完全変態とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 様子 > > 完全変態の意味・解説 

完全変態

読み方:かんぜんへんたい

昆虫成虫になる過程となり完全に姿を変える現象を指す語。カブトムシなどが完全変態を行う。

かんぜん‐へんたい〔クワンゼン‐〕【完全変態】

読み方:かんぜんへんたい

昆虫が卵・幼生のほかにさなぎの段階経てから成虫になること。チョウなどにみられる。→不完全変態


完全変態

英訳・(英)同義/類義語:Complete metamorphosis

昆虫の変態様式で、時期経過するもの。経過しない変態不完全変態
「生物学用語辞典」の他の用語
現象や動作行為に関連する概念:  学習  孵化  完了行動  完全変態  実験  寄生  寛容原

完全変態

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/01 16:15 UTC 版)

完全変態(かんぜんへんたい、英:Holometabolism)とは、幼虫成虫という昆虫のライフステージ(変態様式)である。を挟んで幼虫成虫の形態は大きく異なる。完全変態は完全変態亜節共有派生形質である。幼虫と成虫の形態と行動は別々の活動に適応している。例えば幼虫の形質は摂食と成長に最大限効果を発揮するが、成虫の形質は移動、交尾、産卵に最大限効果を発揮する。いくらかの完全変態の種では幼虫が成虫との競争を避けるために別のニッチに存在する。完全変態する昆虫の一部は子を守り、給餌する。なお、昆虫における他の変態の様式には無変態不完全変態がある。


  1. ^ a b Chu, H. F. (1992). How to know the immature insects. Cutkomp, L. K. (2nd ed.). Dubuque, IA: Wm. C. Brown. ISBN 978-0697055965. OCLC 27009095 
  2. ^ Baker, Richard H.; Denniff, Matthew; Futerman, Peter; Fowler, Kevin; Pomiankowski, Andrew; Chapman, Tracey (2003-09-01). “Accessory gland size influences time to sexual maturity and mating frequency in the stalk-eyed fly, Cyrtodiopsis dalmanni” (英語). Behavioral Ecology 14 (5): 607–611. doi:10.1093/beheco/arg053. ISSN 1045-2249. https://academic.oup.com/beheco/article/14/5/607/187029. 
  3. ^ Hammond, Peter (1992-01-01). “Species Inventory”. In Groombridge, Brian. Global Biodiversity. Springer Netherlands. pp. 17–39. doi:10.1007/978-94-011-2282-5_4. ISBN 978-94-010-5012-8. https://archive.org/details/globalbiodiversi00thom 
  4. ^ Wheeler, Ward C.; Whiting, Michael; Wheeler, Quentin D.; Carpenter, James M. (2001-06-01). “The Phylogeny of the Extant Hexapod Orders”. Cladistics 17 (2): 113–169. doi:10.1111/j.1096-0031.2001.tb00115.x. ISSN 1096-0031. 
  5. ^ Grimaldi, David; Engel, Michael S. (2005-05-16). Evolution of the Insects. Cambridge University Press. ISBN 9780521821490. https://books.google.com/books?id=Ql6Jl6wKb88C 
  6. ^ Kukalová-Peck, J (1991). The Insects of Australia. Carlton: Melbourne University Press. pp. 141–179 
  7. ^ Labandeira, C. C.; Phillips, T. L. (1996-08-06). “A Carboniferous insect gall: insight into early ecologic history of the Holometabola”. Proceedings of the National Academy of Sciences 93 (16): 8470–8474. Bibcode1996PNAS...93.8470L. doi:10.1073/pnas.93.16.8470. ISSN 0027-8424. PMC 38695. PMID 11607697. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC38695/. 
  8. ^ a b Belles, Xavier (2001-01-01). “Origin and Evolution of Insect Metamorphosis”. eLS. John Wiley & Sons, Ltd. doi:10.1002/9780470015902.a0022854. ISBN 9780470015902 
  9. ^ Wrigglesworth, F. W.; Wrigglesworth, V. B. (2015-04-09). The Physiology of Insect Metamorphosis. Cambridge University Press. ISBN 9781107502376. https://books.google.com/books?id=9AIHBwAAQBAJ 
  10. ^ Hinton, H. E. (1948-11-01). “On the Origin and Function of the Pupal Stage”. Transactions of the Royal Entomological Society of London 99 (12): 395–409. doi:10.1111/j.1365-2311.1948.tb01227.x. ISSN 1365-2311. 
  11. ^ Truman, James W.; Riddiford, Lynn M. (1999-09-30). “The origins of insect metamorphosis”. Nature 401 (6752): 447–452. Bibcode1999Natur.401..447T. doi:10.1038/46737. ISSN 0028-0836. PMID 10519548. 
  12. ^ Konopová, Barbora; Zrzavý, Jan (2005-06-01). “Ultrastructure, development, and homology of insect embryonic cuticles”. Journal of Morphology 264 (3): 339–362. doi:10.1002/jmor.10338. ISSN 1097-4687. PMID 15838850. 
  13. ^ Belles, Xavier (2001-01-01). “Origin and Evolution of Insect Metamorphosis”. eLS. John Wiley & Sons, Ltd. doi:10.1002/9780470015902.a0022854. ISBN 9780470015902 
  14. ^ Williamson, Donald I. (2009-11-24). “Caterpillars evolved from onychophorans by hybridogenesis”. Proceedings of the National Academy of Sciences 106 (47): 19901–19905. Bibcode2009PNAS..10619901W. doi:10.1073/pnas.0908357106. ISSN 0027-8424. PMC 2785264. PMID 19717430. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2785264/. 


「完全変態」の続きの解説一覧

完全変態

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 14:00 UTC 版)

変態」の記事における「完全変態」の解説

幼虫成虫になる際、いったん運動能力著しく欠いた(さなぎ)と呼ばれる形態をとり、から脱皮して成虫現れる。すなわち、 卵→(孵化)→幼虫→(蛹化)→→(羽化)→成虫 という段階を経るものを完全変態という。チョウハチハエ、カ、甲虫該当する。これらは、昆虫類中でも二畳紀以降出現した進化進んだ種族考えられる。なお、完全変態をする現生昆虫の中ではシリアゲムシが最も起源古い分類群と考えられている。昆虫類独自の形態で、他の動物には同様の形態見られない。 完全変態を行う種の幼虫は、成体と全く異なった形態を持つ場合が多い。いわゆるイモムシ型やジムシ型などの幼虫である。これらの形は、複雑な形態である昆虫本来の姿とはかけ離れ節足動物原初的形態に近い、単純な外見を示す。生殖のため配偶者求めて広範囲移動するのは成虫任され幼虫期はあまり動かず摂食成長専念するという特化した生活様式適応しているとされるまた、幼虫成虫では生活の場所や食物が全く違う場合多く(例:幼虫地中木材中に住むが成虫地表樹上に住む、幼虫は木や草の葉食べるが成虫花の蜜を吸う、など)、この様性質限られた生活場所や食物を同じ種の成虫幼虫奪い合う事態避けるためには好都合であると考えられている。 多く場合成虫外観のみを象った鋳型のような姿をしており、このような姿のを裸(らよう)という。チョウ目成虫多く胴体比べて大き前翅後翅を持つが、ステージにおいては他の分類群のものと同様に翅が縮められ胴体側面密着した状態にあるため、形状一見しただけで成虫形状を知るのは難しい。ハエ目多く成虫とまるで似てないよう見えるが、これは彼らが蛹化の際脱皮せず、幼虫外骨格そのまま硬化して繭の代わりとなり、その内側で実際蛹化が行われているためである。 は短い糸を出して体を固定したり、土・排泄物・自ら吐き出した糸などによって繭(まゆ)を作ってその中に入ったりするものが多い。ほとんどあるいは全く動かず休眠しているように見えるが、その体内では、幼虫の体を構成していた諸器官食細胞働きにより一旦分解され幼虫期摂取し備蓄した栄養分用いて成虫の体を形作る基となる部位成虫原基」を中心に新しく形態形成が行なわれる。 完全変態:アゲハチョウ場合 幼虫 幼虫(終齢) になる直前幼虫 羽化直前 羽化した成虫

※この「完全変態」の解説は、「変態」の解説の一部です。
「完全変態」を含む「変態」の記事については、「変態」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「完全変態」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「完全変態」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



完全変態と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  
  •  完全変態のページへのリンク

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「完全変態」の関連用語

1
98% |||||

2
内翅類 デジタル大辞泉
78% |||||

3
前胸腺 デジタル大辞泉
78% |||||



6
不完全変態 デジタル大辞泉
70% |||||

7
無変態 デジタル大辞泉
70% |||||



10
双翅類 デジタル大辞泉
52% |||||

完全変態のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



完全変態のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2024 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの完全変態 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの変態 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS