幼虫とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > > > 幼虫の意味・解説 

よう‐ちゅう〔エウ‐〕【幼虫】

読み方:ようちゅう

昆虫クモなどの幼生完全変態をする昆虫ではさなぎになるまで、不完全変態昆虫では成虫になるまでの段階をいう。

「幼虫」に似た言葉

幼虫

作者竹河聖

収載図書チャイルド異形コレクション 7
出版社広済堂出版
刊行年月1998.11

収載図書幼虫
出版社白泉社
刊行年月2001.6


幼虫

作者稲葉真弓

収載図書私がそこに還るまで
出版社新潮社
刊行年月2004.10


幼虫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/02 03:05 UTC 版)

幼虫(ようちゅう)は、昆虫クモ類多足類(ムカデ類は除く)など陸生節足動物幼生の総称である[1]から産まれて成虫になるまで(の期間がある場合はそれ以前)の間の成長過程のものを指す。昆虫においては、特に完全変態のものに限って幼虫といい、不完全変態の幼生を若虫(わかむし)といって区別することがある[1]。そのなかでも、等翅目では、初期の翅原基が外部から認められないものを幼虫、後期の翅原基が外部から現れたものを若虫と区別し、総翅目ではさらに若虫の前に翅原基を生じるが、その段階を前若虫と呼ぶ[2]


  1. ^ a b 『岩波生物学辞典』P.1426a「幼虫」
  2. ^ 『岩波生物学辞典』P.1507h-1508「若虫」
  3. ^ 『岩波生物学辞典』P.1282h-1283「ベルレーゼ説」


「幼虫」の続きの解説一覧

幼虫 (ボウフラ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/11 16:25 UTC 版)

「カ」の記事における「幼虫 (ボウフラ)」の解説

幼虫は全身使って棒を振るような泳ぎすることから、古名の「棒振り」「棒振り」が訛ってボウフラ孑孒孑孑となった地方によっては「ボウフリ」の呼称が残る。ボウフラ定期的に水面浮上して空気呼吸をしつつ、水中水底摂食活動を行う。呼吸管の近くにある呼吸のためではなく塩分調節使われる考えられている。

※この「幼虫 (ボウフラ)」の解説は、「カ」の解説の一部です。
「幼虫 (ボウフラ)」を含む「カ」の記事については、「カ」の概要を参照ください。


幼虫(Larva)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 14:38 UTC 版)

バイオハザード3 LAST ESCAPE」の記事における「幼虫(Larva)」の解説

ドレインディモスブレインサッカーの卵から孵化したクリーチャー

※この「幼虫(Larva)」の解説は、「バイオハザード3 LAST ESCAPE」の解説の一部です。
「幼虫(Larva)」を含む「バイオハザード3 LAST ESCAPE」の記事については、「バイオハザード3 LAST ESCAPE」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「幼虫」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

幼虫

出典:『Wiktionary』 (2021/08/08 08:40 UTC 版)

名詞

  (ようちゅう)

  1. 昆虫、くも、多足類などの陸生節足動物幼生総称

翻訳


「幼虫」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



幼虫と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「幼虫」の関連用語

幼虫のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



幼虫のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの幼虫 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのカ (改訂履歴)、バイオハザード3 LAST ESCAPE (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの幼虫 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS