ファンクとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 音楽 > スタイル > ファンクの意味・解説 

ファンク【funk】


ファンク[funk]


ファンク

名前 FunkFanckFank

ファンク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/09 08:25 UTC 版)

ファンク (funk) は、音楽ジャンルの1つであり、その中でもアフリカ系アメリカ人黒人起源ブラック・ミュージックのジャンルである。




  1. ^ Presence and pleasure: the funk grooves of James Brown and Parliament, p.3
  2. ^ a b 研究社 「新英和中辞典」 第5版 1985年
  3. ^ ピーター・バラカン 「魂(ソウル)のゆくえ」 ARTES 2008年
  4. ^ http://www.discogs.com/artist/12596-James-Brown
  5. ^ Collins, W. (January 29, 2002). James Brown. St. James Encyclopedia of Popular Culture. Retrieved December 10, 2019.
  6. ^ http://www.allmusic.com/artist/bootsy-collins-mn0000107139
  7. ^ http://www.discogs.com/artist/29262-George-Clinton
  8. ^ Sly and the Family Stone”. The Rock and Roll Hall of Fame and Museum, Inc. 2019年12月12日閲覧。
  9. ^ http://www.allmusic.com/album/anthology-mw0000199351
  10. ^ http://www.allmusic.com/artist/sly-the-family-stone-mn0000033161
  11. ^ http://www.allmusic.com/album/1980-mw0000379110
  12. ^ 代表曲は「イッツ・ジャスト・ビガン」「バーサ・バット・ブギー」「キング・コング」など
  13. ^ 「ダズ」「デュージック」などがアメリカでヒットした
  14. ^ 「「スライド」「ジャスト・ア・タッチ・オブ・ラブ」などで知られる
  15. ^ 74年のデビュー時、「マシン・ガン」「ザ・バンプ」がファンキーだった
  16. ^ http://www.thezappband.com/roger
  17. ^ http://www.allmusic.com/album/aurra-mw0000248963
  18. ^ アルバム「ボディ・メタ」「ダンシング・イン・ユア・ヘッド」などはファンクの影響を受けている
  19. ^ 「アイム・ゴナ・レット」「トラップト」などがソウル・チャートでヒットした
  20. ^ http://www.discogs.com/David-Bowie-Fame/master/50555
  21. ^ 他に「ワット・ユー・ニード」などもヒットした
  22. ^ 代表曲は「ロックンロール・フーチークー」
  23. ^ ヒットした「カム・アンド・ゲット・ユア・ラブ」はブルーアイドソウルだが、他の曲はファンキーなロックが多い
  24. ^ UKのザ・ビートの一部のメンバーが結成。89年には全米1位の大ヒットを飛ばした
  25. ^ Atlantic Starr”. 2020年8月24日閲覧。
  26. ^ 「ピック・アップ・ザ・ピーセズ」「カット・ザ・ケイク」などのヒット曲は、白人バンドであることがわからないほどファンキーな楽曲だった
  27. ^ 「ヒット・アンド・ラン」「ムーブ・ユア・ブギー・ボディ」など、ソウルチャートでのヒット曲多数
  28. ^ カーティス・ブロウによるヒップホップの歴史に関する編集盤にファンク曲「ラブ・ザ・ライフ・ユー・リブ」が収録された
  29. ^ Bass Player - William "Bootsy" Collins
  30. ^ 1976年にはファンク曲「ストレッチン・アウト・イン」がソウルチャートでヒット
  31. ^ Brass Constraction”. 2020年8月24日閲覧。
  32. ^ ディスコ+ジャズ=「ダズ」や、「デュージック」などのファンク曲がヒット
  33. ^ Pファンク一派の女性グループ
  34. ^ ファンク曲「24カラット・マジック」が全米チャートで大ヒットした
  35. ^ 「ドゥ・イット」「エクスプレス」がヒットした
  36. ^ ソウルチャートで「シーズ・ストレンジ」、ポップチャートで「ワード・アップ」などがヒットした
  37. ^ イアン・デューリーのファンク曲「ヒット・ミー・ウィズ・ユア・リズムスティック」などの作曲者。「愛のコリーダ」の作曲者でもある
  38. ^ Con Funk Shun”. 2020年8月24日閲覧。
  39. ^ ファンク・ナンバー「スコーピオ」が71年にポップチャートでもヒット
  40. ^ 82年のファンク・ヒット「レット・イット・ウィップ」はポップ・チャートでもヒットした
  41. ^ オハイオ出身のファンク・バンド。サンを継承したグループ
  42. ^ ワシントン・ゴーゴーの代表的なバンドである
  43. ^ 81年の「バーン・ラバー」はポップ、ソウル両チャートでヒット
  44. ^ 75年に「ハイジャック」がヒット
  45. ^ Cite web|url=http://www.independent.co.uk/arts-entertainment/music/features/hit-me-with-your-rhythm-shtick-how-did-ian-dury-become-one-of-the-most-fascinating-rock-stars-of-the-1850025.html%7Ctitle=Hit me with your rhythm shtick: How did Ian Dury
  46. ^ 元ザ・タイム。85年に「ビー・ユア・マン」「アイ・ウォント・マイ・ガール」がソウル・チャートでヒット。タマラ&ザ・シーンの「エブリバディ・ダンス」の作曲者で、同曲はポップでもヒットした
  47. ^ 77年にファンク曲「リアル・マザー・フォー・ヤ」がヒットした
  48. ^ 「バーサ・バット・ブギー」「キングコング」などのファンク曲で知られる。日本ではディスコと紹介されたが、実際はファンクの音楽家である。72年の「イッツ・ジャスト・ビガン」は有名なレア・グルーブ曲
  49. ^ 72年に大ヒットした「アイ・ガッチャ」など、ファンク曲も多い
  50. ^ https://www.allmusic.com/artist/kay-gees-mn0000369516
  51. ^ 97年の「リターン・オブ・ザ・マック」がヒット
  52. ^ 「キューティー・パイ」がソウルチャートでヒット
  53. ^ http://www.discogs.com/artist/108907-Raydio
  54. ^ http://www.allmusic.com/artist/skyy-mn0000018896
  55. ^ http://www.discogs.com/artist/153956-Sun-7


「ファンク」の続きの解説一覧



ファンクと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ファンク」の関連用語

ファンクのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ファンクのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2020 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのファンク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS