帰属とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 人間関係 > > 帰属の意味・解説 

き‐ぞく【帰属】

読み方:きぞく

[名](スル)

特定の組織体などに所属し従うこと。「国家への—意識

物・権利などが、特定の人団体・国などの所有となること。「領土の—問題」「国庫に—する」


帰属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/05 01:19 UTC 版)

心理学における帰属(きぞく)とは、出来事や他人の行動や自分の行動の原因を説明する心的過程のこと、すなわち誰かもしくは何かのせいにすることである。社会心理学における構成概念の一つである。このプロセスを説明するモデルを帰属理論(attribution theory)といい[1] 、ある事象の原因を何に求めるのかという帰属過程がどのように行われるのかを理論化したものである。


  1. ^ Kassin; Fein; Markus (2010). Social Psychology (Eighth international ed.). Wadsworth: Cengage Learning. ISBN 978-0-8400-3172-3 
  2. ^ a b 外山みどり 二宮克美、子安増生(編)「帰属理論」『キーワードコレクション 社会心理学』新曜社 2011 ISBN 9784788512368 pp.18-21.
  3. ^ a b c d 中村陽吉『新 心理学的社会心理学:社会心理学の100年』 ブレーン出版 2006年 ISBN 489242840X pp.97-100.
  4. ^ Aronson. Social Psychology 106-108
  5. ^ Jones and Davis (1965)
  6. ^ Kelley, 1972
  7. ^ Kelley, Attribution theory in social psychology. Levine, Nebraska Symposium on Motivation (Vol. 15, 192-238)
  8. ^ Hilton and Slugoski, 1986
  9. ^ Aronson. Social Psychology 113-114
  10. ^ Huffman, Psychology in Action 622
  11. ^ Ross, 1977
  12. ^ Gilovich, Medvec, & Savitsky (2000) "The spotlight effect in social judgment: An egocentric bias in estimates of the salience of one's own actions and appearance. Journal of Personality and Social Psychology, 78, 211-222
  13. ^ Jones and Nisbett, 1972
  14. ^ ^ Jones, E. E., & Nisbett, R. E. "The acter and the observer: Divergent perceptions of the causes of behavior" Attribution: Perceiving the Causes of Behavior
  15. ^ Gilbert and Malone, 1995
  16. ^ Pettigrew, 1979
  17. ^ Lerner, 1980
  18. ^ Roesch and Amirkham, 1997
  19. ^ Aronson. Social Psychology 123
  20. ^ Weary, G., & Edwards, J. A. (1994). Individual differences in causal uncertainty. Journal of Personality and Social Psychology, 67, 308-318.



帰属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/18 02:27 UTC 版)

マンチェスターの聖母」の記事における「帰属」の解説

制作者についてはミケランジェロ以外にもミケランジェロ助手であるとか、名前の知られていない追随者ないし模倣者とする説がある。20世紀後半にはミケランジェロ同じくギルランダイオ工房出身で、システィーナ礼拝堂でミケランジェロ助手務めたジュリアーノ・ブジャルディーニの名前がしばしば挙げられている。1941年にはロベルト・ロンギ(英語版)によって架空のマンチェスターの聖母画家」の作品として、他のミケランジェレスクの絵画とともにグループ化された。さらにその後1497年から1509年までミケランジェロ助手であったピエロPiero)またはピエトロ・ダルジェンティ(Pietro d'Argenti)として暫定的に特定された。ただし、ウィーン美術アカデミー円形の『聖母』とローマローマ国立近代美術館英語版)の『ピエタ』を含む他のループ絵画本作品と様式似ているものの、著しく劣っている

※この「帰属」の解説は、「マンチェスターの聖母」の解説の一部です。
「帰属」を含む「マンチェスターの聖母」の記事については、「マンチェスターの聖母」の概要を参照ください。


帰属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/22 14:45 UTC 版)

ドゴン諸語」の記事における「帰属」の解説

ドゴン諸語ニジェール・コンゴ語族結びつける証拠弱く、もし属していると仮定すると、ニジェール・コンゴ語族内での位置明確ではない[要出典]。さまざまな理論提案されており、グル諸語マンデ諸語含められたり、または独立した語群とされることもある(現在は独立した語群とする説優勢)。ドゴン諸語は、ニジェール・コンゴ語族言語多く特徴的な名詞クラスシステム(の残骸)も無く言語学者は、ニジェール・コンゴ語から非常に早く分岐した可能性が高い結論付けている[要出典] ロジャー・ブレンチは以下のようにコメントしている ドゴン諸語は、語彙的に構造的にも、他のほとんどのニジェール・コンゴ語族とは大きく異なる。ニジェール・コンゴ語の典型通常見なされる名詞クラス無くマンデ諸語イジョー諸語似た語順SOV)を持つが、これは他の分派には無い。フランス語似た語形変化システムは、周囲の言語はまった異なる。結果としてドゴン族祖先は非常に早く分岐した可能性があるが、現在の言語はおそらく3〜4000年前の起源反映しているドゴン諸語長らく同じ地に分布し続けており、地域内の移動はあったが、誕生時からマリこの地域にいたことを示唆しているまた、次のように言っている。 ドゴン諸語確かに十分に根拠のある首尾一貫したグループである。しかし、ニジェール・コンゴ語を特徴づける要素名詞クラス動詞的拡張両唇口蓋音)を持たず語彙には同根語ほとんど無い独立した語族である可能性もある。 Blench(2015)は、ドゴン諸語には、ナイル・サハラ祖語から比較早く分離したナイル・サハラ語の分派基層となっていると提案し暫定的にその分派を"Plateau"と呼んでいる。

※この「帰属」の解説は、「ドゴン諸語」の解説の一部です。
「帰属」を含む「ドゴン諸語」の記事については、「ドゴン諸語」の概要を参照ください。


帰属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/13 08:06 UTC 版)

共変モデル」の記事における「帰属」の解説

Hewstone and Jaspars(1987)によると、特定の状況での合意性弁別性一貫性レベルを評価することにより、人が個人的内部)、刺激外部)、または状況的帰属を行う可能性が高いかどうか判断できる。 低い合意性、低い弁別性、高い一貫性=個人の帰属 高い合意性、高い弁別性、高い一貫性=刺激の帰属 高い合意性、低い弁別性、低い一貫性=状況の帰属 マッカーサー研究1972を参照して次の例を考えてましょう。「ジョンコメディアンを笑うこの結果は、人(ジョン)の何か、刺激コメディアン)、状況その夜のコメディクラブ)によって引き起こされる可能性がある。 )、またはこれらの要因いくつかの組み合わせHewstone et al。、1987)。 ジョンだけがコメディアン笑っている合意性が低い)場合彼は他のコメディアンクラブでコメディアン笑っている一貫性が高い)、そして他のコメディアン笑っている弁別性が低い)場合、その効果は人(ジョン)。 誰もがコメディアン笑っている場合合意性が高い)、ジョン他のコメディアンクラブでコメディアン笑っている一貫性が高い)、他のコメディアン笑っていない(弁別性が高い)場合、その効果は何かが原因である見なされる刺激コメディアン)。 誰もがコメディアン笑っている合意性が高い)場合ジョン他のコメディクラブのコメディアン笑わず一貫性が低い)、クラブ他のコメディアン笑っている弁別性が低い)場合、その効果次の原因で発生していると見なされる状況の何か(その夜のコメディクラブ)。

※この「帰属」の解説は、「共変モデル」の解説の一部です。
「帰属」を含む「共変モデル」の記事については、「共変モデル」の概要を参照ください。


帰属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/19 17:47 UTC 版)

イカロスの墜落のある風景」の記事における「帰属」の解説

この作品は、おそらく、失われたブリューゲルによるオリジナル作品翻案であり、1560年代かその直後作品である。ブリューゲル他のキャンバス作品テンペラ描かれているのに対し、この作品油彩である。 『イカロスの墜落のある風景』は、ベルギー王立美術館1912年購入するまで、世に知られていなかった。その後パネル描かれ別のヴァージョン一般に劣っている考えられている)が発見され1953年にダニエル・ヴァン・ブレンが入手して私邸置いた。これが今日ブリュッセルのヴァン・ブレン美術館英語版となっている。こちらの版では、左と右の端は構図から切り取られており、イカロス水面墜ちているが、ダイダロスはまだ空中飛んでいる。羊飼いは、まっすぐにダイダロス見つめている。このことが、ベルギー王立美術館版の構図説明となっていることは前述のとおりである。オリジナル作品は、知られる限りでは唯一ブリューゲル神話的主題描いたものである。船と人物との遠近感は、完全に整合していないが、そのことがかえって構図に力を与えているともいえる。ブリューゲルは、船と墜落する2人人物描いた版画のための下絵制作している。 1912年ベルギー王立美術館本作品を購入してから、その真贋について専門家の間で意見分かれていた。偽作を疑う理由は主に2点で、(1)過度な上塗りのため質が低い、(2)ブリューゲル油彩作品全てパネルであるのに、本作品だけはキャンバス油彩である、ということである。 1963年、同美術館キュレーターであるフィリップ・ロバーツ=ジョーンズと、ブリューゲル専門家Geroges Marlierは、オリジナルのパネル画が、当時よく行われてたように後にキャンバス写されたのだという仮説立てた1998年ベルギー王立文化財機構ユトレヒト大学科学者混成チームが、キャンバス放射性炭素年代測定によって真贋問題解決しようとした。その結論は、ブリューゲル自身がこのキャンバス絵具置いたとは考えられないというものであった。これに対し2006年、J. Reisse教授は、技術的問題により、この測定結果意味がないとの論文発表した1973年に絵の右端から採取され青い絵具の試料について、走査型電子顕微鏡 (SEM)、エネルギー分散型X線分析 (EDX) を光学顕微鏡併用した再検査が行われた。その結果、絵の基底から表面向かって次のような層があること分かったキャンバス 油性鉛白接着剤藍銅鉱アズライト)を含む厚い油性チョーク下地 わずかに木炭を含む油性鉛白 藍銅鉱を含む青色油絵具 オリジナルの青絵具の下にチョーク下地あることから、この作品キャンバスの上に移し替えられたパネル作品であるとされるオリジナルの青色層は、黄土木炭粒子を含む鉛白藍銅鉱であり、ブリューゲルものであることが確実な他のパネル作品完全に一致する。さらに、木炭粒子が非常に長く針状尖っている点は特徴的なものであり、同じ美術館収蔵される『ベツレヘムの人口調査』(Volkstelling te Bethlehem)の絵具完全に一致する。 最近赤外線映像法を用いた下絵分析結果公表されたこの方法は、赤外線が黒を除く全ての色を貫通するという性質に基づいている。これにより、ほとんど黒色行われている下絵浮かび上がらせることができる。映像解釈主観的にならざるを得ない部分もあるが、概ね本作品の下絵他の確実なブリューゲル作品比べ大きく異ならないといえる下絵は、要素を大まかに配置する程度とどまっている。これは、白地に塗られ絵具詳細な描画覆い隠してしまったためかもしれない。この赤外線画像他の分析結果併せて導かれる結論次のようなものである。すなわち、ベルギー王立美術館の『イカロスの墜落のある風景』は、パネル油彩作品が、キャンバス移し替えられたというものである絵具層も、またおそらく下絵部分も、この時移し替えによって激しく損傷している。さらに、2回の修復作業損傷拡大しており、過度な上塗り原因となっている。それでも、絵具構成ブリューゲル大きなパネル作品見られる技法完全に一致することから、模倣者の手描かれたものとは考え難い(子ピーテル・ブリューゲル可能性はある)。他方、ヴァン・ブレン版は、技法異なっており、父ブリューゲルまたは子ブリューゲルいずれのものとも考えられない

※この「帰属」の解説は、「イカロスの墜落のある風景」の解説の一部です。
「帰属」を含む「イカロスの墜落のある風景」の記事については、「イカロスの墜落のある風景」の概要を参照ください。


帰属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/14 03:45 UTC 版)

モナ・リザ (プラド美術館)」の記事における「帰属」の解説

風景覆い隠した黒い絵具のために、16世紀第1四半期制作されレオナルド・ダ・ヴィンチ環境にある外国複製であると信じられていた。2011年までは、北方ヨーロッパフランドルオランダドイツ)の絵画関連する支持体オーク材パネル制作されたと考えられていたが、イタリアでオーク材用いられていなかった。しかし実施され調査では、実際にはイタリアで使用されレオナルド・ダ・ヴィンチが『白貂を抱く貴婦人』、『ラ・ベル・フェロニエール』、『洗礼者聖ヨハネ』などの様々な絵画使用したクルミ材であることが判明した。この調査結果混乱もたらし美術史家ホセ・マリア・ルイス・マネロ(José María Ruiz Manero)でさえ、1992年に「スペイン16世紀イタリア絵画」(Pintura italiana del siglo XVI en España)と題した論文で、16世紀フランドル画家によってフランスで制作され可能性非常に高い信じようになった一方フアン・J・ルナJuan J. Luna)はハンス・ホルバイン帰することが可能である考えた

※この「帰属」の解説は、「モナ・リザ (プラド美術館)」の解説の一部です。
「帰属」を含む「モナ・リザ (プラド美術館)」の記事については、「モナ・リザ (プラド美術館)」の概要を参照ください。


帰属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/14 09:17 UTC 版)

音楽家の肖像」の記事における「帰属」の解説

レオナルドへの帰属は何世紀にもわたって物議を醸していたが、現代美術史家は現在、『音楽家の肖像』をレオナルド真作1つ見なしている 。レオナルド作品帰属させることについての疑問は、絵画知られるようになってから、ほぼずっと存在している。アンブロジアーナ絵画館1672年目録最初に登場したときはレオナルドよるもの記載されていたが、1686年目録作品ベルナルディーノ・ルイーニよるものとした。この帰属はすぐに取消され、「むしろレオナルドよるもの」に変更された 。1798年、アンブロジアーナ絵画館本作を「ルイーニ派」に帰したが、すぐにレオナルドよるものとして再び記載された。 1672年最初に記載されたとき、「公爵依頼による作品望まれる完全な優雅さ」を有していると解説されていた が、これはモデルミラノ公爵ルドヴィーコ・スフォルツァであると考えられたことを意味しているルドヴィ―コは、絵画制作されたときにレオナルド雇用主であった公爵肖像画であるということは20世紀まで受け入れられ研究者たち肖像画がアンブロジアーナ絵画館にある『女性肖像』の対作品であると信じていた。『女性肖像』は現在、ジョヴァンニ・アンブロージョ・デ・プレディスに帰属されているが、当時はレオナルドによるベアトリーチェ・デステ、すなわちルドヴィーコの妻の肖像画であると考えられていた 。20世紀半ばレオナルド専門家であるアンジェラ・オッティーノ・デッラ・キエーザは、レオナルドへの帰属を支持した11人の研究者挙げた作品をアンブロージョ・デ・プレディスに帰したのは8人であった2人帰属の決定をしておらず1人レオナルドのもう1人弟子、ジョヴァンニ・アントニオ・ボルトラフィオの作品だと考えた肖像画依頼に関する現存する記録存在しないレオナルドへの帰属は、他の作品の様式的および技術的な類似性に基づいている。特にルーヴル美術館にある『岩窟の聖母』の天使の顔と、『荒野の聖ヒエロニムス』の聖ヒエロニムス顔であるレオナルドにより普及した様式ある肖像画の暗い背景は、『白貂を抱く貴婦人』、『ラ・ベル・フェロニエール』、『礼者聖ヨハネ』などの後の絵画見られるため、レオナルドへの帰属を促進するものである。特に『白貂を抱く貴婦人』は、 X線検査で『音楽家の肖像』と多くの様式類似点示しているレオナルドの様式に典型的な他の特徴としては、憂鬱な雰囲気繊細な目、曖昧な口元(ちょうど閉じたところか、もうすぐ開くように見える)、およびレオナルド以前肖像画、『ジネーヴラ・デ・ベンチの肖像』を彷彿とさせるカールした髪の毛挙げられる。さらにレオナルド特徴づけるのは、レオナルド好んで用い、かつ推奨した媒体であるクルミ材使用であるが、クルミ材当時ロンバルディア他の画家たちによって一般的に使用されてはいなかった。レオナルドへの帰属は、さまざまな程度拡張する音楽家目の瞳孔比較によってさらに裏付けられ画家の手稿の以下の箇所との関連指摘されている。 瞳孔は、(目に見える物体明るさ、ないし暗さによって拡張した収縮したりする。拡張した収縮したりするにはしばらく時間がかかるので、光の中から出て影の中に入るときはすぐには見ることできない逆の場合も然りである。そして、正にこのことは、目を描くときに私を欺き、そうして私は目の描き方学んだのだ。 絵画レオナルド作品ではないとする見解は、レオナルド通常の絵画の特徴ではない、その厳格でストイックな人物の物腰よる 。一部研究者はこれを絵画未完成である結果として捉えているが、他の研究者は衣服胴体弟子によって描かれたと提唱している。レオナルド他の画家協力得た場合、最も頻繁に挙げられる候補者はボルトラフィオとアンブロージョ・デ・プレディスであるが 、これは2人の様式が本作硬直した特質に近いためである美術史家のカルロ・ペドレッティによると、ボルトラフィオと、レオナルドの別弟子であるマルコ・ドッジョーノは、本作同じような目を描いており、どちらか本作レオナルド協力したかもしれないことを示唆している美術史家のピエトロ・マラーニは、レオナルド1480年代半ば弟子を持っていた可能性は低く、たとえ持っていたとしても、弟子公的人物、または個人的な友人肖像画制作協力するうなったことはなかっただろうと述べたマラーニ主張にもかかわらずレオナルド協力受けたかどうかに関して現代の研究者は一致した見解有しているわけではないツェルナーは、「現在、レオナルドが顔を制作したことは認められているが、上半身全体はボルトラフィオに帰せられる」と述べている。一方、サイソンによれば研究者の「かなりの少数派」だけが完全なレオナルドへの帰属に同意していない。全体としての絵画の制作者については議論があるものの、ほとんどの研究者は、少なくとも顔は完全にレオナルド制作であることに同意している 。

※この「帰属」の解説は、「音楽家の肖像」の解説の一部です。
「帰属」を含む「音楽家の肖像」の記事については、「音楽家の肖像」の概要を参照ください。


帰属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/03 14:01 UTC 版)

エラ・イートン・ケロッグ」の記事における「帰属」の解説

この記事には現在パブリックドメインとなったGardner, Washington (1913). HISTORY OF CALHOUN COUNTY MICHIGAN (Public domain ed.). p. 1350. https://archive.org/details/historycalhounc00gardgoog からの記述含まれています。 この記事には現在パブリックドメインとなったKellogg, John Harvey (1920). In Memoriam, Ella Eaton Kellogg (Public domain ed.). https://books.google.com/books?id=q4fhAAAAMAAJ からの記述含まれています。 この記事には現在パブリックドメインとなったLeonard, John William (1914). Woman's Who's who of America: A Biographical Dictionary of Contemporary Women of the United States and Canada, 1914-1915 (Public domain ed.). American Commonwealth Company. p. 449. https://archive.org/details/womanswhoswhoam00leongoog からの記述含まれています。 この記事には現在パブリックドメインとなったLiterary Century (1893). Michigan Woman's Press Association (Public domain ed.). Literary Century. https://books.google.com/books?id=hPHhAAAAMAAJ&pg=PA391 からの記述含まれています。

※この「帰属」の解説は、「エラ・イートン・ケロッグ」の解説の一部です。
「帰属」を含む「エラ・イートン・ケロッグ」の記事については、「エラ・イートン・ケロッグ」の概要を参照ください。


帰属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/11 04:02 UTC 版)

メークリンゲン」の記事における「帰属」の解説

メークリンゲン14世紀以降ヴュルテンベルクのアムト・グリューニンゲンに属し1718年からは1807年廃止されるまでオーバーアムト・グレーニンゲンに属したが、1762年からはオーバーアムト・ルートヴィヒスブルクと交互に帰属した。こうした状況は、1806年成立したヴュルテンベルク王国での新たな行政組織下においても変化はなく1934年まで継続した1934年にオーバーアムト・ルートヴィヒスブルクは、ルートヴィヒスブルク郡 (Kreis) と改名された。 ナチ時代ヴュルテンベルク行政改革によりこの町ルートヴィヒスブルク郡 (Landkreis) に属すこととなった。この第二次世界大戦後アメリカ管理地区ドイツ語版)の一部となり、このため1945年以降は新設されヴュルテンベルクバーデン州ドイツ語版英語版)に組み込まれた。この州は1952年現在のバーデン=ヴュルテンベルク州となった

※この「帰属」の解説は、「メークリンゲン」の解説の一部です。
「帰属」を含む「メークリンゲン」の記事については、「メークリンゲン」の概要を参照ください。


帰属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/03 07:27 UTC 版)

粛州区」の記事における「帰属」の解説

夏から戦国時代まで西羌戦国時代から漢初までは順に烏孫月氏匈奴三国時代は魏。 東晋時代、順に前涼前秦後涼西涼北涼領地西涼李暠はかつてこの地都とした。 唐の代宗広徳元年763年以降は吐蕃。 唐末から五代907年 - 960年)まで回鶻ウイグル)。 宋代西夏他の時期中央政権属した

※この「帰属」の解説は、「粛州区」の解説の一部です。
「帰属」を含む「粛州区」の記事については、「粛州区」の概要を参照ください。


帰属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/16 23:33 UTC 版)

デジタル・フォレンジック」の記事における「帰属」の解説

メタデータおよびその他のログ使用して特定のアクティビティ特定の個人に紐づけて個人識別する。つまり、例えコンピュータディスク内にある個人用文書ファイルメタデータよってその所有者識別するといったこと。

※この「帰属」の解説は、「デジタル・フォレンジック」の解説の一部です。
「帰属」を含む「デジタル・フォレンジック」の記事については、「デジタル・フォレンジック」の概要を参照ください。


帰属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/26 04:56 UTC 版)

巨人 (絵画)」の記事における「帰属」の解説

2008年6月18世紀絵画ゴヤのチーフキュレーターであるマヌエラ・メナ(スペイン語版)を擁するプラド美術館は、その絵が「ほぼ完全確実にゴヤとは違っており、彼の友人共同制作者でもあったアセンシオ・フリア作品とするプレスリリース発表した2009年1月行われた分析では、この絵がゴヤ弟子のうちの1人確実にその人物がフリアだとは述べられなかったものの)の作品であることが結論付けられた。 ナイジェル・グレンディニングはこの絵がアセンシオ・フリアによって書かれたとする考え否定しメナ見解支持する議論は「全く主観的」なもので、メナが「A.J」の署名だと主張するブラシストロークは実際にはこの絵画古い写真見られる目録番号176最初の桁数字だと主張している。それはまた、これら古い写真中にある別の数字18見ることもできる。この数は画家の妻ホセーファ・バイユー(英語版死後の1812年実施されゴヤ作品目録にある絵画使われた名前「巨人(Giant)」の説明使われていた文章18番ジャイアント」を示唆するものである。 2012年に、ヘスサ・ベガは「『巨人』はフランシスコ・デ・ゴヤよるものである」という題名記事発表しゴヤによって描かれ数字8の様々なストロークが『巨人』で見られるそれとどのくらい対応するかを彼女は示したベガは、この絵のゴヤ著作最初の疑念投げかけ基本的前提拒否そのうえで彼女はプラドによって行われた研究の他の発見全てゴヤによって描かれた絵だと示されたことを見せた。これらには、顔料綴じ紐分析使用され芸術的技法評価絵画テーマ構成含んでおり、そしてゴヤ他作品黒い絵」との類似性含んでいた。 2009年に、美術史家のヴァレリアーノ・ボサル(スペイン語版)はメナプレスリリース見た後、「この報告決定的なものではない」と述べた。そして彼は後にコンセンサス達することを目的とする国際専門家会議開催しようとするも成し遂げられず、「ゴヤ著作権は、弱くて見当違い証拠に基づいて削除されました。この絵画遺産決定的な証拠もないのに台無しにされています」 と2010年6月公言した他にも学者修復家、そしてプラドの元理事に、自分達はメナ仮説同意しない表明する者がいる。 この議論一方で、マヌエラ・メナはA. J.の文字アセンシオ・フリア署名であると断定的に結論付けることを否定した、それはこの絵画バレンシア画家への帰属を支持している主な論拠一つでもある2009年3月、ナイジェル・グレンディニングとヘスサ・ベガは学術誌Goya』に「プラド美術館による『巨人』のリスト削除試み失敗したのか?」 と題する記事発表し、彼らは記事内でメナレポートの方法論議論疑問投げかけている。 要約すると、このレポート提唱された『巨人』のリスト削除支持する議論は、説得力がないだけでなく、作られたエラー使用され詭弁のせいで最終的にはスキャンダルとなる。この形式文書プラド保護下公開することは、あたかもその機関が既にその結論受け入れているかのようであり、社会美術館寄せ信頼疑念呼んでしまう深刻な間違いである。 2001年以降、ジュリエット・ウィルソン=ベロー英語版)とマヌエラ・メナは、ゴヤ息子ハビエルがそれを描いたとの前提で、この絵画ゴヤ著作疑問抱いていた。さらに、彼女たちは『ボルドー乳搾りの女』を弟子女流画家ロサリオ・ウェイス(英語版)によるものとしている。しかしながら、「1900年ゴヤ博覧会からの割り当て問題」と題された記事にて、ナイジェル・グレンディニングと当時プラド美術館館長フェルナンド・チェカはこれらの主張否定している。2004年、ナイジェル・グレンディニングはまた「ゴヤの『巨人』とその時代の愛国的な詩」と題する記事発表し、絵に表現されている巨人に関するゴヤ思想と、ナポレオンスペイン侵攻によって引き起こされた、戦争生き延びた人達中に強い愛国心喚起する文学作品との間にある関係を確立した。もしも『巨人』が後に描かれたならばこの思想連結存在しなかったものであり、それはグレンディニングウィルソンベローメナ仮説反論するために使った論拠である。この仮説は、1812年死去したゴヤの妻ホセーファ・バイユーの遺産目録からこの絵画遠ざけようとした。その目録には『巨人』と同じ寸法の絵がリスト掲載してあって、「巨人(Giant)」と呼ばれるそれは伝統的に同じ絵画だと認識されてきた。 2009年7月スペインの大学多数ゴヤ専門家は、美術史研究における科学的手法使用守って巨人』をゴヤ帰属にするという、ナイジェル・グレンディニングの宣言支持して署名した。 絵を所有するプラド美術館は、2019年1月時点で巨人』はゴヤ作品ではないという見解崩していない。プラド公式ウェブサイトの『巨人』のページには、以下の説明付されている。 2008年までゴヤ帰属とされていた新たな美術史研究技法研究が、特に左下隅で「A. J.」と暫定的に読めるマークを受けて、この絵画帰属の再考促した。それらは、ゴヤ友人時には共同制作者だったアセンシオ・フリア言及するものかもしれない。...(中略不確実で繰り返すような筆づかい小さい人物が濃すぎる色で風景巨人両方どんよりした照明ゴヤ完璧な技法とはかけ離れてしまっている。 — MUSEO NACIONAL DEL PLADO

※この「帰属」の解説は、「巨人 (絵画)」の解説の一部です。
「帰属」を含む「巨人 (絵画)」の記事については、「巨人 (絵画)」の概要を参照ください。


帰属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 22:11 UTC 版)

台北捷運環状線」の記事における「帰属」の解説

第1期全線台北市経由せず、新北市内のみに属すことから報道新北市政府広報資料などで「新北捷運環状線」、「新北環状線」などの表記なされることもあるが、新北捷運路線ではなく単に「新北(市の)環状線という意味合いにすぎない厳密に建設費のうち地方分担分は新北市政府負担し建設中監督入札業務台北市政府捷運工程局請け負った運行運営業務2019年元日から第1期開業までの試運転期間、および正式開業日から起算して3年間は台北捷運公司請け負っている。 開業半年乗客数想定の4割にとどまっていることや、市政府の予算から台北捷運公司委託料を支払っていることから新北市長侯友宜経営改善のために2023年までの運営委託を前倒し回収し新北市政府直営、すなわち新北捷運公司への移管目指すことも示唆した2021年両市長は会談で「1つ事業者全区間を運営すること」で一致したためこの対立は一旦決着したものの、2022年6月侯友宜新北市議会での答弁で、「台北・新北副市長2022年1月30日委託契約満了後は第2期区間完成まで新北捷運運営移管すること、環状線運営関わる台北捷運人員移籍することで5月に合意していること」を述べた2023年1月31日以降第2期区間延伸後の経営について完工開業予定1年前改め両市による協議となる。

※この「帰属」の解説は、「台北捷運環状線」の解説の一部です。
「帰属」を含む「台北捷運環状線」の記事については、「台北捷運環状線」の概要を参照ください。


帰属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/17 19:38 UTC 版)

ほつれ髪の女」の記事における「帰属」の解説

現代の研究者は『ほつれ髪の女』がレオナルド・ダ・ヴィンチ作品であることに一般的に同意している。帰属は『ジネーヴラ・デ・ベンチの肖像』(Ginevra de' Benci)、『音楽家の肖像』(Portrait of a Musician)、『白貂を抱く貴婦人』(Lady with an Ermine)、『洗礼者聖ヨハネ』(Saint John the Baptistのような他のレオナルドの絵画ほど広く受け入れられはおらず何人か美術史家から無視され多くの人はそれにコメントすることさえ控えている美術史家マーティン・ケンプ英語版)とフランク・ツェルナー(英語版)はレオナルドの絵画のカタログから作品除外し美術館キュレーターであるルーク・サイソン(Luke Syson)はレオナルド多くの弟子1人よるもの提案している。 帰属に関する疑い最近のものではなく1896年パルマ国立美術館館長コラード・リッチ(イタリア語版)は、元の所有者であるガエターノ・カッラーニの偽造主張したが、「レオナルド派」に再帰属した1924年にこの主張異議唱えたのは美術史家アドルフォ・ヴェントゥーリ(英語版であったヴェントゥーリ作者レオナルドであると主張しゴンザーガ家結びつけようとした証拠明らかにした。レオナルド・ダ・ヴィンチへの帰属はさらに、この絵画パトロンであったイザベラ・デステ結びつけたカルロ・ペドレッティ(英語版)によって主張された。それ以来、ほとんどの学者レオナルド直筆作品であると認めているが、美術史家ジャック・フランク(Jacques Franck)などの現代批評家はその信憑性疑問抱き続けている。フランク女性不規則なプロポーション奇妙な形の頭蓋骨疑問視し、弟子ジョヴァンニ・アントーニオ・ボルトラッフィオ英語版)の絵画であると提案した。また彼女はほつれ髪の女』とボルトラッフィオ作品聖母幼児キリスト頭部』との類似指摘している。レオナルドの別弟子であるベルナルディーノ・ルイーニ女性の顔の描写に基づいて作者として提案されている。ルーヴル美術館2003年)、ミラノ2014年–2015年)、ニューヨーク2016年)、パリ2016年)、ナポリ2018年)、ルーヴル美術館2019年2020年)での主要な展覧会では、すべてレオナルド作品として展示されている。

※この「帰属」の解説は、「ほつれ髪の女」の解説の一部です。
「帰属」を含む「ほつれ髪の女」の記事については、「ほつれ髪の女」の概要を参照ください。


帰属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/24 14:09 UTC 版)

聖母子 (ドゥッチョ、メトロポリタン)」の記事における「帰属」の解説

ニューヨークコロンビア大学美術史教授である故ジェームズ・ベックは、メトロポリタン美術館1300年制作とするドゥッチョの『聖母子』は、様式的な根拠に基づいて19世紀芸術家作品か、偽造者の作品であると信じていた。ベックは、絵画の質の低さ、および1300年当時にはまだ登場していなかったとベック主張した内容的要素を指摘したベック次のように述べている。「控えめな小さな絵は、聖母子前に欄干設置することで西洋絵画未来へ飛躍を表すと、私たち信じよう求られている。この特徴中世絵画ではなくルネサンス絵画の特徴であり、絵画推定制作年から100年後にようやく生まれものである・・・」 。ベック結論は、2007年著書ドゥッチョからラファエロへ:危機にある鑑定』に掲載されロンドン・ナショナル・ギャラリーにある絵画、『カーネーションの聖母』のラファエロへの帰属についても異議唱えている。 メトロポリタン美術館ヨーロッパ絵画キュレーターであるキース・クリスティアンセンは、ベック主張異議唱えている。画家による他の既知の作品関連させた本作の様分析に加えて美術館木製パネル構造下絵顔料組成を含む絵画徹底的な調査実施したが、それらがドゥッチョへの帰属と約1300年制作年一致するものであると、クリスティアンセン述べている。また、他の誰もが作品品質革新の印と見なしているものを、ベック弱点見なしている。絵画時期信憑性を疑う理由はない。」とも言っている。

※この「帰属」の解説は、「聖母子 (ドゥッチョ、メトロポリタン)」の解説の一部です。
「帰属」を含む「聖母子 (ドゥッチョ、メトロポリタン)」の記事については、「聖母子 (ドゥッチョ、メトロポリタン)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「帰属」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

帰属

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 01:48 UTC 版)

名詞

きぞく

  1. 物や人が、あるものに、すること。
  2. 財産権利などが、特定の人や国のものになること。

関連語

動詞

活用

サ行変格活用
帰属-する

翻訳

物や人があるもの属すること
財産権利などが特定の人や国のものになること

「帰属」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



帰属と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

帰属のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



帰属のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの帰属 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのマンチェスターの聖母 (改訂履歴)、ドゴン諸語 (改訂履歴)、共変モデル (改訂履歴)、イカロスの墜落のある風景 (改訂履歴)、モナ・リザ (プラド美術館) (改訂履歴)、音楽家の肖像 (改訂履歴)、エラ・イートン・ケロッグ (改訂履歴)、メークリンゲン (改訂履歴)、粛州区 (改訂履歴)、デジタル・フォレンジック (改訂履歴)、巨人 (絵画) (改訂履歴)、台北捷運環状線 (改訂履歴)、ほつれ髪の女 (改訂履歴)、聖母子 (ドゥッチョ、メトロポリタン) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの帰属 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS