ラファエロとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 家屋 > 建築家 > ラファエロの意味・解説 

ラファエロ【Raffaello Santi/Raffaello Sanzio】


ラファエロ

名前 RaffaelloRafaelo

ラファエロ・サンティ

(ラファエロ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/23 23:50 UTC 版)

ラファエロ・サンティ: Raffaello Santi[注釈 1]1483年4月6日 - 1520年4月6日[2])は、盛期ルネサンスを代表するイタリア画家建築家。一般的には単にラファエロと呼ばれ、日本ではラファエッロ、ラファエルロなどという表記のゆれが見られる。ラファエロの作品はその明確さと分かりやすい構成とともに、雄大な人間性を謳う新プラトン主義を美術作品に昇華したとして高く評価されており、レオナルド・ダ・ヴィンチミケランジェロとともに、盛期ルネサンスの三大巨匠といわれている[3]


注釈

  1. ^ 「ラファエロ・ダ・ウルビーノ」(Raffaello da Urbino)、「ラファエロ・サンツィオ・ダ・ウルビーノ (Rafael Sanzio da Urbino)」などとも表記される。「サンティ」もラテン語表記の「サンティウス (Santius)」と表記されることがある。また、ラファエロ自身が書類などに署名する際にはラテン語の「ラファエル・ウルビナス (Raphael Urbinas)」を使用していた[1]
  2. ^ ユリウス2世はとくに読書家というわけではなかった。その死後に残された書籍は220冊で、当時としてはそれなりの蔵書数だったが専用の図書室が必要なものではなかった。壁に書架もなかったこの専用図書館名は1527年のローマ略奪で破壊されてしまった [33]
  3. ^ 「イル・バヴィエラ (Il Baviera)」は「バイエルン人 (the Bavarian)」を意味すると考えられる。当時のローマにはドイツ出身の画家も多く、もしカロッチもドイツ出身だったとすれば、1527年のローマ略奪時にマルカントニオから多くの版画原版の銅板を奪ったことの説明になりうる。[71]
  4. ^ マルガリータ・ルティの肖像画と考えられている『ラ・フォルナリーナ』には左胸に右手を添えた女性が描かれている。美術史家や研究者のなかには、このポーズは愛情を表す古典的なポーズを装っているが、ルティが乳がんに罹患しており胸部に腫瘍があることを表現しているのだと考える者もいる[75]
  5. ^ 多くの美術史家や研究者がヴァザーリが記録しているこの死因を否定している。17世紀から18世紀のイタリア人医師ベルナルディーノ・ラマツィーニは1700年の著書『働く人の病 (De morbis artificum)』で、当時の画家たちが「座り続ける暮らしを送っており、その結果うつ病になる」ことがよくあり「水銀や鉛が含まれた絵具」を使用していたために短命だったとし、1915年にブファラーレは「肺炎か腸チフス」、ポルティグリオッティは「肺疾患」、ヨアニデスは「働きすぎによる過労」だったとしている。またラファエロが死去した年齢にも複数の説があり、ラファエロと同時代のイタリア人貴族マルカントニオ・ミヒル (en:Marcantonio Michiel) は34歳、パンドルフォ・ピコやジローラモ・リッポマーノは33歳説をそれぞれ唱えている[76]
  6. ^ イギリス Amazon で「ルネサンス」関連のベストセラー上位25冊のうち、タイトルに入っている名前としてはレオナルドが5冊、ミケランジェロが3冊、そしてラファエロが1冊となっている[86]

出典

  1. ^ Gould p.207
  2. ^ Jones and Penny, p. 1 and 246. ラファエロは37歳の誕生日に死去した。複数の記録によれば、ラファエロは生誕日、死去日はどちらも聖金曜日となっているためだが、異説もある。
  3. ^ See, for example Honour, Hugh; John Fleming (1982). A World History of Art. London: Macmillan. p. 357 
  4. ^ Vasari, p. 208, 230 and passim.
  5. ^ Urbino: The Story of a Renaissance City By June Osborne, p.39 on the population, as a "few thousand" at most; even today it is only 15,000 without the students of the University
  6. ^ Jones and Penny, pp. 1 - 2
  7. ^ Vasari:p. 207 & passim
  8. ^ Jones & Penny:204
  9. ^ Vasari, at the start of the Life. Jones & Penny:5
  10. ^ アシュモレアン博物館 Image”. z.about.com. 2007年12月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年8月15日閲覧。
  11. ^ Jones and Penny: pp. 4 - 5, p. 8 and 20
  12. ^ Simone Fornari in 1549-50, see Gould:207
  13. ^ Jones & Penny:8
  14. ^ Jones & Penny:2-5
  15. ^ contrasting him with Leonardo and Michelangelo in this respect. Wölfflin:73
  16. ^ ミシェル・フイエ『イタリア美術』文庫クセジュ、白水社2012年、60頁。
  17. ^ Jones and Penny:17
  18. ^ 1789年の地震で大きな損傷を受けた。
  19. ^ Dates are taken from the Vatican Pinacotheca website
  20. ^ Jones and Penny:pp. 5 - 8
  21. ^ One surviving preparatory drawing appears to be mostly by Raphael; quotation from Vasari by - Jones and Penny:p. 20
  22. ^ Image”. szepmuveszeti.hu. 2012年8月16日閲覧。
  23. ^ Gould:207-8
  24. ^ Jones and Penny:5
  25. ^ National Gallery, London Jones & Penny:p. 44
  26. ^ Jones & Penny:21-45
  27. ^ Vasari, Michelangelo:251
  28. ^ Jones and Penny:p. 43
  29. ^ Jones & Penny:44-47, and Wöllflin:79-82
  30. ^ The Royal Collection. “Gold ring with an onyx cameo of Ariadne”. royalcollection.org.uk. 2010年8月26日閲覧。
  31. ^ Jones & Penny:49, differing somewhat from Gould:208 on the timing of his arrival
  32. ^ Vasari:247
  33. ^ Jones & Penny:4952
  34. ^ Jones & Penny:49
  35. ^ Jones & Penny:49-128
  36. ^ Following The School of Athens, "Who is Who?" Archived 2006年7月15日, at the Wayback Machine. by Michael Lahanas
  37. ^ Jones & Penny:101-105
  38. ^ Blunt:76, Jones & Penny:103-5
  39. ^ Levey, Michael; Early Renaissance, p.197 ,1967, Penguin
  40. ^ Jones & Penny:p. 163
  41. ^ Jones & Penny:pp. 133 - 147
  42. ^ Jones & Penny:pp. 192 - 197
  43. ^ Jones & Penny:pp. 235 - 246
  44. ^ Craig Hugh Smyth, Mannerism & Maniera, 1992, IRSA Vienna, ISBN 3-900731-33-0
  45. ^ Jones and Penny:pp. 146 - 147, 196-197, and Pon:pp. 82 - 85
  46. ^ Jones and Penny:p. 147, 196
  47. ^ Vasari, Life of Polidoro online in English Maturino for one is never heard of again
  48. ^ Vasari:p. 207, 231
  49. ^ See for example, the en:Raphael Cartoons
  50. ^ Jones & Penny:pp. 163 - 167 and passim.
  51. ^ The direct transmission of training can be traced to some surprising figures, including Brian Eno, Tom Phillips and Frank Auerbach (Tomphillips.co.uk)
  52. ^ Vasari (full text in Italian) pp197-8 & passim; see also Getty Union Artist Name List entries
  53. ^ Jones & Penny:pp. 215 - 218
  54. ^ Jones & Penny:pp. 210 - 211
  55. ^ Jones & Penny:pp. 221 - 222
  56. ^ Jones & Penny:p. 219 - 220
  57. ^ Jones and Penny:p. 226 - 234; Raphael left a long letter describing his intentions to the Cardinal, reprinted in full on pp.247 - 248.
  58. ^ Jones & Penny:pp. 224(quotation) - 226
  59. ^ Jones & Penny:205 The letter may date from 1519, or before his appointment
  60. ^ GB Armenini (1533-1609) De vera precetti della pittura(1587), quoted Pon:p. 115
  61. ^ Jones & Penny:p. 58 & ff; 400 from Pon:p. 114
  62. ^ Ludovico Dolce (1508-68), from his L'Aretino of 1557, quoted Pon:p. 114
  63. ^ quoted Pon:p. 114, from lecture on The Organization of Raphael's Workshop, pub. Chicago, 1983
  64. ^ Not surprisingly, photographs do not show these well, if at all. Leonardo sometimes used a blind stylus to outline his final choice from a tangle of different outlines in the same drawing. Pon:pp. 106-110.
  65. ^ Lucy Whitaker, Martin Clayton, The Art of Italy in the Royal Collection; Renaissance and Baroque, p.84, Royal Collection Publications, 2007, ISBN 978-1-902163-29-1
  66. ^ Pon:p. 104
  67. ^ National Galleries of Scotland
  68. ^ Pon:102. See also a lengthy analysis in: Landau:118 ff
  69. ^ The enigmatic relationship is discussed at length by both Landau and Pon in her Chapters 3 and 4.
  70. ^ Pon:86-87 lists them
  71. ^ Jones and Penny:82, see also Vasari
  72. ^ Pon:pp. 95 - 136 & passim; Landau:pp. 118 - 160, and passim
  73. ^ Lucretia”. メトロポリタン美術館. 2010年8月26日閲覧。
  74. ^ a b Vasari:pp. 230 - 231
  75. ^ "The Portrait of Breast Cancer and Raphael's La Fornarina", The Lancet, December 21, 2002/December 28, 2002.
  76. ^ Shearman:p. 573.
  77. ^ Vasari:p. 231
  78. ^ André Chastel, Italian Art,p. 230, 1963, Faber
  79. ^ Walter Friedländer, Mannerism and Anti-Mannerism in Italian Painting, p. 42 (Schocken 1970 edn.), 1957, Columbia UP
  80. ^ Blunt:76
  81. ^ See Jones & Penny:pp. 102 - 104
  82. ^ The 1772 Discourse Online text of Reynold's Discourses The whole passage is worth reading.
  83. ^ Wölfflin:p.82,
  84. ^ Ruskin, Pre-Raphaelitism, S. 127 online at Project Gutenburg
  85. ^ Berenson, Bernard, Italian Painters of the renaissance, Vol 2 Florentine and Central Italian Schools, Phaidon 1952 (refs to 1968 edn), p.94
  86. ^ Bestsellers in Renaissance”. Amazon.com. 2010年8月26日閲覧。



「ラファエロ」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ラファエロと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ラファエロのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ラファエロのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのラファエロ・サンティ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS