リパーゼとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 物質 > 化合物 > 酵素 > リパーゼの意味・解説 

リパーゼ [2] 【lipase】

脂肪酸エステル脂肪酸グリセリンとに加水分解する反応触媒となる酵素動物膵液すいえき腸壁肝臓などや植物種子カビ類・細菌などに見いだされている。膵リパーゼ(ステアプシン)は小腸内で胆汁によって乳化された脂肪分解作用する。

リパーゼ

英訳・(英)同義/類義語:lipase, Lipases

脂肪加水分解し、脂肪酸グリセリン生成する酵素総称分泌場所や基質特異性により、膵リパーゼやホスホリパーゼなどに分けられる。

リパーゼ(リパーゼ)

胃液にふくまれている脂肪脂肪酸分解する消化酵素で、溜まった内臓脂肪皮下脂肪減少させるはたらきを持つ。

リパーゼ(りぱーぜ)


リパーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/05/01 14:50 UTC 版)

リパーゼ (lipase) は、脂質を構成するエステル結合を加水分解する酵素群である。語源は、ギリシャ語の“lipos(脂肪)”+“ase(酵素)”に由来する。普通はそのうちで特にトリグリセリドグリセロール脂肪酸エステル)を分解して脂肪酸を遊離するトリアシルグリセリドリパーゼEC 3.1.1.3)を指す。消化液(胃液膵液)に含まれ、脂質の消化を行う消化酵素であり、多くの生物の細胞で脂質の代謝に関与する。




「リパーゼ」の続きの解説一覧



リパーゼと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「リパーゼ」の関連用語

リパーゼのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



リパーゼのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JabionJabion
Copyright (C) 2019 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
Supplement Kuchikomi RankingSupplement Kuchikomi Ranking
(C)2019 All Rights Reserved. 健康食品のあり方を考える日本サプリメント評議会の運営です。
日本酒日本酒
(c)Copyright 1999-2019 Japan Sake Brewers Association
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのリパーゼ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS