骨格筋とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 筋肉 > > 骨格筋の意味・解説 

こっ かくきん [0][3][4] 【骨格筋】

骨格付着してこれを運動させる筋肉脊椎動物では横紋があり、随意に動かせる。横紋筋随意筋。 ⇔ 内臓筋


骨格筋

英訳・(英)同義/類義語:skeletal muscle

横紋筋のうち、骨に付着運動機能を果たす筋肉
「生物学用語辞典」の他の用語
個体の器官や組織など:    骨幹  骨格  骨格筋  骨盤  骨端  骨組織

骨格筋

読み方こっかくきん

筋肉種類のひとつで、骨格沿って分布しており、身体の活動支えているもの。一般に筋肉呼ばれているものはこれを指す。

 骨格沿って付いている筋肉のことで、その収縮によって身体支え、動かしています。
 一般的には単に筋肉という場合、この骨格筋のことを指します。自分意志で動かすことができることから随意筋とも呼ばれ、組織上は横紋筋という種類になります。これに対し内臓筋平滑筋であり、自由に動かせるわけではないので不随意筋であるといえます。
 骨格筋を構成している筋繊維には大きく分けて速筋遅筋2種類があります速筋白っぽいため白筋とも呼ばれます。収縮スピード速く瞬間的大きな力を出すことができますが、長時間収縮維持することができず張力低下してしまいます。老化早く20歳前後から急速に衰えるといわれています。遅筋赤みがかった色から赤筋とも呼ばれます。収縮スピード比較遅く大きな力を出すことはできませんが、疲れにくく長時間わたって一定の張力維持することができます年齢重ねて衰えにくいといわれています。骨格筋の収縮は、筋繊維中にあるアデノシン3リン酸ATP)と呼ばれる化合物分解してリン酸基がひとつはずれ、アデノシン2リン酸ADP)になるときに発生するエネルギー利用しています。


骨格筋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/27 14:57 UTC 版)

骨格筋(こっかくきん、: skeletal muscle)は、動物筋肉の一分類であり、骨格を動かす筋肉を指す。ここではヒトの骨格筋について記す。


  1. ^ αは文字式分類による種類のひとつ。直径15μm、伝達速度100m/sec
  2. ^ a b Ⅰa、Ⅰbは数字式分類で定める種類。数字式分類は感覚性ニューロンの分類に用いられる。Ⅰa、Ⅰbはどちらも直径13μm、伝達速度75m/sec


「骨格筋」の続きの解説一覧



骨格筋と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「骨格筋」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
横紋筋 国語辞典
100% |||||

4
100% |||||



7
94% |||||

8
94% |||||


10
94% |||||

骨格筋のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



骨格筋のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JabionJabion
Copyright (C) 2020 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
厚生労働省厚生労働省
(C)2020 Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.
e-ヘルスネット
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの骨格筋 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS