケ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 12:41 UTC 版)

名詞:惚け

ボケ惚け

  1. ぼけの片仮名表記。特に漫才におけるぼけ。

名詞:植物

ボケ木瓜

  1. ぼけの学術的表記バラ目バラ科ボケ属属す落葉低木一種学名Chaenomeles speciosa

「ボケ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ボケのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ボケのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
カメラマンWebカメラマンWeb
© 2005-2022 モーターマガジン社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2022, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
長崎県水産部長崎県水産部
Copyright © Nagasaki Pref. Japan.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのボケ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの冒険ガボテン島 (改訂履歴)、ドラゴンクエストシリーズの特技一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのボケ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS