軍務とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 労働 > 就労 > 事務 > 軍務の意味・解説 

ぐん‐む【軍務】

読み方:ぐんむ

軍事に関する事務また、軍隊勤務。「—に服する


軍務

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/31 06:12 UTC 版)

アメリカ合衆国の共和主義」の記事における「軍務」の解説

市民美徳は、個人的な願望前に公共の目標置くことを求めており、国のために志願して戦うこと求めていたロアノークジョン・ランドルフ述べてたように、「市民軍人同義語であるならば、あなた方安全である」となる。スコットは、アメリカの独立フランス革命双方において、外国君主制に対する不信が国市民軍という概念結びつき、軍務の定義が職業選択から公的義務変化した述べた1978年)。ヘレラは、自己支配という見解南北戦争以前アメリカ軍性格理解するものに基本的なものである説明している2001年)。軍務は愛国心重要な表現であり、市民としての基本的な要素であると考えられた。軍人にとって、軍務は自発的な了解のもとにある、自己支配一時的な停止であり、それによって市民としての責任感を示すのだった実際に軍務における自己支配は、個人的な独立入隊交渉上級職への請願民兵組織、および規律に関する交渉を含むようになった。これらが全て軍隊秩序規律および生活の全ての側面影響した

※この「軍務」の解説は、「アメリカ合衆国の共和主義」の解説の一部です。
「軍務」を含む「アメリカ合衆国の共和主義」の記事については、「アメリカ合衆国の共和主義」の概要を参照ください。


軍務

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/15 04:28 UTC 版)

クロード・マクレイヴン」の記事における「軍務」の解説

第二次世界大戦勃発すると、マクレイヴンは1942年1月9日アメリカ陸軍航空隊入隊したテキサス州サンアントニオブルックス陸軍航空隊基地飛行訓練受けた後、イギリス進出していた第31追撃群に配属されスーパーマリン スピットファイア搭乗して爆撃機支援任務携わった北アフリカシチリア島イタリアにも転戦し任務を通じて殊勲飛行十字章のほかエア・メダル幾度も受章し最終的には柏葉12付いた)とヨーロッパ従軍記章4つ受けた[要出典]。 1967年10月31日空軍大佐アメリカ空軍退役した

※この「軍務」の解説は、「クロード・マクレイヴン」の解説の一部です。
「軍務」を含む「クロード・マクレイヴン」の記事については、「クロード・マクレイヴン」の概要を参照ください。


軍務

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/12 08:06 UTC 版)

ジェイムズ・ブランドン (軍人)」の記事における「軍務」の解説

ジェイムズ・ブランドンアメリカ独立戦争中、ノースカロライナ民兵士官務めた。 准少佐ノースカロライナ民兵ローワン連隊英語版)(-1775年少佐ノースカロライナ民兵第1ローワン連隊英語版)(1775年-1777年少佐ノースカロライナ民兵ローワン連隊英語版)(1777年-1780年中佐ノースカロライナ民兵ローワン連隊英語版)(1780年-1782年大佐ノースカロライナ民兵第2ローワン連隊英語版)(1782年-1783年ノースカロライナ植民地議会1775年10月22日に、ローワン連隊英語版)を第1ローワン連隊第2ローワン連隊2つ分割した1777年5月9日バーク連隊設立に伴い、第1ローワン連隊ローワン連隊戻された。1782年5月1日ローワン連隊は第1ローワン連隊第2ローワン連隊2つ分割されジェイムズ・ブランドン大佐第2ローワン連隊指揮任された。

※この「軍務」の解説は、「ジェイムズ・ブランドン (軍人)」の解説の一部です。
「軍務」を含む「ジェイムズ・ブランドン (軍人)」の記事については、「ジェイムズ・ブランドン (軍人)」の概要を参照ください。


軍務

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/21 02:18 UTC 版)

ラルフ・アバークロンビー (軍人)」の記事における「軍務」の解説

しかし1793年フランスイギリス宣戦布告すると、直ちにその職業上義務を果たすべく行動起こしたイギリス全軍で最も有能かつ勇敢な士官1人見なされたアバークロンビーは、ヨーク公配下旅団長としてオランダに出動した。そしてル・カトーにおいて前進部隊率いナイメーヘン負傷した1794年から1795年にかけての冬には、オランダから壊滅的な退却を行うイギリス軍護衛する役目を果たした。その戦功認められ1795年バス勲爵士列せられた。 同じ年、サー・チャールズ・グレイ(Charles Grey)の後任として西インド諸島イギリス軍総司令官任じられた。1796年アバークロンビー陸軍分遣隊グレナダ急襲させ、これを攻略した。さらにその後南アメリカデメララ(Demerara)とエセキボ(Essequibo)の入植地や、セントルシア島、セントビンセント島およびトリニダード島獲得した1797年4月17日アバークロンビードイツの傭兵イギリス海兵隊、それに60隻ないし64隻の艦隊を含む7,000から13,000名の部隊率いてプエルトリコ島侵攻したサン・フアン戦いBattle of San Juan)。プエルトリコにはドン・ラモン・デ・カストロ将軍部隊がおり、中でも正規軍(Milicias Disciplinadas)」、おそらくプエルトリコ出身者から成るプエルトリコ常備連隊(Regimiento Fijo de Puerto Rico)」、および「王立砲兵隊Real Cuerpo de Artillería)」が侵攻軍に抵抗した長距離の砲撃戦白兵戦を含む2週間にわたる激し戦闘の末、サン・フアン最初の防衛線越えることができないまま、4月30日アバークロンビー撤退した。これは、アメリカにおけるスペインの領土への侵攻の最も大規模なものの1つとされているその後アバークロンビーヨーロッパ戻り重要な功績への報酬としてロイヤル・スコッツ・グレイ連隊Royal Scots Greys)の連隊長任命されまた、ワイト島フォート・ジョージフォート・オーガスタス統治任され中将に昇進した。1797年から1798年掛けてアイルランド軍隊総司令官となったアバークロンビーはそこで軍の規律維持努め、また反乱の発生抑え偉大な将軍でありかつ進歩的慈善心富んだ政治家としての評価勝ち得た。彼がアイルランドでその任務与えられた時、イギリス政府フランスによるアイルランド侵攻確実視していた。アバークロンビー乱れていた軍の規律を元に戻すのに最大の努力払った。そしてその第一歩として、市民の力優位を再確立し、また法の執行秩序の維持のために必要やを得ない場合以外は軍隊出動許さないことによって、市民保護しよう努力した。しかし彼はアイルランド政府長官から十分な支持得られず、また彼のすべての努力議会首脳によってことごとく反対され、妨害された。それを知ったアバークロンビー司令官の職を辞任した賢明な人々アイルランドからの彼の退去大い嘆いた。そして事態直ち最悪の結果1798年アイルランド反乱Irish Rebellion of 1798)を迎えた。それは彼が予想し防止するために熱心か賢明に努力したものに他ならなかった。 スコットランド総司令官役職短期間就いた後、1799年オランダバタヴィア共和国への作戦決定されると、サー・ラルフは再びヨーク公配下軍隊召し出された。1799年作戦失敗終わったが、彼の働き目覚ましく、たとえ完璧な勝利を得たとしてもこの優秀な士官才能をこれ以上はっきりと証明することができなかっただろう、と敵味方ともども認めるところであった1801年フランスエジプト侵攻エジプト・シリア戦役)に対抗するためにアバークロンビーが軍とともに派遣されたとき、イギリスはその選択国を挙げて拍手喝采したオランダ西インド諸島での経歴はまさにこの新し任務うってつけだった。それは、大変な困難にかかわらず、彼がその軍隊健康なまま、意気揚々と物資の不足なしに、予定通り戦場引き連れることで証明された激し抵抗直面しつつ行ったアブキールの上陸は、イギリス陸軍の最も大胆で輝かし成功のひとつ評価されている。

※この「軍務」の解説は、「ラルフ・アバークロンビー (軍人)」の解説の一部です。
「軍務」を含む「ラルフ・アバークロンビー (軍人)」の記事については、「ラルフ・アバークロンビー (軍人)」の概要を参照ください。


軍務

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/25 00:21 UTC 版)

リー・アダマ」の記事における「軍務」の解説

トップクラスの成績士官学校卒業後第二次サイロン戦争後空母ギャラクティカCAG(Commander of Air Group)をつとめる。バトルスターペガサス相次ぐ司令官死後、その地位引き継ぐ。ニュー・カプリカ脱出時は捨て身活躍によりギャラクティカ入植民を救出するものの、クルー脱出し終えたペガサス撃沈され、リーもまたギャラクティカ戻ることとなる。優秀な軍人として責務を果たしてきたリーではあるが、時には任務疑念罪悪感虚無感抱いており、ある出来事をきっかけに軍務に適さないと父が感じるほど精神的に不安定な状態となってしまった。またリーは、祖父著名な弁護士であったこともあり平素から単なる軍人とは異なった物の見方をしてきた。これらのことが彼の士官としてのキャリア終焉もたらすこととなる。

※この「軍務」の解説は、「リー・アダマ」の解説の一部です。
「軍務」を含む「リー・アダマ」の記事については、「リー・アダマ」の概要を参照ください。


軍務

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/01 15:15 UTC 版)

朝鮮民主主義人民共和国におけるLGBTの権利」の記事における「軍務」の解説

朝鮮人民軍は、全ての志願兵に対して従軍期間中最初の10年において禁欲求めている。男性兵士の間でこの規則破り異性との密会レイプ、軍務内での同性間行為などが定期的に発生しているとされる。この同性間関係性個人性的指向よりも機会的同性愛傾向が強いとされる

※この「軍務」の解説は、「朝鮮民主主義人民共和国におけるLGBTの権利」の解説の一部です。
「軍務」を含む「朝鮮民主主義人民共和国におけるLGBTの権利」の記事については、「朝鮮民主主義人民共和国におけるLGBTの権利」の概要を参照ください。


軍務

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/04 14:40 UTC 版)

オーガスト・ベルモント2世」の記事における「軍務」の解説

1917年アメリカ第一次世界大戦への参戦決めると、当時64歳ベルモント2世従軍志願した陸軍少佐としてフランス送り込まれ1917年11月9日フランスで陸軍航空サービス任務を受けている。 ベルモント2世アメリカ外征軍 (AEF)の補給部に配属され、AEFのための補給品調達するためにスペイン政府と交渉行ったフランス戻った1918年2月16日から10月23日まで別働隊務め12月21日アメリカ帰国1919年1月6日陸軍から退役したベルモント2世はこの大戦中の従軍者のなかでも最も高齢将校一人であった。 戦争中彼の息子のひとりモーガン・ベルモントはイタリアフォッジャにある航空指導センター中尉として配属されていた。また別の息子レイモンド・ベルモントは、フランスの第78師団で歩将校務めサン=ミヒエルとムーズ=アルゴンヌ攻撃参加していた。ベルモントの妻エレノアは、赤十字ベルギーへの支援活動のために資金集め奔走し、また合衆国陸軍収容所検査官として何度も大西洋渡っている。

※この「軍務」の解説は、「オーガスト・ベルモント2世」の解説の一部です。
「軍務」を含む「オーガスト・ベルモント2世」の記事については、「オーガスト・ベルモント2世」の概要を参照ください。


軍務

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/01/24 13:21 UTC 版)

レ・グエン・ビ」の記事における「軍務」の解説

1972年第5師団副師団長としてアンロクの戦い参加勇敢な指揮見せのちに師団長昇進する1975年4月30日サイゴン陥落の際ズオン・バン・ミン大統領から降伏命令受け取る。共和国忠誠を誓うビは降伏潔しとせず同日11時師団司令部において自決する。レ・グエン・ビベトナム共和国降伏時に自決した将軍5人の1人である。

※この「軍務」の解説は、「レ・グエン・ビ」の解説の一部です。
「軍務」を含む「レ・グエン・ビ」の記事については、「レ・グエン・ビ」の概要を参照ください。


軍務

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/31 09:07 UTC 版)

フョードル・アルトゥーロヴィチ・ケールレル」の記事における「軍務」の解説

1880年ケールレル騎兵少尉としてクリャスチーツィ第6驃騎兵連隊入隊した。そこで、彼は7年以上にわたって騎兵中隊指揮官務め騎兵大尉まで昇進したその後クリミア大隊の指揮官務めた。この部隊タヴリーダ県ムスリム召集兵からなっており、皇帝がリヴァージヤ宮殿訪れる際の名誉警護司る部隊であった1888年から1889年にかけて、「最優秀」の成績士官騎兵学校卒業しその後、ルブヌィー第24竜騎兵連隊、ヴォズネセーンスク第24竜騎兵連隊、ハーリコフ第11竜騎兵連隊勤務した。「勤務での最優秀に対して1894年には中佐称号与えられ1901年には大佐となった1904年には、大ニコライ・ニコラーエヴィチ大公皇帝陛下アレクサンドラ第5驃騎兵連隊指揮官任官した1906年11月6日からは、竜騎兵親衛連隊指揮した部下である近衛兵ケールレル持ち前の勇敢さ真価評価してはいたが、彼は苛酷であるとみなしたため、両者のあいだの関係は形成されなかった。 1905年ポーランド王国における反乱鎮圧時期ケールレルはカーリシュ総督の任に就いた。そして、テロリストによって彼目掛けて投げつけられた爆弾爆発によって怪我打撲負った。ただ自身の体力によって死を免れた1907年には侍従武官昇任し少将として皇帝陛下従者になった1910年6月14日には、カフカース騎兵師団第1旅団指揮官に就任した1912年2月25日には、第10騎兵師団に就任した1913年5月31日には、中将昇格した。 「 彼の外見はこうであった。背は高く細身で、昔ながら騎兵整ったスタイルをしていた。ふたつのゲオルギー十字が、詰襟服へ優美に縫い付けられていた。善良そうな表情が、美しく力に満ちた顔に浮かんでいた。表情豊かなその内面にまで入り込むような両眼をしていた。第3騎馬軍団における我々の軍役のあいだ、私は伯爵をよく研究したが、まったく彼を溺愛していた私の部下同じくすっかり彼に心酔してしまった。ケールレル伯は、非常によく部下面倒を見ていた。彼は、常に皆がよく食べさせられているということまた、戦局厳しかったにも拘らず負傷者看護についてもそれが模範的行われるよう特別の注意向けていた。戦場から運び出され負傷者に会うと、その度によく話を聞き安心させ、かわいがった年少者とも等しく接し上官に対して礼儀正しく、そして思い遣り深く接した上級指揮官たちには、やや冷淡であった疲れ知らぬ騎兵100 ヴェルスタ一昼夜進み、鞍から降りるのはただ疲れ果てた馬を交換するためにだけであった彼は皆の模範となった困難なときにあって、自ら連隊率いて攻撃仕掛け二度負傷した毛皮帽を被りオレンブルク・コサック軍の将校上衣着た彼が、勇まし乗馬姿でめかし込ん連隊前に現れると、彼を崇拝し、その最初の言葉待っていた人々心臓震えたように感じられた。彼らは、ひとつ手が指図すればどこでへでも飛んでいったし、勇敢さ自己犠牲驚異見せた。 」 —A・G・シュクーロ(より)

※この「軍務」の解説は、「フョードル・アルトゥーロヴィチ・ケールレル」の解説の一部です。
「軍務」を含む「フョードル・アルトゥーロヴィチ・ケールレル」の記事については、「フョードル・アルトゥーロヴィチ・ケールレル」の概要を参照ください。


軍務

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/11 01:46 UTC 版)

レーン・ナカノ」の記事における「軍務」の解説

ハートマウンテン移住センターにいたナカノは、アメリカ陸軍の軍務に就くことを志願した中野兄弟たちとともに伝説的な多数勲章与えられることとなる第442連隊戦闘団配属された。

※この「軍務」の解説は、「レーン・ナカノ」の解説の一部です。
「軍務」を含む「レーン・ナカノ」の記事については、「レーン・ナカノ」の概要を参照ください。


軍務

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/10 14:01 UTC 版)

スコット・ブラウン (政治家)」の記事における「軍務」の解説

また1979年19歳時に大学での学業並行するかたちでマサチューセッツ州陸軍州兵入隊し現在に至るまで30年以上活動続けている。この州兵としての軍務は、ブラウン政治家としての政策関心にも大きな影響与えており、国防・安全保障分野退役軍人福利厚生などの政策注力している。 入隊きっかけは、1978年アメリカ北東部襲った猛吹雪に伴う災害で、州兵展開した救援活動感銘を受けたことだった。入隊直後にニュージャージー州のフォート・ディックス基地において初期訓練を受けるとともに予備役将校訓練課程ROTC)の適用を受けるためノースイースタン大学入学している。当初は一般歩兵Infantry)や、需品要員空挺要員としての訓練を受けた空挺要員になるにあたっては、陸軍空挺学校にて訓練を受けて同課程を修了していることから空挺降下資格者であるこを示す空挺記章(パラシューティスト・バッジ)を与えられているその後1994年法務科(Judge Advocate General's Corps, JAGC)に転じ法務士官として活動するうになる法務士官としては、主に弁護士としての任務多く薬物テスト陽性反応出た兵士弁護や、海外派兵対象となった兵士に対する不在中の不動産管理に関するアドバイス行っていた。 2010年に連上院議員補欠選挙出馬した際には、ニューイングランド地域州兵法務部長(Judge Advocate General, JAG)として活動しており、当時階級中佐だった。その後は、連邦議会議員になると政務専念するため退役する議員も多い中、2012年現在現役の州兵として登録し任務に就いている議員1人である。同じように議員として活動しながら軍務に就いている上院議員として空軍法務科に所属し予備役大佐として活動しているノースカロライナ州選出リンジー・グレアム上院議員がいる。2012年には、同年8月1日付で大佐昇任しこの時は同じ共和党所属同僚で、上院軍事委員会などで共に仕事をしているジョン・マケイン上院議員列席の下で昇任セレモニーが行われた。 軍人として海外任務経験しており、カザフスタン10日から2週間程度の、パラグアイ1週間任務当たった経験があるほか、2011年にはアフガニスタン訓練名目1週間駐留したこともある。賞罰については、2001年アメリカ同時多発テロ事件直後本土防衛国土安全保障州兵として貢献した点につき、陸軍称揚章(Army Commendation Medal)を受章している。

※この「軍務」の解説は、「スコット・ブラウン (政治家)」の解説の一部です。
「軍務」を含む「スコット・ブラウン (政治家)」の記事については、「スコット・ブラウン (政治家)」の概要を参照ください。


軍務

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/02 23:36 UTC 版)

ナポレオン2世」の記事における「軍務」の解説

ライヒシュタット公の恋の相手として、ナンディーヌ・カロリィ伯爵令嬢(Nandine Károlyi)の名が残る。また、病床伏せるようになったライヒシュタット公をゾフィー大公妃親身に看病したハプスブルク家大公プラハへの赴任から軍歴重ねるのが慣例であったが、6月14日フランツ1世からハンガリー60連隊大隊長任じられた。同連隊司令部ウィーンのアルザー通りde:Alser Straße)にあり、また昇任もしなかったが、ライヒシュタット公は兵士訓練に励めることを大い喜んだ。ライヒシュタット公は咳や微熱が続くにもかかわらず6月16日以降早朝から訓練や軍務に精励した。やがて居所も、宮廷から連隊営舎移転し上官部下からも高い評価を受けるようになった同年夏、ウィーンではペスト流行し、病から逃れるため、皇族をはじめ多くの人々郊外転居した。フランツ2世はライヒシュタット公もシェーンブルン宮殿に移るよう命じたが、ライヒシュタット公は兵営から離れることを良しとせず、なかなか命に応じなかった。 ライヒシュタット公が、いよいよ健康状態悪化しシェーンブルン宮殿移転したのは8月だった。主治医のヨハン・バプティスト・マルファッティ・フォン・モンテレージョ(英語版博士直ち2週間静養指示し宮殿西側部屋過ごした。ディートリヒシュタインは、プラハ赴任命じず、大隊長としてかえって公の負担大きくなったことに対し宮廷批判した。 この静養中ゾフィー大公妃希望で、ヨハン・エンデルの手により皇帝の孫(=互いにいとこ同士)であるライヒシュタット公、既に将来オーストリア皇帝目されるフランツ・ヨーゼフ皇子サレルノ公女マリア・カロリーネ、3人での肖像画描かれた。 9月14日大隊復帰し同月27日閲兵にも参加した。しかし、閲兵声が掠れがちな様子見たマルファッティ博士の上奏により、フランツ2世シェーンブルン宮殿での静養命じた

※この「軍務」の解説は、「ナポレオン2世」の解説の一部です。
「軍務」を含む「ナポレオン2世」の記事については、「ナポレオン2世」の概要を参照ください。


軍務

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/19 03:53 UTC 版)

カナダ級戦列艦」の記事における「軍務」の解説

サン・ビセンテ岬の海戦において、ネルソン指揮していたことで有名なキャプテンはこのカナダ級である。

※この「軍務」の解説は、「カナダ級戦列艦」の解説の一部です。
「軍務」を含む「カナダ級戦列艦」の記事については、「カナダ級戦列艦」の概要を参照ください。


軍務

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/29 17:31 UTC 版)

バート・K・ミズサワ」の記事における「軍務」の解説

リストトップマンとして卒業した水沢は、USMA士官候補生団支部門である歩兵最初の選抜受けた

※この「軍務」の解説は、「バート・K・ミズサワ」の解説の一部です。
「軍務」を含む「バート・K・ミズサワ」の記事については、「バート・K・ミズサワ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「軍務」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

軍務

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 03:40 UTC 版)

名詞

(ぐんむ)

  1. 軍事する事務任務

発音(?)

ぐ↘んむ

翻訳


「軍務」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



軍務と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

軍務のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



軍務のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアメリカ合衆国の共和主義 (改訂履歴)、クロード・マクレイヴン (改訂履歴)、ジェイムズ・ブランドン (軍人) (改訂履歴)、ラルフ・アバークロンビー (軍人) (改訂履歴)、リー・アダマ (改訂履歴)、朝鮮民主主義人民共和国におけるLGBTの権利 (改訂履歴)、オーガスト・ベルモント2世 (改訂履歴)、レ・グエン・ビ (改訂履歴)、フョードル・アルトゥーロヴィチ・ケールレル (改訂履歴)、レーン・ナカノ (改訂履歴)、スコット・ブラウン (政治家) (改訂履歴)、ナポレオン2世 (改訂履歴)、カナダ級戦列艦 (改訂履歴)、バート・K・ミズサワ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの軍務 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS