ニンフとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > ニンフの意味・解説 

nymph

別表記:ニンフ

「nymph」とは・「nymph」の意味

「nymph」とは、主に二つの意味がある。一つ目は、ギリシャ神話ローマ神話登場する自然の精霊、特に水辺に住む美しい女性の姿をした精霊である。二つ目は、昆虫幼虫のことを指す。特に、カメムシバッタなどの直翅目半翅目昆虫幼虫を指すことが多い。

「nymph」の発音・読み方

「nymph」の発音は、IPA表記では/nɪmf/であり、IPAカタカナ読みでは「ニムフ」となる。日本人発音するカタカナ英語では「ニンフ」と読むことが一般的である。

「nymph」の定義を英語で解説

A nymph is a mythological spirit or deity in ancient Greek and Roman mythology, usually depicted as a beautiful young woman associated with nature, such as forests or bodies of water. In entomology, a nymph refers to the immature form of some insects, particularly those of the orders Orthoptera and Hemiptera, such as grasshoppers and stink bugs.

「nymph」の類語

「nymph」に関連する類語としては、以下のようなものがある。例えば、ギリシャ神話ローマ神話における精霊の意味では、「dryad」(樹木の精)、「naiad」(河川の精)、「oceanid」(海の精)などが挙げられる昆虫幼虫の意味では、「larva」(幼虫)、「pupa」(さなぎ)が類語として考えられる

「nymph」に関連する用語・表現

「nymph」に関連する用語表現としては、「nymphomania」(色情狂)、「nymphette」(若くて魅力的な女性)などがある。これらの用語は、元々の「nymph」の意味から派生した言葉である。

「nymph」の例文

1. The ancient Greeks believed in nymphs as nature spirits.(古代ギリシャ人は、自然の精霊としてニンフを信じていた。) 2. The nymphs were often depicted as beautiful young women.(ニンフは、美し若い女性として描かれることが多かった。) 3. Nymphs were associated with various natural elements, such as forests, rivers, and oceans.(ニンフは、や川、海など様々な自然要素関連していた。) 4. In entomology, a nymph refers to the immature form of certain insects.(昆虫学では、ニンフは特定の昆虫未成熟形態を指す。) 5. Grasshoppers and stink bugs are examples of insects that have a nymph stage.(バッタカメムシは、ニンフの段階を持つ昆虫の例である。) 6. The nymph stage is an important part of the insect's life cycle.(ニンフの段階は、昆虫の生活サイクル重要な部分である。) 7. Nymphs of some insects resemble their adult forms, but without fully developed wings.(一部昆虫のニンフは、成虫似ているが、完全に発達した翅がない。) 8. The term "nymphomania" is derived from the mythological concept of nymphs.(「色情狂」という言葉は、神話上のニンフの概念から派生している。) 9. A dryad is a type of nymph associated with trees.(ドリュアスは、樹木関連するタイプのニンフである。) 10. Naiads and oceanids are types of nymphs associated with water.(ナイアスオケアニスは、関連するタイプのニンフである。)

ニンフ【nymph】

読み方:にんふ

ギリシャ神話で、川・泉・谷山・樹木などの精。若く美しい女性で、歌や踊りを好む。

不完全変態をする昆虫幼虫

「ニンフ」に似た言葉

ニンフ 【Nymphe】

ギリシア神話出てくる山川草木の精、またはその擬人化女神ゼウスの娘ともいわれる宿る所により異なる名をもつ。ナーイアデスは川や泉の、オレイアデスは山の、アルセイデスの、ドリュアデス樹木のニンフ。歌や踊り好みディオニュソスバッカスに従ってサチュロスたちと共に踊り狂う。また彼女たちの住む泉のを飲むと予言力与えられるという言い伝えもある。

ニンフ (曖昧さ回避)

(ニンフ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/02 14:52 UTC 版)

ニンフ (Nymph) は、ギリシア神話に登場する精霊女神を意味するニュンペー英語読み、ニンフェ(ニュンフェ、Nymphe)はドイツ語読み。以下はこれにちなむ。




「ニンフ (曖昧さ回避)」の続きの解説一覧

ニンフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/14 20:58 UTC 版)

ドラゴンラージャの用語一覧」の記事における「ニンフ」の解説

様々な場所に宿り周囲管理する

※この「ニンフ」の解説は、「ドラゴンラージャの用語一覧」の解説の一部です。
「ニンフ」を含む「ドラゴンラージャの用語一覧」の記事については、「ドラゴンラージャの用語一覧」の概要を参照ください。


ニンフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/22 05:19 UTC 版)

ニンフォレプシー」の記事における「ニンフ」の解説

ニンフは自然界における女性精霊精神として知られており、森林、川、泉、牧草地、山、海など自然の中のさまざまな側面小さな女神だった。彼女らはしばしば、彼女ら支配する何らかの自然形態象徴する美し若い女性として描かれた。ニンフはほとんどの場合ゼウス、川のオーケアノス、またはガイアの娘として描写され何年もの間、その他の様々な神や女神たち彼女らの親として扱われてきた。多く神々には、様々なニンフの仲間がいるとも言われている。例えば、アルテミス狩猟仲間としてニンフと組むと知られており、ポセイドーンはしばしネーレーイス呼ばれる海のニンフを伴い、ニンフの手メイドオリンポス女神たち召使いとして一般的な仲間だった。オーケアニスネーレーイス等級のような最も年上のニンフたちは、不死女神として知られていたが、ほとんどのニンフたちは非常に長く生きる寿命有限だった。

※この「ニンフ」の解説は、「ニンフォレプシー」の解説の一部です。
「ニンフ」を含む「ニンフォレプシー」の記事については、「ニンフォレプシー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ニンフ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ニンフ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/07 02:10 UTC 版)

語源

英語 nymph

発音

に↘んふ

名詞

ニンフ

  1. (ギリシア神話) 美少女姿をした、歌や踊り好む森・山などの精霊ニュンペー
  2. (昆虫学) さなぎ経ず成虫となる昆虫幼虫

翻訳


「ニンフ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ニンフと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ニンフ」の関連用語

ニンフのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ニンフのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2024 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのニンフ (曖昧さ回避) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのドラゴンラージャの用語一覧 (改訂履歴)、ニンフォレプシー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのニンフ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS