内分泌系とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 生理 > 内分泌 > 内分泌系の意味・解説 

内分泌器

(内分泌系 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/10 10:20 UTC 版)

内分泌器(ないぶんぴつき、: endocrine organ)とは、多細胞生物、特に動物において、ホルモン分泌する器官のこと。ホルモンを分泌する腺なので、内分泌腺(ないぶんぴつせん、: endocrine gland)ともいう。それらをまとめて、内分泌器系または内分泌系液体調整系[1]: endocrine system)とも呼ぶ。内分泌器の共通の特徴として、ホルモンを分泌する細胞が存在すること、分泌したホルモンは血液中に溶け出して全身を回るため、器官内に血管(毛細血管)が発達していること、またホルモンの分泌量をそのときの体にあわせた量に調節するため、その器官そのものも別のホルモンの作用を受けること、などがある。内分泌器の機能的な性質から、内分泌器は体内で特にくっついて存在する傾向はなく、お互いに血管以外では接続されていないのは、他の器官系とは異なる。内分泌器を含む内分泌系を扱う学問内分泌学という[2]




「内分泌器」の続きの解説一覧

内分泌系

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/03 17:25 UTC 版)

ホルモン」の記事における「内分泌系」の解説

ホルモン分泌形式を内分泌系(endocrine system、または液体調整系と呼ぶ。これは、ホルモン分泌体内体液中)であることから、汗など体外消化管等の管腔を含む)に分泌される外分泌exocrine secretion)と対比する呼び方である。ホルモン分泌する器官内分泌器官endocrine organs)と呼ぶホルモン生成される部位数多い脊髄動物の場合、神経の情報を受けて視床下部下垂体副腎髄質などで、細胞の状態から情報を受けて性腺副腎皮質甲状腺濾胞細胞心臓などで、栄養情報から消化管・膵臓甲状腺濾胞傍細胞副甲状腺などで作られるこれらのホルモン貯蔵方式様々であるペプチドホルモンやアミンホルモンは分顆粒中に蓄えられ甲状腺分泌するホルモンタンパク質形で維持される。これらに対しステロイドホルモンでは貯蔵例が発見されていない分泌されホルモン体液を通じて運ばれるが、甲状腺ホルモンある種タンパク質結合した態で輸送されるホルモン作用発揮する器官ホルモン標的器官target organ)、実際に作用起こす細胞ホルモン標的細胞target cellと呼ぶ。ここには、ホルモン分子特異的に結合する蛋白質であるホルモン受容体ホルモン・レセプター)が存在する受容体ホルモン結合することが、その器官ホルモンの作用発揮される第一ステップとなる。標的器官が非常に低濃度ホルモン鋭敏に反応するのは、このホルモン受容体蛋白質が、ホルモン分子とだけ強く結合する性質基本となっている。 アミンペプチドホルモンといった水溶性ホルモン細胞膜上の受容体レセプター)で受容され、細胞膜構造機能変化させたり生成させた第二メッセンジャー細胞内部に浸透させて働き起こす甲状腺ホルモンステロイドホルモンといった脂溶性ホルモンそのまま細胞膜通過することができ、細胞内核内)に存在する受容体結合することにより複合体となって遺伝子情報制御加え働き持ち特定遺伝子活動活発にしたり、伝令RNA生成促したりする。甲状腺ホルモン細胞膜ミトコンドリア上に結合する部位見つかっているが、その機能明らかになっていないホルモンによって行われる、ある器官機能調節のことを、体液循環介した調節であることから液性調節と呼ぶ液性調節は、神経伝達物質介した神経性調節に比べて、時空間的に厳密なコントロールできない一方遠く離れた器官大きな影響を与えることができる、コストかからない調節であるといえるまた、アドレナリンなど液性調節神経性調節両方シグナル伝達介在する物質もある。ただしホルモン神経伝達物質などと物質共通しているものが多く、また神経伝達物質も必ずしもシナプス内だけで働くものではない。そのため、神経伝達物質細胞増殖因子ホルモンを特に区別しない場合もある。実際にホルモン他の情報系標的細胞の様々な要因密接に関連しながら作用を及ぼす

※この「内分泌系」の解説は、「ホルモン」の解説の一部です。
「内分泌系」を含む「ホルモン」の記事については、「ホルモン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「内分泌系」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「内分泌系」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



内分泌系と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

内分泌系のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



内分泌系のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの内分泌器 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのホルモン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS