オートハープとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > オートハープの意味・解説 

オートハープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/01 17:31 UTC 版)

オートハープは一連のコードバーを持つ弦楽器である。コードバーは、押し下げられたときに望まれた和音を構成する弦以外をミュートする。オートハープは、その名前にもかかわらず全くハープではなく、むしろツィターである。一般名称は「coded zither(コード化されたツィター)」である。


  1. ^ U.S. Patent and Trademark Office, Trademark Electronic Search System, September 7, 2006.
  2. ^ Extensive discussions with George and Mary Lou Orthey.


「オートハープ」の続きの解説一覧

オートハープ

出典:『Wiktionary』 (2008/11/02 11:55 UTC 版)

名詞

  1. ドイツ楽器製作者C.A.Gütterが19世紀末に発明した撥弦楽器。コードバーと呼ばれる弦と直角に設けられた部分押下し、和音外の音を振動ないようにして弦を弾くことにより和音を出す。弾く弦を選ぶことによりメロディ奏でることもできる。

翻訳

関連語



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「オートハープ」の関連用語

オートハープのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



オートハープのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオートハープ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのオートハープ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS