軍人にとは? わかりやすく解説

軍人に

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 14:20 UTC 版)

エルヴィン・ロンメル」の記事における「軍人に」の解説

1910年7月19日ヴァインガルテン(de)に駐留するヴュルテンベルク王国陸軍第6歩兵連隊ケーニヒ(国王)・ヴィルヘルム1世」(ドイツ帝国陸軍124歩兵連隊)(de)に下級士官候補生(Fahnenjunker)として入隊した下士官として半年部隊勤務経た後、1911年3月プロイセン王国ダンツィヒ王立士官学校進んだ士官学校在学中には、当時ダンツィヒ語学勉強来ていたルーツィエ・マリア・モーリン(Lucia Maria Mollin)と出会った士官学校卒業後もルーツィエと手紙連絡を取り合い二人1916年結婚した1912年1月27日少尉任官し、第124歩兵連隊戻ったロンメルは、新兵訓練担当したこの頃から、ロンメル自分のカリスマ性存分に発揮している。 1913年12月8日、ヴァルブルガ・シュテマー(Walburga Stemmer)との間に私生児の娘ゲルトルートをもうけ、生活費を送る代わりに表沙汰にしないことで合意した。しかし、シュテマーは、1928年肺炎もしくは自殺死去したロンメルは、後に妻のルーツィエにゲルトルート存在打ち明け彼女はロンメルの「親類」として戦中から戦後まで一家親しく付き合った事情教えられていなかった息子マンフレート・ロンメルは、ゲルトルートを「従姉妹」と呼んでいた。 1914年3月に第124歩兵連隊同じく27歩兵師団指揮下であるウルム駐留ヴュルテンベルク王国陸軍第3野戦砲兵連隊ドイツ帝国陸軍49野戦砲兵連隊)に転属となった。しかし、第一次世界大戦開戦により第124歩兵連隊復帰し、同歩兵連隊隷下第2大隊第7中隊所属する小隊小隊長に就任した

※この「軍人に」の解説は、「エルヴィン・ロンメル」の解説の一部です。
「軍人に」を含む「エルヴィン・ロンメル」の記事については、「エルヴィン・ロンメル」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「軍人に」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

軍人にのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



軍人にのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのエルヴィン・ロンメル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS