クレアチンキナーゼとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 物質 > 化合物 > 酵素 > クレアチンキナーゼの意味・解説 

クレアチンキナーゼ

英訳・(英)同義/類義語:creatine kinase

筋肉から発見された酵素で、高エネルギーリン酸結合を持つクレアチンリン酸からADPへとリン酸基転移ATP生成する酵素ATPエネルギーを必要とする生化学反応系において、クレアチンリン酸と共に添加してATP再生系として利用される。
「生物学用語辞典」の他の用語
酵素タンパク質モチーフなど:  キニノーゲン  キニン  キャッピング酵素  クレアチンキナーゼ  クレノウ酵素  グリア原繊維  グリア成熟因子

クレアチンキナーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/25 15:36 UTC 版)

クレアチンキナーゼ(Creatine Kinase、CK)、CPK(クレアチンホスホキナーゼ、Creatine PhosphoKinase)は、動物が持つ酵素で、筋肉の収縮の際にエネルギー代謝に関与している。EC番号2.7.3.2。






「クレアチンキナーゼ」の続きの解説一覧



クレアチンキナーゼと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「クレアチンキナーゼ」の関連用語

クレアチンキナーゼのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



クレアチンキナーゼのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2021 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクレアチンキナーゼ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS