テンションとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > テンション > テンションの意味・解説 

テンション【tension】

読み方:てんしょん

精神的な緊張また、不安。「―が高まる」

1誤用から)俗に気分気持ちのこと。「朗報に―が上がる」「いつも―の低い人」

張り張力伸長力。「ロープに―をかける」


テンション[tension]

(1)基本的な和音構成に、ある非和声音積み重ねる一種の緊張感もたらすことができる。このような非和声音をテンション(あるいはテンション・ノートと呼ぶ7th6thに関して基本コード内の音としてとらえ、テンションとは区別される。テンションにはb9th、9th、#9th、11th、#11th、13th、b13thがあり、コード種類性格によって選ばれる(2)ギターなど弦楽器の弦の張力。弦はテンションのちがうものが何種類もあり、テンションの強い弦をヘビー・ゲージ、弱いものをライト・ゲージという。

テンション

【英】:tension

弦の張力のこと。

テンションは弦のゲージ太さ)や材質ギター構造によっても変わる。

テンション tension

ライン張りあいのこと。
例)ターンの際、逆のブレークコードにテンションをかける。
  →旋回外側のブレークコードをフリーにしないで軽く引きながら行う。

テンション(tension)

緊張張りの意味道具ではストリングプランジャー強さ使われ、また技術面ではバックテンションなどの身体の部分を使う意味に用いられる

テンション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/15 17:00 UTC 版)

テンション (英語: tension)




「テンション」の続きの解説一覧

テンション (tension)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 05:42 UTC 版)

テニス」の記事における「テンション (tension)」の解説

ガットストリングス)をラケット張る強さ強さ単位には通常ポンド (pounds, lbs, LBS) が使われるガットラケットは、それぞれ適正張力推奨されている場合多く4560ポンドである場合が多い。張り上がりが強いほど硬くなり、コントロール性が良くなる。また弱いとボールスピードが上がる

※この「テンション (tension)」の解説は、「テニス」の解説の一部です。
「テンション (tension)」を含む「テニス」の記事については、「テニス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「テンション」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

テンション

出典:『Wiktionary』 (2021/08/20 23:55 UTC 版)

語源

名詞

テンション

  1. 緊張不安
  2. (物理学) 張力
  3. (俗語) 気分盛り上がり

発音(?)

テ↘ンション

「テンション」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



テンションと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「テンション」の関連用語

テンションのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



テンションのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2022 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
楽器探そう!デジマート楽器探そう!デジマート
Copyright(c)2022 Rittor Music Inc., a company of Impress Group. All right reserved.
浜名湖パラグライダースクール浜名湖パラグライダースクール
Copyright (C) 2022 浜名湖パラグライダースクール All Rights Reserved.
@-rchery.com@-rchery.com
copyright (c) 2022 @‐rchery.com All Rights Reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのテンション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのテニス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのテンション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS