加水分解とは?

かすい‐ぶんかい【加水分解】

[名](スル)化合物作用して起こる分解反応。塩(えん)を溶かす酸と塩基分解する反応があり、加水解離ともいう。有機化合物ではエステルたんぱく質などが反応して酸とアルコールや、アミノ酸などができる反応などがある。水解


加水分解

同義/類義語:加水解離
英訳・(英)同義/類義語:hydrolysis, Hydrogenation reactions

化学反応様式で、エステル結合酸アミド結合のように脱水縮合で作られた結合水分子添加して開裂し、もとの酸とアルコールアミドなどに分解する反応総称で、酵素反応や、酸性アルカリ性にして行うのが普通。
「生物学用語辞典」の他の用語
化学反応や酵素反応生体経路など:  免疫複合体  力価  加リン酸分解  加水分解  化学反応  化学合成  化学平衡

加水分解

【仮名】かすいぶんかい
原文hydrolysis

によって化合物分解される化学反応

加水分解(かすいぶんかい)

無機化合物むきかごうぶつ)あるいは有機化合物ゆうきかごうぶつ)と水の複分解反応ふくぶんかいはんのう)や、による分解反応をいう。たとえば、麹のα-アミラーゼによる米の澱粉分解は、加水分解である。

加水分解

食品中の水分によって、油脂エステル結合が切れて遊離脂肪酸出来る事。この分解が起こると酪酸カプリル酸・・等に起因して悪臭発生する。  

加水分解

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/25 04:12 UTC 版)

加水分解(かすいぶんかい、: Hydrolysis)とは、反応物に水が反応し、分解生成物が得られる反応のことである。水解とも呼ばれる。このとき水分子 (H2O) は、生成物の上で H(プロトン成分)と OH(水酸化物成分)とに分割して取り込まれる。反応形式に従った分類により、加水分解にはいろいろな種類の反応が含まれる。




「加水分解」の続きの解説一覧



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「加水分解」の関連用語

加水分解のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



加水分解のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2021 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2021 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
日本酒日本酒
(c)Copyright 1999-2021 Japan Sake Brewers Association
イシハライシハラ
Copyright (C) 2021 Ishihara Co.,Ltd. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの加水分解 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS