ホスホリパーゼとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 物質 > 化合物 > 酵素 > ホスホリパーゼの意味・解説 

ホスホリパーゼ

英訳・(英)同義/類義語:phospholipase

細胞膜成分であるグリセロリン脂質エステル結合加水分解する酵素総称

ホスホリパーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/13 15:01 UTC 版)

ホスホリパーゼ (phospholipase) は、リン脂質脂肪酸とその他の親油性物質に加水分解する酵素である[1]。 触媒する反応の種類によりA, B, C, Dの4種に大きく分類される。


  1. ^ "phospholipase" - ドーランド医学辞典
  2. ^ 小川智久:増え続けるホスホリパーゼA2スーパーファミリー化学と生物 Vol. 35 (1997) No. 5 P 362-363
  3. ^ Vasudevan, F. M. and Sreekumari, S. (2007). Textbook of Biochemistry (for Medical Students) (5th ed.). Jaypee Brothers Medical publishers. ISBN 978-8184481242. 


「ホスホリパーゼ」の続きの解説一覧



ホスホリパーゼと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ホスホリパーゼ」の関連用語

ホスホリパーゼのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ホスホリパーゼのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JabionJabion
Copyright (C) 2019 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのホスホリパーゼ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS