頭痛とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 短編小説作品名 > 頭痛の意味・解説 

ず つう づ- [0] 【頭痛】

頭の痛むこと。頭の痛みとうつう。 「 -がする」
心配。苦労
[句項目] 頭痛の種

とう つう [0] 【頭痛】

ずつう(頭痛)」に同じ。


頭痛

作者星新一

収載図書安全のカード
出版社新潮社
刊行年月1987.12
シリーズ名新潮文庫


頭痛

作者丸山健二

収載図書丸山健二短篇集成 第2巻 血と水の匂い
出版社文芸春秋
刊行年月1994.8


頭痛

作者米山公啓

収載図書隠された病歴
出版社双葉社
刊行年月2000.4

収載図書病魔棲む
出版社双葉社
刊行年月2003.1
シリーズ名双葉文庫


頭痛

作者城島明彦

収載図書恐怖がたり42夜―携帯サイト怖い話
出版社扶桑社
刊行年月2007.7
シリーズ名扶桑社文庫


頭痛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/26 10:24 UTC 版)

頭痛(ずつう)とは、頭部に感じる痛みのうち、表面痛でないもの。様々なタイプの痛みを含んだ幅の広い症状概念である。ありふれた症状である一方、これを主症状とする致命的疾患もあり、他方で原因が特定できないことも多いという、症候学上非常に重要な症状。原因はさまざまといわれるが、基本的には、すべての頭痛の原因は一つとされる。血液中のある物質による炎症反応ともいわれる。


  1. ^ https://www.zutsuu-kyoukai.jp/ 一般社団法人 日本頭痛協会 2017年2月7日閲覧
  2. ^ 片頭痛の病態と誘発因子 - エーザイ(株)
  3. ^ http://www.jhsnet.org/ippan_zutu_kaisetu_01.html#01a 「頭痛について知る」 一般社団法人 日本頭痛学会 2017年2月7日閲覧
  4. ^ a b c d e f 英国国立医療技術評価機構 2012.
  5. ^ a b カフェイン水和物
  6. ^ 英国医療技術評価機構 2012.
  7. ^ ミトコンドリア病(公費対象) 難病医学研究財団/難病情報センター
  8. ^ a b c Many with migraines have vitamin deficiencies, says study ScienceDaily 2016年6月10日
  9. ^ Taurine supplementation for prevention of stroke-like episodes in MELAS: a multicentre, open-label, 52-week phase III trial. Journal of Neurology, Neurosurgery, and Psychiatry英語版 Ohsawa Y, et al. 2018年
  10. ^ タウリン散98%「大正」における効能・効果追加等の承認申請に関するお知らせ 大正製薬 2018年4月16日
  11. ^ 難病「ミトコンドリア病」発症の原因解明 ~治療薬の開発に道筋~ 科学技術振興機構 2018年1月10日
  12. ^ Defective Mitochondrial tRNA Taurine Modification Activates Global Proteostress and Leads to Mitochondrial Disease. Cell Reports英語版 Fakruddin MD, Wei Fanyan, et al. 2018年
  13. ^ a b Cerebrospinal fluid analyses in migraine patients and controls. Cephalalgia英語版 1995年
  14. ^ Taurine levels in plasma and cerebrospinal fluid in migraine patients. Headache英語版 1993年
  15. ^ 細胞の初期化により老化もリセットできるかもしれない ~ヒトの加齢に伴うミトコンドリア呼吸欠損の原因に関する新仮説の発表~ 筑波大学 2015年5月22日
  16. ^ Calorie restriction-like effects of 30 days of resveratrol supplementation on energy metabolism and metabolic profile in obese humans. Cell Metabolism英語版 2011年
  17. ^ a b RESVERATROL アメリカ国立医学図書館
  18. ^ Brown Remodeling of White Adipose Tissue by SirT1-Dependent Deacetylation of Pparγ セル 2012年
  19. ^ SRT1720, SRT2183, SRT1460, and Resveratrol Are Not Direct Activators of SIRT1 The Journal of Biological Chemistry 2010年
  20. ^ Pantothenic Acid - Fact Sheet for Health Professionals NIH
  21. ^ Carnitine palmityltransferase II (CPT2) deficiency and migraine headache: two case reports. Kabbouche MA, et al. Headache英語版 2003年
  22. ^ The effects of magnesium, L-carnitine, and concurrent magnesium-L-carnitine supplementation in migraine prophylaxis. Tarighat Esfanjani A, et al. Biological Trace Element Research英語版 2012年
  23. ^ Diabetes - low blood sugar - self-care U.S. National Library of Medicine
  24. ^ a b 群発頭痛の在宅酸素療法の保険適用承認 日本頭痛学会 2018年4月9日
  25. ^ Normobaric and hyperbaric oxygen therapy for the treatment and prevention of migraine and cluster headache. The Cochrane Database of Systematic Reviews Bennett MH, et al. 2015年
  26. ^ High-flow oxygen therapy for treatment of acute migraine: A randomized crossover trial. Cephalalgia英語版 Singhal AB, et al. 2017年
  27. ^ Efficacy of high-flow oxygen therapy in all types of headache: a prospective, randomized, placebo-controlled trial. American Journal of Emergency Medicine英語版 Ozkurt B, et al. 2012年
  28. ^ Iron-Deficiency Anemia アメリカ国立衛生研究所
  29. ^ Pernicious Anemia アメリカ国立衛生研究所
  30. ^ a b Polycythaemia 国民保健サービス (NHS)
  31. ^ Dehydration NIH
  32. ^ Increased intracranial pressure NHS
  33. ^ SODIUM 国民保健サービス (NHS)
  34. ^ a b 脳虚血とヒスタミン 日本薬理学雑誌 足立尚登 2002年
  35. ^ Electron microscopic and proteomic comparison of terminal branches of the trigeminal nerve in patients with and without migraine headaches. Plastic and Reconstructive Surgery英語版 Guyuron B, et al. 2014年
  36. ^ Interictal, circulating sphingolipids in women with episodic migraine: A case-control study. Neurology英語版 Peterlin BL, et al. 2015年
  37. ^ [14C]serine from phosphatidylserine labels ceramide and sphingomyelin in L929 cells: evidence for a new metabolic relationship between glycerophospholipids and sphingolipids. Archives of Biochemistry and Biophysics英語版 Meyer SG, et al. 2003年
  38. ^ A lecithin phosphatidylserine and phosphatidic acid complex (PAS) reduces symptoms of the premenstrual syndrome (PMS): Results of a randomized, placebo-controlled, double-blind clinical trial. European Society for Clinical Nutrition and Metabolism英語版 Schmidt K, et al. 2018年
  39. ^ Nervonic Acid NIH
  40. ^ a b Nervonic acid and demyelinating disease. Medical Hypotheses英語版 Sargent JR. 1994年
  41. ^ Migraine is a risk factor for sudden sensorineural hearing loss: a nationwide population-based study. Cephalalgia英語版 Chu CH, et al. 2013年
  42. ^ Serum fatty acids and cardiovascular risk factors in sudden sensorineural hearing loss: a case-control study. Cadoni G, et al. Annals of Otology, Rhinology & Laryngology英語版 2010年
  43. ^ Lead NIH
  44. ^ Health Effects of Exposures to Mercury アメリカ合衆国環境保護庁 (EPA)
  45. ^ Cadmium NIH
  46. ^ a b Peripheral neuropathy U.S. National Library of Medicine
  47. ^ Headache in diabetes—occipital neuropathy K Kaushal, et al. Journal of the Royal Society of Medicine英語版 2003年
  48. ^ Biotin U.S. National Library of Medicine
  49. ^ Glutathione metabolism in brain metabolic interaction between astrocytes and neurons in the defense against reactive oxygen species. European Journal of Biochemistry Dringen R, et al. 2000年
  50. ^ Metabolism and functions of glutathione in brain. Progress in Neurobiology英語版 Dringen R 2000年
  51. ^ Decreased levels of glutathione, the major brain antioxidant, in post-mortem prefrontal cortex from patients with psychiatric disorders. The International Journal of Neuropsychopharmacology英語版 Gawryluk JW, et al. 2011年
  52. ^ A study of oxidative stress in migraine with special reference to prophylactic therapy. International Journal of Neuroscience英語版 Tripathi GM, et al. 2018年
  53. ^ Deficient synthesis of glutathione underlies oxidative stress in aging and can be corrected by dietary cysteine and glycine supplementation The American Journal of Clinical Nutrition英語版 Rajagopal V Sekhar, et al. 2011年
  54. ^ Incorporation of cysteine by Borrelia burgdorferi and Borrelia hermsii. Canadian Journal of Microbiology英語版 Sambri V, et al. 1992年
  55. ^ New insights into Lyme disease Redox Biology 2015年
  56. ^ a b Allergic rhinitis NIH
  57. ^ Effects of allergic rhinitis and desloratadine on the submandibular gland in a rat allergy model. International Forum of Allergy & Rhinology英語版 Tatar A, et al. 2015年
  58. ^ Oxidative stress in the airways of children with asthma and allergic rhinitis. Pediatric Allergy and Immunology英語版 Celik M, et al. 2012年
  59. ^ a b Expression of cysteinyl leukotriene synthetic and signalling proteins in inflammatory cells in active seasonal allergic rhinitis. Clinical & Experimental Allergy英語版 Figueroa DJ, et al. 2003年
  60. ^ Increased expression of lipoxygenase enzymes during pollen season in nasal biopsies of pollen-allergic patients. Allergy Plewako H, et al. 2006年
  61. ^ Expression cloning of a cDNA for human leukotriene C4 synthase, an integral membrane protein conjugating reduced glutathione to leukotriene A4. 米国科学アカデミー紀要 Lam BK, et al. 1994年
  62. ^ Antioxidant levels in the nasal mucosa of patients with chronic sinusitis and healthy controls. Archives of otolaryngology--head & neck surgery Westerveld GJ, et al. 1997年
  63. ^ Oxidative Stress and Low Glutathione in Common Ear, Nose, and Throat Conditions: A Systematic Review. Alternative Therapies in Health and Medicine英語版 Asher BF, et al. 2016年
  64. ^ The role of nitric oxide (NO) in migraine, tension-type headache and cluster headache. Pharmacology & Therapeutics英語版 Olesen J 2008年
  65. ^ Suggested guidelines for the diagnosis and management of urea cycle disorders Orphanet Journal of Rare Diseases英語版 Johannes Häberle, et al. 2012年
  66. ^ Characteristics of NO cycle coupling with urea cycle in non-hyperammonemic carriers of ornithine transcarbamylase deficiency. Molecular Genetics and Metabolism英語版 Nagasaka H, et al. 2013年
  67. ^ L-arginine improves the symptoms of strokelike episodes in MELAS. Neurology英語版 Koga Y, et al. 2005年
  68. ^ Increased expression of arginase I and II in allergic nasal mucosa. The Laryngoscope英語版 Cho WS, et al. 2011年
  69. ^ Combined arginine and glutamine decrease release of de novo synthesized leukotrienes and expression of proinflammatory cytokines in activated human intestinal mast cells. European Journal of Nutrition英語版 Lechowski S, et al. 2013年
  70. ^ L-Arginine NIH
  71. ^ Dual Role of Arginine Metabolism in Establishing Pathogenesis Current Opinion in Microbiology英語版 Mayuri Gogoi, et al. 2015年
  72. ^ Periodontal disease as a potential factor of migraine chronification. Medical Hypotheses英語版 Ameijeira P, et al. 2017年
  73. ^ Peptidylarginine deiminase from Porphyromonas gingivalis citrullinates human fibrinogen and α-enolase: Implications for autoimmunity in rheumatoid arthritis Arthritis & Rheumatology英語版 Natalia Wegner, et al. 2010年
  74. ^ Biological effects of hyperbaric oxygen on human severe periodontitis. Undersea and Hyperbaric Medical Society英語版 Chen T, et al. 2002年
  75. ^ 急性上咽頭炎の5例 冨山道夫 2011年
  76. ^ 眼と神経衰弱 P.19 前田珍男子 1915年
  77. ^ PELLAGRA and its prevention and control in major emergencies P.5 WHO 2000年
  78. ^ PELLAGRA and its prevention and control in major emergencies P.9 WHO 2000年
  79. ^ The treatment of migraines and tension-type headaches with intravenous and oral niacin (nicotinic acid): systematic review of the literature Nutrition Journal英語版 2005年1月26日
  80. ^ a b c VITAMIN A NIH
  81. ^ VITAMIN A Retinoids NIH
  82. ^ Vitamin D - Fact Sheet for Health Professionals NIH
  83. ^ Vitamin D and mucosal immune function. Jun Sun Current Opinion in Gastroenterologyドイツ語版 2010年
  84. ^ アスタキサンチン - 「健康食品」の安全性・有効性情報(国立健康・栄養研究所
  85. ^ Astaxanthin protects mitochondrial redox state and functional integrity against oxidative stress. Journal of Nutritional Biochemistry英語版 2009年
  86. ^ Astaxanthin improves muscle lipid metabolism in exercise via inhibitory effect of oxidative CPT I modification. Biochemical and Biophysical Research Communications英語版 2008年



頭痛

出典:『Wiktionary』 (2010/03/08 04:48 UTC 版)

名詞

(ずつう)

  1. 頭部痛み。特に外傷よるものでなく、体内起因するものを言う
    コロケーション:頭痛がする
  2. 比喩 しばしば「頭痛の種」の形で)悩み(なやみ)心配
    わたしは六人兄弟で、私の下にまだ三人小さいのがいるので、一日食事頭痛の種だとお父さん口癖のように云うようになつた。(林芙美子淪落』)

関連語

翻訳



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「頭痛」の関連用語


2
物思い 国語辞典
72% |||||


4
58% |||||

5
58% |||||

6
58% |||||

7
気掛り 国語辞典
58% |||||

8
懸念 国語辞典
58% |||||

9
愁い事 国語辞典
58% |||||

10
頭痛の種 国語辞典
58% |||||

頭痛のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



頭痛のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの頭痛 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの頭痛 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2018 Weblio RSS