オキシトシンとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 医薬品 > > 医薬品 > オキシトシンの意味・解説 

オキシトシン

別名:OXTOT
英語:oxytocin

脳下垂体後葉から分泌されるホルモン一種9つアミノ酸からなるペプチドホルモンである。

オキシトシンは主に平滑筋作用するホルモンとして、子宮収縮作用や催乳作用が知られており、ヒト家畜出産時に陣痛促進剤として注射されることもある。オキシトシンは脳内神経伝達物質としてはたらくことも知られている。

オキシトシンは母性人間関係形成などの社会行動や、不安の解消などに大きく関係しているといわれており、「絆のホルモンbonding hormone)」と呼ばれることもある。マウスヒツジなどを用い動物実験では、オキシトシンの投与により、両親協力関係母子関係の向上が確認されている。

オキシトシンはまた、自閉症関連することが知られている。自閉症発症には、オキシトシン受容体(OXTR)の遺伝子変異が関係しているといわれているほか、自閉症患者血中オキシトシン濃度が低い傾向にあることも知られている。

2013年現在、自閉症の有効な治療法確立されていないが、オキシトシンは対症療法としての使用期待されているほか、根本的治療薬となりうる可能性もあるといわれている。オキシトシンの自閉症治療目的での処方薬事法認められていないが、金沢大学などでは臨床実験が行われている。

オキシトシン【oxytocin】


オキシトシン


オキシトシン

分子式C43H66N12O12S2
その他の名称:ピトシン、ウテラコン、オキシトシン、シントシノン、Pitocin、Oxytocin、Uteracon、Syntocinon、アトニン-O、Atonin-O、オキシトシンF、Oxytocin F
体系名:Cys(1)-Tyr-Ile-Gln-Asn-Cys(1)-Pro-Leu-Gly-NH2、L-Cys(1)-L-Tyr-L-Ile-L-Gln-L-Asn-L-Cys(1)-L-Pro-L-Leu-Gly-NH2、L-Cys(1)-L-Tyr-L-Ile-L-Glu(NH2)-L-Asp(NH2)-L-Cys(1)-L-Pro-L-Leu-Gly-NH2


オキシトシン

英訳・(英)同義/類義語:oxytocin, 0xytocin

下垂体後葉から分泌されるペプチドホルモンで、子宮筋の収縮母乳放出促進

オキシトシン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/24 03:38 UTC 版)

オキシトシン(Oxytocin, [ɒksɪˈtsən], OXT)は、視床下部室傍核視索上核の神経分泌細胞で合成され、下垂体後葉から分泌されるホルモンであり、9個のアミノ酸からなるペプチドホルモンである (Cys-Tyr-Ile-Gln-Asn-Cys-Pro-Leu-Gly)。1906年にヘンリー・ハレット・デールによって発見され、1952年に分子構造が決定された。


  1. ^ a b Ooi YP, Weng SJ, Kossowsky J, Gerger H, Sung M (January 2017). “Oxytocin and Autism Spectrum Disorders: A Systematic Review and Meta-Analysis of Randomized Controlled Trials”. Pharmacopsychiatry (1): 5–13. doi:10.1055/s-0042-109400. PMID 27574858. 
  2. ^ a b Keech B, Crowe S, Hocking DR (January 2018). “Intranasal oxytocin, social cognition and neurodevelopmental disorders: A meta-analysis”. Psychoneuroendocrinology: 9–19. doi:10.1016/j.psyneuen.2017.09.022. PMID 29032324. 
  3. ^ Goldstein, Irwin; Meston, Cindy M.; Davis, Susan; Traish, Abdulmaged (17 November 2005). Women's Sexual Function and Dysfunction: Study, Diagnosis and Treatment. CRC Press. pp. 205–. ISBN 978-1-84214-263-9. https://books.google.com/books?id=3J7TnwpbZQwC&pg=PA205 
  4. ^ Chiras, Daniel D. (2012). Human Biology (7th ed.). Sudbury, MA: Jones & Bartlett Learning. p. 262. ISBN 978-0-7637-8345-7. https://books.google.com/books?id=mqlY1n8Ez1oC&pg=PA262 
  5. ^ P. J. ザック「信頼のホルモン オキシトシン」『日経サイエンス』2008年10月号、2008年。
  6. ^ オキシトシンの広場 (リンク先閉鎖) 金沢大学「子どものこころ発達研究センター」
  7. ^ 毎日新聞 2010年4月24日付
  8. ^ 自閉症で大規模臨床試験 ホルモン投与の効果調べる 共同通信 2014年10月10日付


「オキシトシン」の続きの解説一覧



オキシトシンと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「オキシトシン」の関連用語

1
36% |||||

2
36% |||||

3
36% |||||

4
36% |||||

5
36% |||||

6
36% |||||

7
36% |||||


オキシトシンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



オキシトシンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2022 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオキシトシン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS