インスリンとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 生物学 > インスリン > インスリンの意味・解説 

インシュリン [0] 【insulin】

脊椎動物膵臓すいぞう)のランゲルハンス島から分泌されるホルモン組織におけるブドウ糖取り込み消費高め肝臓でのブドウ糖からグリコーゲンへの転換促進することによって血糖値低下させるはたらきがあるので、糖尿病の治療に用いられる。インスリン。

インスリン [0] 【insulin】


インスリン

インシュリン
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported


インスリン

読み方いんすりん
別名:インシュリン
【英】:insulin

膵臓から分泌されるホルモン一種で、糖の代謝調節し、血糖値一定に保つ働きあります

 インスリン(インシュリン)は膵臓から分泌されるホルモン一種です。膵臓にはランゲルハンス島呼ばれる細胞集まりがあり、その中のベータ細胞から分泌されます。
 食後血糖値血液中のブドウ糖濃度)が上昇すると、それに反応して膵臓からインスリンが分泌されます。細胞表面にはインスリン受容体があり、インスリンがこの受容体結合することで、細胞血液中のブドウ糖とりこみエネルギー源として利用します。余ったブドウ糖グリコーゲン中性脂肪合成され、たくわえられますが、その合成促進するのもインスリンの働きです。
 このように血糖値下げ働きをするホルモンはインスリンだけです。糖尿病予防には、食後の急激な血糖値の上昇を抑え、インスリンの分泌節約することが大切です。
 最近わが国糖尿病人口急増している理由として、日本人欧米人比べてインスリン分泌予備能が低く、早期分泌能が低下してくることが指摘されていますが、過栄養運動不足による肥満メタボリックシンドローム増加により、インスリンの感受性低下し、インスリン抵抗性から血糖調節のためのインスリン必要量が増加していることを忘れてはなりません。


インスリン

【仮名】いんすりん
原文insulin

膵臓の膵島細胞で作られるホルモンのひとつ。インスリンは、糖を細胞中に移動させることによって(糖はここで体のエネルギー源として消費される)、血液中の糖の量を調節している。

インスリン【いんすりん】


インスリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/11 08:20 UTC 版)

インスリンインシュリン、insulin)は、膵臓に存在するランゲルハンス島(膵島)のβ細胞から分泌されるペプチドホルモンの一種である[5]。名前はラテン語insula (島)に由来する。21アミノ酸残基のA鎖と、30アミノ酸残基のB鎖が2つのジスルフィド結合を介してつながっている。C-ペプチドは、インスリン生成の際、プロインスリンから切り放された部分を指す。




  1. ^ a b c GRCh38: Ensembl release 89: ENSG00000254647 - Ensembl, May 2017
  2. ^ a b c GRCm38: Ensembl release 89: ENSMUSG00000000215 - Ensembl, May 2017
  3. ^ "Human PubMed Reference:".
  4. ^ "Mouse PubMed Reference:".
  5. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説”. コトバンク. 2018年2月12日閲覧。
  6. ^ Medical Tribune 2011年1月27日号 別刷
  7. ^ a b Hellman 2007.
  8. ^ UNESCO Memory of the World Archives
  9. ^ 川公行、「糖尿病のインスリン療法」 『新治療叢書』 大正13年 第1編, 現代之医学社
  10. ^ 昭和16年2月23日の読売新聞
  11. ^ 医療用配合剤の販売名命名の取扱い」および「インスリン製剤販売名命名の取扱い」の一部改正について」 (PDF)”. 厚生労働省医薬食品局審査管理課長・同安全対策課長 (2013年8月1日). 2015年12月25日閲覧。
  12. ^ インスリンポンプの安全性についてADA/EASDが合同声明を発表”. 糖尿病ネットワーク (2015年3月24日). 2016年1月7日閲覧。
  13. ^ インスリンポンプ情報ファイル”. 糖尿病ネットワーク (2015年12月1日). 2016年1月7日閲覧。
  14. ^ 吉野功二, 武田則之, 村松学 ほか、「インスリン製剤中のヒトインスリンおよびプロタミンに対して全身性アレルギーを来した糖尿病の1例」 『糖尿病』 1999年 42巻 11号 p.927-930, doi:10.11213/tonyobyo1958.42.927, 日本糖尿病学会
  15. ^ 有好香子, 野田薫, 綾目秀夫、「アナフィラキシーショックをきたしたインスリンアレルギーの1例」 『糖尿病』 2005年 48巻 8号 p.617-620, doi:10.11213/tonyobyo.48.617, 日本糖尿病学会





インスリンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「インスリン」の関連用語

インスリンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



インスリンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JabionJabion
Copyright (C) 2019 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
Bio WikiBio Wiki
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
厚生労働省厚生労働省
(C)2019 Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.
e-ヘルスネット
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2019 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
QUPiOQUPiO
Copyright © 2019 Healthcare Committee, Inc. all rights reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのインスリン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS