スタンドとは? わかりやすく解説

スタンド【stand】

読み方:すたんど

競技場野球場などの階段式の観覧席。「―を埋め観衆」「メーン―」

屋台式の売店。「駅の―」

カウンター飲食させる店。また、カウンターに沿って並べた席。「コーヒー―」

物をのせたり、立てたりする台。「エッグ―」

駐車中自転車オートバイ倒れないための支えとする部品

電気スタンドのこと。

ガソリンスタンドのこと。


スタンド


スタンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/25 09:00 UTC 版)

スタンド (英語: stand 英語発音: [ˈstænd])




「スタンド」の続きの解説一覧

スタンド!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/29 05:39 UTC 版)

スタンド!』 (Stand!) は、スライ&ザ・ファミリー・ストーン1969年に発表した4作目のアルバム。


  1. ^ a b Stand! - Sly & the Family Stone : Awards : AllMusic
  2. ^ The 500 Greatest Albums of All Time” (英語). Rolling Stone (2020年9月22日). 2021年12月28日閲覧。


「スタンド!」の続きの解説一覧

スタンド(名前はない)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 03:34 UTC 版)

スターダストクルセイダース」の記事における「スタンド(名前はない)」の解説

初期キイチゴのように実やがついた、後期ハーミットパープル似たイバラ状のスタンド。ホリィ背中発現した。闘争心持たないおっとりとした性格のホリィには制御できず、本体の命に取付いて命を蝕むだけであったが、DIO死亡と同時に消失した作中では能力について一切明かされていないが、「癒やし能力」であるという原作者荒木飛呂彦による設定がある。

※この「スタンド(名前はない)」の解説は、「スターダストクルセイダース」の解説の一部です。
「スタンド(名前はない)」を含む「スターダストクルセイダース」の記事については、「スターダストクルセイダース」の概要を参照ください。


スタンド(幽波紋)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 03:34 UTC 版)

スターダストクルセイダース」の記事における「スタンド(幽波紋)」の解説

詳しくはスタンド (ジョジョの奇妙な冒険)を参照

※この「スタンド(幽波紋)」の解説は、「スターダストクルセイダース」の解説の一部です。
「スタンド(幽波紋)」を含む「スターダストクルセイダース」の記事については、「スターダストクルセイダース」の概要を参照ください。


スタンド(ディエゴ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/11 09:31 UTC 版)

ディオ・ブランドー」の記事における「スタンド(ディエゴ)」の解説

スケアリー・モンスターズ恐竜) 【破壊力 - B / スピード - B / 射程距離 - D / 持続力 - A / 精密動作性 - C / 成長性 - B】(『JOJOVELLER』より) 触れた生物恐竜(主に二足歩行肉食恐竜)に変えて使役する恐竜になった生物動体視力嗅覚パワー俊敏さなどの身体能力大幅に向上するが、動いていないものを認識できなくなる。スタンド像は存在しない元はフェルディナンド博士持っていた能力で、ディエゴ恐竜にされて利用されていた。その後博士死亡した際に聖なる遺体得たため、ディエゴ能力として定着フェルディナンド博士とは異なり当初は自分恐竜化するけだったが、次第他の生物恐竜化させられるうになる小動物恐竜化さ周囲の索敵行ったり、ランプオブジェや周囲の風景擬態させるなど、フェルディナンド博士能力よりも応用が利くようになっていた。また、ディエゴの姿のまま皮膚や爪といった部位強化して戦うこと増える作者コメントによると、旧ディオ吸血鬼イメージの継承であり、『ジュラシック・パーク』からの連想アイデアを新ディオイメージに合わせたという。 THE WORLDザ・ワールド大統領のスタンド「D4C」により並行世界から来たディエゴ持っていたスタンド能力自分以外の時間を5秒間止めることが可能。 DIOの「ザ・ワールド世界)」と酷似し外見を持つが、肘と膝部分のレリーフハート型から「D」の形になっているなど『JOJO A-GO!GO!準拠デザインとなったDIOザ・ワールドよりも細身であるが、それでも本体のディエゴよりは大柄なスタンドとして描かれている。攻撃時の掛け声DIO同じく「無駄無駄無駄無駄……無駄ァ!!」。Part7では数少ない人型像で攻撃するスタンドである。 時間止めている間に多数ナイフ投げつけたり、ワイヤートラップ張り巡らせるなどの攻撃でジョニィを追い詰めた

※この「スタンド(ディエゴ)」の解説は、「ディオ・ブランドー」の解説の一部です。
「スタンド(ディエゴ)」を含む「ディオ・ブランドー」の記事については、「ディオ・ブランドー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「スタンド」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「スタンド」の例文・使い方・用例・文例




スタンドと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「スタンド」の関連用語

スタンドのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



スタンドのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
大光電機大光電機
Copylight 2022.DAIKO ELECTRIC CO.,LTD.All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスタンド (改訂履歴)、スタンド! (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのスターダストクルセイダース (改訂履歴)、ディオ・ブランドー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS