α-アミラーゼとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 生物学用語 > α-アミラーゼの意味・解説 

α-アミラーゼ(あるふぁーあみらーぜ)


アミラーゼ

(α-アミラーゼ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/01 05:39 UTC 版)

アミラーゼ (amylase)とはジ(ヂ)アスターゼとも称される、膵液唾液に含まれる消化酵素グリコシド結合加水分解することでデンプン(ラテン語"amylum")中のアミロースアミロペクチンを、単糖類であるブドウ糖二糖類であるマルトースおよびオリゴ糖に変換する酵素群である。


  1. ^ アメリカでもそのように呼ばれていた。合衆国生まれのロジャー・パルバースは小さい頃にお腹が痛くなると母親から“Take a diastase.”と言われたという。“Taka-Diastase”をそう呼んでいたのだ(『もし、日本という国がなかったら』集英社インターナショナル 2011年p.248)。
  2. ^ 夏目漱石 『吾輩ハ猫デアル』 上巻、大倉書店、1905年。119頁。
  3. ^ 荻原弘道 『日本栄養学史』 国民栄養協会、1960年。29頁。φ
  4. ^ EC 3.2.1.1
  5. ^ EC 3.2.1.2
  6. ^ EC 3.2.1.3
  7. ^ EC 3.2.1.68


「アミラーゼ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「α-アミラーゼ」の関連用語

α-アミラーゼのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



α-アミラーゼのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JabionJabion
Copyright (C) 2021 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
日本酒日本酒
(c)Copyright 1999-2021 Japan Sake Brewers Association
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアミラーゼ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS