グルタミンとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 化学物質辞書 > グルタミンの意味・解説 

グルタミン

分子式C5H10N2O3
その他の名称:レボグルタミド、(+)-グルタミン、L-Glutamine、(+)-Glutamine、Levoglutamide、(+)-L-Glutamine、γ-グルタミン、スチムリナ、セブロゲン、グルミン、Glumin、Cebrogen、Stimulina、γ-Glutamine、(+)-L-Glutamic amide、l-グルタミン、Glutamine、(S)-2-Amino-4-carbamoylbutanoic acid
体系名:L-Gln-OH、グルタミン、(S)-2-アミノ-4-カルバモイルブタン酸、(+)-L-グルタミン、L-グルタミン


D‐グルタミン

分子式C5H10N2O3
その他の名称:(-)-グルタミン、D-Glutamine、(-)-Glutamine(-)-D-Glutamine
体系名:(R)-2-アミノ-4-カルバモイルブタン酸、(-)-D-グルタミン、D-グルタミン


グルタミン

英訳・(英)同義/類義語:Gln, glutamine

アミノ酸一種グルタミン酸アミド型。

グルタミン

Glutamine, Gln, Q

側鎖アミド結合を持つ非必須アミノ酸αケトグルタル酸からグルタミン酸経て生合成される。

体に豊富に存在している非必須アミノ酸で、多く代謝反応に関わっている。グルタミン酸アンモニアから生合成される。そのため、もっとも重要な窒素源の運び役である。また、多く細胞で重要なエネルギー源としても用いられる。

Name Glutamine1)
MeSH 68005973
Molecular Formula C5H10N2O3
CAS No.56-85-9
Molecular Weight 146.14
m.p.185
pK1(25)2.17
pK2(25)9.13
グルタミン

<jmol gln.pdb.gz 150 150></jmol>

CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported


グルタミン

【仮名】ぐるたみん
原文glutamine

栄養療法に用いられるアミノ酸骨盤の放射線療法によって引き起こされた下痢治療においても研究中である。

グルタミン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/08 00:24 UTC 版)

グルタミン (glutamine) はアミノ酸の一種で、2-アミノ-4-カルバモイル酪酸(2-アミノ-4-カルバモイルブタン酸)のこと。側鎖にアミドを有し、グルタミン酸ヒドロキシ基アミノ基に置き換えた構造を持つ。酸加水分解によりグルタミン酸となる。略号は Gln あるいは Q で、2-アミノグルタルアミド酸とも呼ばれる。グルタミンとグルタミン酸の両方を示す3文字略号は Glx、1文字略号は Z である[2]。動物では細胞外液に多い。




  1. ^ Weast, Robert C., ed. (1981), CRC Handbook of Chemistry and Physics (62nd ed.), Boca Raton, FL: CRC Press, p. C-311, ISBN 0-8493-0462-8 .
  2. ^ 牛場大蔵監修 『最新医学略語辞典』 橋本信也ほか編集、中央法規出版1993年12月20日、第2版、p.439。ISBN 4-8058-1149-8
  3. ^ 鈴木良雄「スポーツにおけるアミノ酸の使用法とその効果」、『順天堂医学』第57巻第2号、2011年、 95-99頁、 doi:10.14789/pjmj.57.95
  4. ^ a b Boza, J. J.; Dangin, M.; Moennoz, D.; Montigon, F.; Vuichoud, J.; Jarret, A.; Pouteau, E.; Gremaud, G.; Oguey-Araymon, S.; Courtois, D.; Woupeyi, A.; Finot, P. A.; Ballevre, O. (2001). "Free and protein-bound glutamine have identical splanchnic extraction in healthy human volunteers". Am. J. Physiol. Gastrointest Liver Physiol. 281(1): G267-74. PMID 11408280, doi:10.1152/ajpgi.2001.281.1.G267
  5. ^ Morlion, B. J.; Stehle, P.; Wachtler, P.; Siedhoff, H. P.; Koller, M.; Konig, W.; Furst, P.; Puchstein, C. (1998). "Total parenteral nutrition with glutamine dipeptide after major abdominal surgery". Ann. Surg. 227(2): 302-308. PMID 9488531
  6. ^ FDA Pregnancy Categories”. アメリカ合衆国保健福祉省. 2018年11月7日閲覧。
  7. ^ Glutamine, What is glutamine?”. Drugs.com. 2018年11月7日閲覧。


「グルタミン」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「グルタミン」の関連用語

1
100% |||||

グルタミンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



グルタミンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2020 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
Bio WikiBio Wiki
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2020 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのグルタミン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS