転属とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 人間関係 > > 転属の意味・解説 

てん‐ぞく【転属】

読み方:てんぞく

[名](スル)

所属変えること。また、変わること。「広報部に—する」

原籍他に移すこと。


転属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/22 04:44 UTC 版)

鉄道車両」の記事における「転属」の解説

大きな鉄道事業者複数路線・車両基地保有している時には路線・車両基地間で車両の転属が行われることがある。また事業者越えて中古車両として譲渡されることもある。こうした場合には合わせて改造が行われることもある。

※この「転属」の解説は、「鉄道車両」の解説の一部です。
「転属」を含む「鉄道車両」の記事については、「鉄道車両」の概要を参照ください。


転属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/03 08:26 UTC 版)

近鉄8810系電車」の記事における「転属」の解説

2006年6月から2007年1月にかけて9202F・9204F・9206Fは方向転換行い高安検車区に転属した。その際5820系9020系大阪線所属車が末尾50番台とされているので、大阪線9820系投入され場合にク9320形との番号重複避け目的で、サ9350形はサ9310形に改番され、9208Fも車体更新時に同様の改番行い、サ9350形は4両全車がサ9310形となった

※この「転属」の解説は、「近鉄8810系電車」の解説の一部です。
「転属」を含む「近鉄8810系電車」の記事については、「近鉄8810系電車」の概要を参照ください。


転属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/08 15:16 UTC 版)

神戸市バス」の記事における「転属」の解説

ダイヤ改正ごとに担当営業所変更され場合営業所間で車両の転属が行われる。特に、魚崎と石屋川の間では頻繁に行われている。 また、直営営業所扱われにくい車両委託営業所にまわし、直営営業所運転しやすい車両を転属する例が多くある。(ハイブリッド車MT車初期型AT車、ふそうのAT車は特に対象なりやすい。)

※この「転属」の解説は、「神戸市バス」の解説の一部です。
「転属」を含む「神戸市バス」の記事については、「神戸市バス」の概要を参照ください。


転属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 21:38 UTC 版)

国鉄583系電車」の記事における「転属」の解説

本系列では、東日本地区運用車両青森運転所西日本地区運用車両南福岡電車区配置されたが、国鉄時代には1975年南福岡配置車両向日町転属を除くと下の転属経歴がある。 サハネ581-13 当初は1968年6月25日付で青森新製配置となったが、同年10月ダイヤ改正南福岡配置のサハネ581形が予備車なしとなったため同年11月20日付で南福岡電車区に転属。 クハネ581-10 - 17・22 - 26 1968年青森運転所新製配置された制御車。しかし東北地区では寝台特急人気により編成15化することが検討されことから1970年以降はクハネ583形に移行することが決定し従来からの配置車も南福岡区へ転出することになった車両需給の関係上、1970年10月ダイヤ改正ならびに1971年予備増強用として製造され南福岡向け車両には同一製造ロットであってもクハネ583形のみ青森中間車南福岡配置とすることで対応したこのため該当編成ではメーカー落成後一旦青森立ち寄りクハネ583形とクハネ581形の車両交換実施後南福岡配給する措置採られた。 モハネ583・582-103 - 106・クハネ583-29・30・サハネ581-57・サロ581-35・サシ581-35 1975年3月ダイヤ改正西日本地区運用される車両配置が、南福岡電車区向日町運転所移管・転属となったが、その際に東北地区予備増強のため上述13両は青森運転所に転属した。 モハネ583・582-1 - 3・サロ581-24 1985年3月14日ダイヤ改正で「きたぐに編成が6M6Tから8M4Tに変更されることになり、青森から向日町へモハネユニット3組が、需給調整点かサロ581-24が向日町から青森に転属した。 なおモハネユニット3組は翌1986年11月1日ダイヤ改正で「きたぐに編成が6M4Tに減車されたことから分割民営化前に廃車一方青森所属となったサロ581-24はJR東日本承継され2000年2月26日付で廃車となったサシ581-6・8 1985年3月14日ダイヤ改正青森運転所編成からサシ581形が編成から外されたが、当該2両は仙台市内2次利用決定したため同年8月18日付で仙台運転所転出10月4日付で廃車となったサハネ581-14 - 19・36 分割民営化直前1987年3月JR北海道承継目的青森運転所から札幌運転所に転属。

※この「転属」の解説は、「国鉄583系電車」の解説の一部です。
「転属」を含む「国鉄583系電車」の記事については、「国鉄583系電車」の概要を参照ください。


転属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 23:24 UTC 版)

近鉄1400系電車」の記事における「転属」の解説

2002年度1200系1211Fと1212F、2018年度1400系1407Fが富吉検車区に転属した。

※この「転属」の解説は、「近鉄1400系電車」の解説の一部です。
「転属」を含む「近鉄1400系電車」の記事については、「近鉄1400系電車」の概要を参照ください。


転属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 09:31 UTC 版)

近鉄2600系電車」の記事における「転属」の解説

1979年全編成は富吉検車区に転属したが、1998年に2601F・2604Fは再び高安検車区に転属した。

※この「転属」の解説は、「近鉄2600系電車」の解説の一部です。
「転属」を含む「近鉄2600系電車」の記事については、「近鉄2600系電車」の概要を参照ください。


転属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 09:31 UTC 版)

近鉄2600系電車」の記事における「転属」の解説

1979年3月全車名古屋線富吉検車区に転属した。

※この「転属」の解説は、「近鉄2600系電車」の解説の一部です。
「転属」を含む「近鉄2600系電車」の記事については、「近鉄2600系電車」の概要を参照ください。


転属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 09:31 UTC 版)

近鉄2600系電車」の記事における「転属」の解説

5800系登場に伴い試作改造L/Cカーの2621Fおよび量産改造L/Cカーの2626F・2627Fは富吉検車区に転属した。これに伴い名古屋線運用されていた2622F - 2624Fは高安検車区、2625Fは明星検車区に転属した。なお、1998年時点では2611F・2614F - 2620F・2625Fが明星検車区、2612F・2613F・2622F - 2624Fが高安検車区、2621F・2626F・2627Fが富吉検車区配置となっていた。

※この「転属」の解説は、「近鉄2600系電車」の解説の一部です。
「転属」を含む「近鉄2600系電車」の記事については、「近鉄2600系電車」の概要を参照ください。


転属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 09:31 UTC 版)

近鉄2600系電車」の記事における「転属」の解説

大阪線での3両編成運用2430系3両編成車両除きなくなったため、1998年から3両編成の2801F - 2804Fは明星検車区配置されている。 4両編成の2809F・2811Fと2両編成の2812F・2814Fは落成当初より大阪線所属だったが、2811Fについては車体更新L/Cカー改造後高安検車区から富吉検車区、2809Fについては2006年7月先述組成変更際に高安検車区から明星検車区、2812F・2814Fについては2013年6月1810系1822F・1823Fの廃車代替として高安検車区から富吉検車区に転属した。 4両編成の2813F・2815F・2816F・2817Fは落成当初より名古屋線所属だったが、5200系増備に伴い1990年富吉検車区から高安検車区に転属した。また、2813F・2815Fについては車体更新L/Cカー改造後高安検車区から富吉検車区、2817Fについては2002年高安検車区から明星検車区2004年3月1000系1002F廃車代替として明星検車区から富吉検車区2014年9月ダイヤ変更による名古屋線急行運用変更に伴い富吉検車区から明星検車区2020年3月ダイヤ変更による名古屋線急行運用変更に伴い明星検車区から富吉検車区に転属した。

※この「転属」の解説は、「近鉄2600系電車」の解説の一部です。
「転属」を含む「近鉄2600系電車」の記事については、「近鉄2600系電車」の概要を参照ください。


転属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 09:32 UTC 版)

近鉄2400系電車」の記事における「転属」の解説

新造から全編成が高安検車区配置されていたが、1985年頃の一時期、2420Fは名古屋線運用されていた。1991年にク2590形ク2591、2002年にク2590形ク2592・ク2593が富吉検車区に転属した。

※この「転属」の解説は、「近鉄2400系電車」の解説の一部です。
「転属」を含む「近鉄2400系電車」の記事については、「近鉄2400系電車」の概要を参照ください。


転属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 09:32 UTC 版)

近鉄2400系電車」の記事における「転属」の解説

2001年から2007年4月にかけて2434F・2444F - 2447Fが富吉検車区に転属した。なお、2019年現在明星検車区配置されている2447Fは1998年頃の一時期にも明星検車区配置されていた。

※この「転属」の解説は、「近鉄2400系電車」の解説の一部です。
「転属」を含む「近鉄2400系電車」の記事については、「近鉄2400系電車」の概要を参照ください。


転属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/03 08:26 UTC 版)

近鉄8810系電車」の記事における「転属」の解説

3200系登場に伴い1986年から1989年の間、8826Fは方向転換・改造行い高安検車区に転属し、電算記号はFC25に変更され使用されていたが、再度東花園検車区に転属し、仕様元に戻され使用されている2004年2月に8812Fは方向転換・改造行い高安検車区に転属し、電算記号はFC11に変更された。また、1010系の様正面渡り板交換されていない

※この「転属」の解説は、「近鉄8810系電車」の解説の一部です。
「転属」を含む「近鉄8810系電車」の記事については、「近鉄8810系電車」の概要を参照ください。


転属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/03 08:26 UTC 版)

近鉄8810系電車」の記事における「転属」の解説

2003年10月から2006年12月にかけて1810系一部廃車代替に伴い全編成が方向転換・改造行い名古屋線に転属した。名古屋線転属が完了した当初2007年4月時点では9001F - 9003Fが明星検車区、9004F - 9008Fが富吉検車区配置されていたが、2012年3月20日付で9003Fが富吉検車区、9005F・9007F・9008Fが明星検車区に転属し、ワンマン運転対応改造車が明星検車区ワンマン運転非対応車が富吉検車区所属するようになっていた。

※この「転属」の解説は、「近鉄8810系電車」の解説の一部です。
「転属」を含む「近鉄8810系電車」の記事については、「近鉄8810系電車」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「転属」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「転属」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



転属と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

転属のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



転属のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの鉄道車両 (改訂履歴)、近鉄8810系電車 (改訂履歴)、神戸市バス (改訂履歴)、国鉄583系電車 (改訂履歴)、近鉄1400系電車 (改訂履歴)、近鉄2600系電車 (改訂履歴)、近鉄2400系電車 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS