弦楽器とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 楽器 > 楽器 > 弦楽器の意味・解説 

げん‐がっき〔‐ガクキ〕【弦楽器/×絃楽器】

読み方:げんがっき

張られた弦の震動によって音を出す楽器総称震動増幅するための共鳴胴をもち、奏法により、撥弦楽器擦弦楽器打弦楽器3種分類する


弦楽器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 19:34 UTC 版)

弦楽器(げんがっき)(絃楽器とも)とは、に何らかの刺激を与えることによって得られる弦の振動とする楽器の総称である。弦の振動を得るために、弦とそれを張力をもって張っておく装置を備え、多くの場合は得られた音を共鳴させて音を拡大するための装置を持つ。


  1. ^ 芸術ユニットの明和電機が「ゴムベース」と言う弦にゴムバンドを用いたアコースティックベースを独自に製作し、音楽作品において使用している。



弦 (楽器)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/30 15:54 UTC 版)

(げん)とは、弦楽器の発音体、すなわち、最初に振動する部分である。糸状になっており、材質や太さはなるべく均質に作られている。両端または片方の端は、さまざまな方法によって弦楽器の本体に固定され、張力を持って張られている。表記については、とするのが正式である。また、和楽器においては (いと)と呼ばれる。




「弦 (楽器)」の続きの解説一覧

弦楽器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/23 02:15 UTC 版)

ヴァイオリン協奏曲 (リゲティ)」の記事における「弦楽器」の解説

ヴァイオリン1(スコルダトゥーラ)※通常よりすべての弦を45セント低くチューニングする。

※この「弦楽器」の解説は、「ヴァイオリン協奏曲 (リゲティ)」の解説の一部です。
「弦楽器」を含む「ヴァイオリン協奏曲 (リゲティ)」の記事については、「ヴァイオリン協奏曲 (リゲティ)」の概要を参照ください。


弦楽器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 06:34 UTC 版)

特殊奏法」の記事における「弦楽器」の解説

調弦任意の場合が多い。 胡弓ヴァイオリンほぼ同じ事ができるのが多いが、音がずっと小さい。 古琴 三味線しゃみせん味線|じゃみせん ハジキ左手ピチカート スリコキ余韻装飾 ウチ:マルテラート ウラハジキ スクイ:弦を下からすくう ピチカート グリッサンド コカシバチ カケバチ:バチで弦を弱音したままの左手ピチカート 「さわり」のIの弦の開放弦IIIIIの弦がその倍音のときの共鳴音 重音制限が多い 琴|コト13弦、17弦、20弦などがあり調律任意が可能 かき手、割り爪、かき爪、 合せ爪 押し合わスクイ散らし爪 すり爪 打ち爪:爪の腹で弦を叩く 打ち掻き グリッサンド トレモロ 押し手 押し響き あと押し 押し放し ゆり:ヴィヴラート ひきいろ装飾音一種(下) 突きいろ:装飾音一種(上) 消し弱音左手余韻ミュート ピチカート爪なしハーモニックス多く第二倍音 琵琶|びわ ピチカート グリッサンド トレモロ アルペジォ スクイ:弦を下からすくう 8の字 ハタキ・ウチバチ:腹板一緒に打つ奏法 スリ:弦を横に擦る奏法縦に擦る奏法がある 押し込みポルタメント奏法 ユリ余韻装飾 ハジキ左手ピチカートと打つ撥次のポジション駒の上で左手の指で弦を打つ・マルテラートする。

※この「弦楽器」の解説は、「特殊奏法」の解説の一部です。
「弦楽器」を含む「特殊奏法」の記事については、「特殊奏法」の概要を参照ください。


弦楽器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 00:26 UTC 版)

ヤマハ」の記事における「弦楽器」の解説

ヴァイオリン・ギター・ベースなど(サイレント楽器を含む)。 ヴァイオリン ヴィオラ ヴィオリラ チェロ コントラバス クラシックギター アコースティックギターAシリーズ APXシリーズ CPXシリーズCOMPASSシリーズ含みFGシリーズ Lシリーズ エレクトリックギターPACIFICAシリーズ RSシリーズ AESシリーズ RGXシリーズ - かつてはジャクソンアイバニーズ・RGに通じるストラト型コンポーネントスタイルのシリーズ同様のシリーズRGZシリーズ存在した)だったが、2000年ごろよりその路線PACIFICA吸収させ、6半音増4度下げ前提の"Drop 6"やRGXA2といった先鋭的モデル特化している。 ヤマハ・SG - 1966年発売され初期型1974年モデルチェンジ30年上生産されるが、2010年フルモデルチェンジした。過去に高中正義野呂一生らのシグネチャーモデル存在したBJシリーズ - 寺内タケシとブルージーンズ独自モデルSXシリーズ SFシリーズ - 後のSFXシリーズ展開してゆくモデルになるMGシリーズ - MG-M・MG-KEN - MG-M松本孝弘シグネチャーモデル数種ある)、MG-KENはMG-Mベース製作され北島健二シグネチャーモデルKK-1北島独自のシグネチャーモデルである。 エレクトリックベースBBシリーズ LBMB - MOTION BASSシリーズMBはミディアム・スケールモデル。 TRBシリーズ RBXシリーズ SBVシリーズ RBS model 200 エレクトリックギターおよびエレクトリックベースモデルライフが短いものが多く定番となっているモデル以外は生産終了なるものが多い。近年発売されている種類大幅に整理されている

※この「弦楽器」の解説は、「ヤマハ」の解説の一部です。
「弦楽器」を含む「ヤマハ」の記事については、「ヤマハ」の概要を参照ください。


弦楽器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/18 14:44 UTC 版)

ビブラート」の記事における「弦楽器」の解説

弦を押さえ位置揺らすことで音程型を掛ける場合が多い。 バイオリンビオラビブラート発するためには、指板抑えている指の位置揺らす手首動かさず肘から指全体動かす、肘は動かさず手首動かす、指の第一関節わずかに動かす、という三種類の様式がある。 チェロコントラバスでは、指先と肘を支点にして手首上下に回すようにしてビブラートをかける。弦楽器では大型の楽器ほど動き大きくする必要があるフレットのあるギターベースギター等ではチョーキングアーミングによってビブラートを得ることが多く音程上げ方向でかけることが多い。

※この「弦楽器」の解説は、「ビブラート」の解説の一部です。
「弦楽器」を含む「ビブラート」の記事については、「ビブラート」の概要を参照ください。


弦楽器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 21:02 UTC 版)

中世西洋音楽」の記事における「弦楽器」の解説

レベック(弓奏リュートリュートもしくはヴァイオリン属en:Rebec フィドル(またはヴィエレヴァイオリン属en:Vielle リュート ギターン(小型リュートen:Gittern シトル中世ギターen:Citole プサルテリウムツィター属」) en:Psaltery ダルシマー (またはドルチェ・メロス。打奏ツィターen:Hammered dulcimer リラ竪琴クルース(またはクロッタ。弓奏のリラ属) en:Crwth 中世ハープ Harp ハーディガーディ(またはオルガニストルム、シンフォニアとも。)

※この「弦楽器」の解説は、「中世西洋音楽」の解説の一部です。
「弦楽器」を含む「中世西洋音楽」の記事については、「中世西洋音楽」の概要を参照ください。


弦楽器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/26 07:52 UTC 版)

カットグット」の記事における「弦楽器」の解説

長い間カットグットハープリュートビオラバイオリンなどの弦楽器、またスネアドラムなどに用いられたが、今日ではほとんどの楽器が鋼や合成高分子のものを用いている。古典的バロック式の弦楽器奏者暗く豊かな音を得るためにハープで現在でも用いられることがある

※この「弦楽器」の解説は、「カットグット」の解説の一部です。
「弦楽器」を含む「カットグット」の記事については、「カットグット」の概要を参照ください。


弦楽器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/23 00:59 UTC 版)

管弦楽法」の記事における「弦楽器」の解説

管弦楽においてはヴァイオリン属弦五部(第1・第2ヴァイオリン、ヴィオラチェロコントラバス)が使用されるそれぞれの人数はフルの四管編成においては16141210・8一般的と言われているが、各楽団や曲によって変化する例えば二管編成においてはその半分普通であるヴァイオリン属楽器弦五部以外の編成取られることは希である。 またピッツィカートをはじめコル・レーニョベルリオーズ幻想交響曲第5楽章など)、スル・ポンティチェロヴィヴァルディヴァイオリン協奏曲集『四季』より『冬』第2楽章など」)、フラジオレットなどによって音色変化させることも多く用いられる弱音器用いることも多い。これらは集団である弦楽器群に対し一斉に同じ奏法あるいは弱音器という音色変化を求めるため、各弦楽器のソロが同じ特殊奏法をする場合に比べオーケストラ全体効果はとても大きい。 弦楽合奏参照

※この「弦楽器」の解説は、「管弦楽法」の解説の一部です。
「弦楽器」を含む「管弦楽法」の記事については、「管弦楽法」の概要を参照ください。


弦楽器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 06:34 UTC 版)

特殊奏法」の記事における「弦楽器」の解説

ヴァイオリン属ヴァイオリン、ヴィオラチェロコントラバス共通する。ただし、奏法によっては楽器によって音の出しくいもの困難なもの、不可能なものがある) 弦楽器の場大きさ奏者にとって負担でない。取りまわし簡単なところから特殊奏法比較多種で容易。また小さ楽器ほど有利である歴史もある奏法が多い。 ピチカート* サブハーモニクス デッド・ピチカート* バルトーク・ピチカート 爪のピチカート スル・ポンティチェロ スル・タスト* 駒の真上垂直に引く グリッサンド* ハーモニクス(自然&人工)* アルペッジョ* コルレーニョ・トラット(松脂付き無し) コルレーニョ・バテュート 弓を弦に押し付ける 弓で弦を叩く 弦を手でカバーし弓で垂直に弾く 弓のグリッフで弦を立て突つく止めを弾く(場所で違いあり) 糸巻き近く弦を弾く 弓を素振りする 重音奏法* 弦を後ろから弾く 弦を縦にこする 弾きながら調弦変える 弓を指の反対側で弾く 弓を楽器の背に押し付け捏ね回す 胴体関節で叩く 弱音器ゴム木質金属等があり、音色異なる)* コル・レーニョ スコルダトゥーラ変則調弦微分音 ティンパニの撥で弦を叩く 靴べらで弦をはじく(琵琶音の模倣上記の奏法組み合わせ ギターミュート ピチカート* スル・タスト スル・ポンティチェロ 金属の短い棒でグリッサンドする 弾いた瞬間に調律ネジグリッサンドする 弾いた後に振動している弦にコインや爪などを当てビリビリ共鳴させる 駒の後ろの弦をはじく ナットの上弦を弾く スラッピング ハーモニクス* タッピング* ボトルネック奏法 ヴァイオリンの弓でアルコ奏法 足で弾く 二人で一本ギターを弾く 一人で二本ギターを弾く 両サイドダブルネックで一人でソロハモる 回す 歯で弾く* 鼻で弾く 背中で弾く* 燃やす* エレキギター特有の奏法フィードバック バイオリン奏法 アーミング ハープ弾いた瞬間にペダルグリッサンドする スポンジなどで弦を垂直に擦り雑音を出す 弦に紙を巻きつける カッターナイフ・グリッサンド 共鳴版の穴に息を強く吹き込む

※この「弦楽器」の解説は、「特殊奏法」の解説の一部です。
「弦楽器」を含む「特殊奏法」の記事については、「特殊奏法」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「弦楽器」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

弦楽器

出典:『Wiktionary』 (2021/12/11 14:43 UTC 版)

名詞

げんがっき、「絃楽器」の「同音の漢字による書きかえ」)

  1. )を振動させることによってを出す楽器奏法分類すると、弦をはじく撥弦楽器ギターチェンバロなど)、弦をのつるでこする擦弦楽器ヴァイオリン胡弓馬頭琴など)、弦を打つ打弦楽器ピアノなど)に分けられる
  2. 1.のうちヴァイオリン属楽器およびコントラバス

訳語

関連語


「弦楽器」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



弦楽器と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

弦楽器のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



弦楽器のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの弦楽器 (改訂履歴)、弦 (楽器) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのヴァイオリン協奏曲 (リゲティ) (改訂履歴)、特殊奏法 (改訂履歴)、ヤマハ (改訂履歴)、ビブラート (改訂履歴)、中世西洋音楽 (改訂履歴)、カットグット (改訂履歴)、管弦楽法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの弦楽器 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS