アフリカ系アメリカ人とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > アフリカ系アメリカ人の意味・解説 

アフリカ系アメリカ人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/28 01:27 UTC 版)

アフリカ系アメリカ人: African-American[† 1])は、アメリカ合衆国民のうち、アフリカ出身の黒人(ネグロイド)もしくはその子孫である。アフリカン・アメリカン、アフロアメリカン (Afro-American[† 2])、アメリカ黒人ともいう。


注釈

  1. ^ 英語発音: [ˈæfrɪkənəˈmɛrɪkən] フリカナリカン
  2. ^ アメリカ英語発音:[ˌæfroʊəˈmɛrɪkən] アフロウアリカン
  3. ^ アメリカ英語発音:[ˈniːɡroʊ]/イギリス英語発音:[ˈniːɡrəʊ] ーグロウ
  4. ^ アメリカ英語発音:[ˈnɪɡər] ガー、イギリス英語発音:[ˈnɪɡə(r)]
  5. ^ カナダなどの他国籍選手を加えても、25人と少数である(List of black ice hockey players参照)

出典

  1. ^ ACS DEMOGRAPHIC AND HOUSING ESTIMATES: 2017 American Community Survey 1-Year Estimates”. United States Census Bureau. 2018年4月5日閲覧。
  2. ^ “米陸軍、「ニグロ」表記容認の内部規定を削除 謝罪も表明”. CNN. (2014年11月8日). http://www.cnn.co.jp/usa/35056286.html 2014年11月10日閲覧。 
  3. ^ Debra J. Dickerson (January 22, 2007). Colorblind – Barack Obama would be the great black hope in the next presidential race – if he were actually black. salon.com. オリジナルの2010-09-24時点におけるアーカイブ。. http://www.salon.com/news/opinion/feature/2007/01/22/obama/ 2010年10月7日閲覧。. 
  4. ^ Debra Dickerson - The Colbert Report - 2/8/07 - Video Clip | Comedy Central
  5. ^ Thomas Jefferson and Sally Hemings: An American Controversy by Annette Gordon-Reed, p.160
  6. ^ 米国赤十字社
  7. ^ 黒人奴隷クンタの20年間 =「世界商品」の生産と黒人奴隷制度=
  8. ^ “米黒人の“南部回帰”が不況のあおりでUターン 伝統的ライフスタイルも引力”. http://sankei.jp.msn.com/world/news/110605/amr11060512010003-n1.htm 2011年6月5日閲覧。 
  9. ^ 黒人少年射殺、マイケル・ブラウンさんが殺されたアメリカ・ファーガソンで暴動再燃”. The Huffington Post (2014年8月17日). 2015年1月2日閲覧。
  10. ^ 黒人男性エリック・ガーナーさんを窒息死させた白人警官も不起訴 NYに怒りの声渦巻く”. The Huffington Post (2014年12月4日). 2015年1月2日閲覧。
  11. ^ 「息ができない」「撃つな」1万人が米議会に向けデモ、黒人死亡事件に抗議”. 産経ニュース (2014年12月14日). 2015年1月2日閲覧。
  12. ^ “米白人学生らが黒人侮辱ビデオ 南部オクラホマ大で抗議”. 産経ニュース. (2015年3月10日). http://www.sankei.com/world/news/150310/wor1503100018-n1.html 2015年4月1日閲覧。 
  13. ^ Floyd Mayweather: 'I'll cook that chump'”. ESPN.com (2010年9月4日). 2017年5月22日閲覧。
  14. ^ Floyd Mayweather questions Jeremy Lin”. ESPN.com (2012年2月15日). 2017年5月22日閲覧。
  15. ^ クリス・ロック、アカデミー賞授賞式でのジョークが人種問題を「矮小化&下品」と非難の的に”. TVグルーヴ (2016年3月3日). 2017年5月22日閲覧。
  16. ^ バイデン氏、中国系標的のヘイトクライムを非難 「米国らしくない」”. AFP (2021年3月12日). 2021年3月14日閲覧。
  17. ^ アジア系への暴力事件、日本人も被害 少数派間の連帯不可欠 遠い融和 狙われるアジア系(下)”. 東京新聞 (2021年5月18日). 2021年9月14日閲覧。
  18. ^ 白人とアジア系の関係は良いと約90%が回答、関係が悪いのは黒人とヒスパニック”. Record China (2013年7月20日). 2017年5月22日閲覧。
  19. ^ WBC Suspends Adrien Broner Over 'Mexican' Swipe”. BoxingScene.com (2014年5月7日). 2017年5月22日閲覧。
  20. ^ 報復警官殺しで、混乱深まる人種間対立”. ニューズウィーク日本版 (2014年12月24日). 2017年5月22日閲覧。
  21. ^ Jon Entine(著)、星野 裕一(訳)「黒人アスリートはなぜ強いのか? -その身体の秘密と苦闘の歴史に迫る」より
  22. ^ MLB Scores An "A" For Racial Diversity CBS NEWS
  23. ^ 大リーグ、悩みは黒人選手の減少 MSN産経ニュース
  24. ^ Granderson tries to get youth involved(mlb.com)
  25. ^ The Torii Hunter project
  26. ^ 蛭間豊章記者の「Baseball inside」ブルワーズ2選手と黒人少年達の小さな旅(第372回)
  27. ^ シャニー・デービス黒人初金/Sスケート nikkansports.com


「アフリカ系アメリカ人」の続きの解説一覧

アフリカ系アメリカ人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/10 03:11 UTC 版)

アイダホ州の歴史」の記事における「アフリカ系アメリカ人」の解説

ルイス・クラーク探検隊太平洋向かったときのヘルパーヨークアイダホ入った最初のアフリカ系アメリカ人と記録された。現在は奴隷制廃止後に西部に来た者たちでかなりの数のアフリカ系アメリカ人がいる。多くポカテッロ近くに入植し牧夫芸人、および農夫になった解放されたとは言っても多くの黒人20世紀初期から半ばまで人種差別味わった。現在でも黒人人口増え続けており、多く教育機会軍隊での任務およびその他の雇用機会求めてやってきている。ボイシにはがあり、州内初期アフリカ系アメリカ人を記録とどめる見えないアイダホ人」と呼ばれる展示がある。2000年の国勢調査に拠ればアイダホ州ではアフリカ系アメリカ人が4番目に大きな民族となっている。マウンテンホーム、ボイシおよびガーデンシティにはかなりのアフリカ系アメリカ人が住んでいる

※この「アフリカ系アメリカ人」の解説は、「アイダホ州の歴史」の解説の一部です。
「アフリカ系アメリカ人」を含む「アイダホ州の歴史」の記事については、「アイダホ州の歴史」の概要を参照ください。


アフリカ系アメリカ人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/01 22:15 UTC 版)

チャールズシティ郡 (バージニア州)」の記事における「アフリカ系アメリカ人」の解説

換金作物としてのタバコ成長すると、タバコ労働集約型作物だったので、農園主はより多くの労働者を必要とした。17世紀後半植民地人は年季奉公人よりも多くのアフリカ人奴隷労働者輸入し始めた。これはイングランド経済事情回復して労働者条件厳し植民地に渡ることを望まなかったことも原因だった。18世紀タバコ栽培傾倒するバージニア植民地では奴隷農業の主要労働力となった1660年以前にチャールズシティ郡に23人の黒人奴隷連れてこられていたことが分かっている。 チャールズシティ郡に住んだ自由黒人最初期記録は、1677年9月16日スザンナという女性による自由を求める請願書だった。郡内にあるロット・キャリー邸は、自分と子供たちの自由を購った奴隷、ロット・キャリーの生誕地として有名であるキャリー最終的にはアフリカリベリア建国の父になった17世紀には既に農園主中に個々の奴隷解放する者がいた。アメリカ独立戦争前に自由になった混血家族当時は黒人見なされた)は、白人年季奉公人あるいは自由女性アフリカ人男性年季奉公人奴隷あるいは自由)の結婚生まれた子孫によって形成された。子供たち当時原則(partus sequitur ventrem)に従ってその母の状態と同じ奴隷になり、混血の場合は自由人になった独立戦争後30年間で、バージニア州多くの農園主がその奴隷解放しており、その中にはチャールズシティ郡を含みクエーカーバプテストメソジスト信徒が解放のために動いたクエーカーメソジスト説教師が州全体奴隷所有者説き奴隷人権与えるよう奨励した現在のチャールズシティ郡やバージニア州最初期黒人社会であるルスビルに多くの自由黒人入った南北戦争のときにアメリカ陸軍黒人兵を徴用する決めたとき、郡から多くの解放奴隷自由黒人入隊した1864年ポカホンタス駐屯アメリカ合衆国有色人部隊が、ロバート・E・リー将軍の甥であるフィッツヒュー・リー少将指揮する2,500名の南軍部隊による攻撃撃退した。 未編入の町ルスビルは、南北戦争以前であっても長年自由黒人集ま中心だった。奴隷解放後、この交差点ある町にはマーカンタイル・コーペラティブ・カンパニーやルスビル訓練学校ができた。ユナイテッド・ソーガム・グロワーズ・クラブもここで集会開いた。ルスビルは初期に他の幾つかの名前で呼ばれたこともあったが、地元住人のルス・ブラウンの名を思い出させるものである。その名は1880年設立され郵便局の名前に選ばれたレコンストラクション時代解放奴隷はオッド・フェローズ・ロッジ、ナイツ・オブ・ギデオン、オーダー・オブ・セントルーク、ベネボレント協会など幾つかの慈善団体設立し共通の民事問題解決あたった公民権法選挙権法が成立し、連邦政府黒人選挙権回復強制した後の1968年、ジェイムズ・ブラッドビーが郡初の保安官選ばれた

※この「アフリカ系アメリカ人」の解説は、「チャールズシティ郡 (バージニア州)」の解説の一部です。
「アフリカ系アメリカ人」を含む「チャールズシティ郡 (バージニア州)」の記事については、「チャールズシティ郡 (バージニア州)」の概要を参照ください。


アフリカ系アメリカ人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/05 15:10 UTC 版)

サウスフィールド (ミシガン州)」の記事における「アフリカ系アメリカ人」の解説

2002年、サウスフィールドには42,259人の黒人居りデトロイト都市圏自治体として第3位だった。 2011年時点で多くのアフリカ系アメリカ人がデトロイトからサウスフィールドやその他オークランド郡マコーム郡の町に移転している。サウスフィールドに住む中階級黒人と、ウェイン郡からの新参者との間に緊張関係生じている。

※この「アフリカ系アメリカ人」の解説は、「サウスフィールド (ミシガン州)」の解説の一部です。
「アフリカ系アメリカ人」を含む「サウスフィールド (ミシガン州)」の記事については、「サウスフィールド (ミシガン州)」の概要を参照ください。


アフリカ系アメリカ人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/12 03:29 UTC 版)

アメリカ外征軍」の記事における「アフリカ系アメリカ人」の解説

アフリカ系アメリカ人は白人アメリカ人英語版)と同一基準徴兵され、被徴募者の13パーセント占めていた。戦争終結までに35万人以上のアフリカ系アメリカ人が西部戦線のAEF部隊軍務に就いた。しかし、彼らは白人将校指揮され隔離された部隊配属された。フランス送られ黒人兵士の1/5が戦闘経験したが、白人兵士ではその割合2/3だった。アフリカ系アメリカ人はAEF戦闘部隊の3パーセントで、戦場における死亡率は2パーセント以下だった。「有色人種徴募兵大部分は戦闘部隊では使い物にならない」と1918年参謀部報告書にあり、「これらの有色徴募兵予備労働大隊配属する」ことが推奨されていた。彼らは大西洋の港での荷役人足駐屯地後方支援での一般労働のような熟練不要の単純労働力として取り扱われた。フランス軍その前部隊抗命戦闘義務抵抗していた)は、複数黒人戦闘部隊である連隊管理を必要とし、それを受入れた。 ケネディ次のように書いている。 「黒人第92歩兵師団は特に準備不足指揮系統不全によって損害を被った黒人のみの戦闘師団として第92歩兵師団特異な重荷抱えて戦線参加したアメリカ本国での訓練期間中、複数駐屯地次のような噂が故意にばら撒かれた。幾つかの砲兵部隊訓練完了前にフランスへ招集され休戦まで十分装備されない。ほとんどすべて先任白人士官指揮下の黒人兵士軽蔑し繰返し転勤願い出ている。黒人徴募兵たちは、しばしば1918年夏には既に内容薄くなっていた訓練機会から逃げ出し荷揚げ人足や一労働者として働こうとする」 第369370371および372歩兵連隊名目上は93歩兵師団英語版)だが、決しそのように統合されることは無かった)は前線戦闘では個々別々フランス軍指揮フランス植民地部隊とともに服務したこれらのアフリカ系アメリカ人兵士達アメリカ制服一部北軍Union Army)の時代以来歴史をもっていた)とフランスヘルメットアドリアンヘルメット)を着用し、8ミリルベル弾(英語版使用のベルチェライフル(英語版) 1907/15 フレンチモデル(レミントン・アームズ社製)を装備していた。ほとんどのアメリカ兵にはスプリングフィールドM1903小銃M1917エンフィールド小銃支給されたのとは対照的だった最も優れた部隊一つがハーレム・ヘルファイターズ(Harlem Hellfighters)として知られた369歩兵連隊だった。第369連隊前線にいたのは6か月間だったが、アフリカ系アメリカ人の連隊の中で最長だった。第369連隊の隊員171名はレジオン・オブ・メリット勲章授与された。第369連隊の隊員一人ヘンリー・ジョンソン英語版軍曹フランスのクロワ・ド・ゲール(英語版)(Croix de guerre勲章授与され没後死没1929年7月1日)の2015年6月2日バラク・オバマ大統領により名誉勲章授与された。

※この「アフリカ系アメリカ人」の解説は、「アメリカ外征軍」の解説の一部です。
「アフリカ系アメリカ人」を含む「アメリカ外征軍」の記事については、「アメリカ外征軍」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「アフリカ系アメリカ人」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「アフリカ系アメリカ人」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

アフリカ系アメリカ人のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アフリカ系アメリカ人のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアフリカ系アメリカ人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアイダホ州の歴史 (改訂履歴)、チャールズシティ郡 (バージニア州) (改訂履歴)、サウスフィールド (ミシガン州) (改訂履歴)、アメリカ外征軍 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS