アラキドン酸とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化合物 > > アラキドン酸の意味・解説 

アラキドン‐さん【アラキドン酸】


アラキドン酸

分子式C20H32O2
その他の名称:アラキドン酸、Arachidonic acid、(5Z,8Z,11Z,14Z)-5,8,11,14-Icosatetrenoic acid、(5Z,8Z,11Z,14Z)-Arachidonic acid20:4n-6、20:4(n-6)、AA、(5Z,8Z,11Z,14Z)-5,8,11,14-Icosatetraenoic acid、(5Z,8Z,11Z,14Z)-Icosa-5,8,11,14-tetraenoic acid
体系名:(5Z,8Z,11Z,14Z)-5,8,11,14-イコサテトラエン酸、(5Z,8Z,11Z,14Z)-アラキドン酸、(5Z,8Z,11Z,14Z)-イコサ-5,8,11,14-テトラエン


アラキドン酸 (AA, 20:4)

多価不飽和脂肪酸で、必須脂肪酸のひとつ。動物細胞リン脂質構成要素で、動物ヒト脂肪細胞にみられ、肝臓・脳・腺組織にも存在する。リン脂質ジアシルグリセロール、あるいは必須脂肪酸リノレン酸から合成され、プロスタグランジン・トロンボキサン・ロイコトリエンの生合成に必要とされる。

アラキドン酸

CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported


アラキドン酸(アラキドンサン)


アラキドン酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/07 04:28 UTC 版)

アラキドン酸(アラキドンさん、: Arachidonic acid、)は、不飽和脂肪酸のひとつ。4つの二重結合を含む20個の炭素鎖からなるカルボン酸で、ω-6脂肪酸に分類される。数値表現で 20:4(n-6)または20:4(Δ5,8,11,14)となる。


  1. ^ Pubchem. “5,8,11,14-Eicosatetraenoic acid | C20H32O2 - PubChem”. pubchem.ncbi.nlm.nih.gov. 2016年3月31日閲覧。


「アラキドン酸」の続きの解説一覧



アラキドン酸と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アラキドン酸」の関連用語

アラキドン酸のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アラキドン酸のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
Bio WikiBio Wiki
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
Supplement Kuchikomi RankingSupplement Kuchikomi Ranking
(C)2021 All Rights Reserved. 健康食品のあり方を考える日本サプリメント評議会の運営です。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアラキドン酸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS