カルシトニン遺伝子関連ペプチドとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化合物 > ペプチド > カルシトニン遺伝子関連ペプチドの意味・解説 

カルシトニン遺伝子関連ペプチド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2009/10/24 21:36 UTC 版)

カルシトニン遺伝子関連ペプチド (calcitonin gene-related peptide、略:CGRP) とは、中枢神経、心臓や血管など末梢の一次知覚神経の終末および遠位端に存在しているアミノ酸37個からなるペプチドである。カルシトニン遺伝子が選択的スプライシングを受けて作られ、αCGRPおよびβCGRPの2種類の異性体が存在する。




  1. ^ Olessen, Jes et al. (2004), “Calcitonin gene–related peptide receptor antagonist BIBN 4096 BS for the acute treatment of migraine”, NEJM. 350: 1104-1110, PMID 15014183 full text


「カルシトニン遺伝子関連ペプチド」の続きの解説一覧





カルシトニン遺伝子関連ペプチドと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「カルシトニン遺伝子関連ペプチド」の関連用語

カルシトニン遺伝子関連ペプチドのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



カルシトニン遺伝子関連ペプチドのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカルシトニン遺伝子関連ペプチド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS