関節とは? わかりやすく解説

かん‐せつ〔クワン‐〕【関節】

読み方:かんせつ

【一】[名]骨と骨とを連接させる可動性結合部周囲結合組織の膜が包み内側に滑液入っていて潤滑油役をする

【二】[名](スル)関節または関節状の連結部結合していること。「大腿骨と—する骨

関節の画像

関節

英訳・(英)同義/類義語:joint, Joints

骨と骨とが結合する部分総称結合した骨が相互にうごける可動関節動けない不動関節また、動き種類形状によって球関節蝶番関節などに分類されている。
「生物学用語辞典」の他の用語
個体の器官や組織など:  開放血管系  間充織  間脳  関節  陰嚢  陰核  陰茎

滑膜性の連結

読み方かつえきせいのれんけつきょうぎのかんせつ、かんせつ、かどうかんせつ
別名:狭義の関節、関節、可動関節
学名Junctura synovialis, Articulatio, Diarthrosis
【英】:Synovial joint, Synovial joints

滑膜性の連結(狭義の関節)は両骨間に滑液満たす関節腔のある連結で、一般に可動性大きい。いわゆる関節は関節面、関節体、関節包および関節体の間にある関節腔。さらに必要に応じて補強靱帯関節円板関節唇および滑液包みられる2つの関節体からなる関節では、動く方の関節体を可動部比較静止している方を基部という。関節腔内面滑膜呼ばれる組織があるもをいう。(恥骨結合のように骨間組織に空隙含み得る連結でも滑膜備えないものはこの分類に入らない連結系の中で運動性最も大きい。関節の語を狭義用いるとき、しばしば滑膜性の連結のみを指す。関節は老人性変化を受け、血管のない関節軟骨はその弾力性を失う。老人では軟骨おおわれ関節面障害退縮みられる。また軟骨縁には増殖起こってくる場合もある。この軟骨増殖後に遊走してきた骨芽細胞によって骨に改造されることもあり、この骨が運動制限するように作用するこのような過程椎骨小さな関節で起こりやすい。しかし関節の変化はその関節が過度の働き強いられるときには若年者おいても現れることがある。[臨床すべての可動関節運動範囲をよく確かめることが大切である。関節をなす骨が正常な位置からはずれているとき、その関節は脱臼dislocateしているという。可動関節のうちのあるものは、靱帯による補強が弱いか、関節面の形が悪いか、あるいは筋による補強がないために、とくに脱臼しやすい。肩関節顎関節肩鎖関節はその好例である。股関節脱臼通常先天的異常よるもので、正常状態で大腿骨頭定位置保持するはずの寛骨臼不十分な発育示している膝関節のごとく体重大部分支える関節の内部に軟骨性円板存在する場合には、スポーツを行うときのその円板損傷受けやすい。特に急速な動作時に円板正常位置よりずれて、2骨の関節面押しつぶされることがある神経系疾患例え脊髄空洞症syringomyelia)では関節での痛覚失われるそのために、関節の正常範囲を超える運動起きないように働く警告反応としての痛覚欠如する状態下で、ついには関節の破壊来す。さらに、関節の分類について知識臨床上有用である。というのはある種疾患特定のタイプの関節群をおかすからである例え淋菌関節炎gonococcal arthritis膝関節肘関節手関節などの大きな滑膜関節をおかす。結核性関節炎もまた滑膜関節をおかし、そのさい滑膜あるいは骨から炎症始まる。2個以上の関節が同じ神経支配を受けることがある点に注意を要する例えば、股関節膝関節はともに閉鎖神経支配を受けるこのため、これら2関節の内の一方病変に際して両方の関節に痛みを感じることがある

関節

【仮名】かんせつ
原文joint

医学分野で、2つまたは3つ以上の骨が接合する部分例として、肩、肘、膝、顎などがある。

関節

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/19 01:44 UTC 版)

関節(かんせつ、英語: joint)は、動物の体において、複数の骨格がお互いに連結する部分である。脊椎動物節足動物外骨格などに見られる[1]


  1. ^ 字通,世界大百科事典内言及, 日本大百科全書(ニッポニカ),百科事典マイペディア,ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典,デジタル大辞泉,精選版 日本国語大辞典,栄養・生化学辞典,世界大百科事典 第2版,普及版. “関節とは” (日本語). コトバンク. 2022年4月16日閲覧。
  2. ^ Alexander, David E. (2017-01-01), Alexander, David E., ed. (英語), Chapter 5 - Systems and Scaling, Academic Press, pp. 121–150, doi:10.1016/b978-0-12-804404-9.00005-0, ISBN 978-0-12-804404-9, https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/B9780128044049000050 2022年4月16日閲覧。 
  3. ^ Nadein, K.; Gorb, S. (2022-01). “Lubrication in the joints of insects (Arthropoda: Insecta)” (英語). Journal of Zoology 316 (1): 24–39. doi:10.1111/jzo.12922. ISSN 0952-8369. https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/jzo.12922. 


「関節」の続きの解説一覧

関節

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 20:19 UTC 版)

マルファン症候群」の記事における「関節」の解説

マルファン症候群患者は、一般の人々より扁平足偏平足)または平べったい薄い足、あるいはハンマートウなりやすい。また、それらにより足の慢性痛を伴う。手首徴候母指徴候中手骨徴候関節炎、(靱帯が弱いため)母指の関節の過剰運動性、関節の過可動性曲がりすぎる)、ゆるい関節などがある。

※この「関節」の解説は、「マルファン症候群」の解説の一部です。
「関節」を含む「マルファン症候群」の記事については、「マルファン症候群」の概要を参照ください。


関節

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/28 07:58 UTC 版)

関節リウマチ」の記事における「関節」の解説

関節炎という言葉分かりやすくしばしば用いられるが、実際に関節リウマチ患者起こるのは、関節の中でも特に滑膜おかされ増殖する滑膜炎」である。増殖した滑膜が骨を破壊する(骨びらん)。関節リウマチ患者男女比は1:4で女性が多い。 初期には「朝のこわばり (morning stiffness)」と呼ばれる症状出現する朝起きてから、手を握ることが困難であり、文字通りこわばっている。こわばりは、日によって違う場合があり、ひどい時で何も握れないなど症状まばらである5分から10分程度こわばり他の疾患でも診られるが、1時間以上も続くこわばりであれば関節リウマチまたは他のリウマチ疾患可能性が高い。朝のこわばりのため、朝食準備ができなくなる、シャツボタン留められないなど生活に支障をきたすことになる。昼頃はたいて改善している。また、症状の持続時間関節リウマチそのもの活動性関連している。すなわち1時間続く「朝のこわばり」より2時間続く「朝のこわばり」の患者の方が、関節リウマチ今まさに関節を破壊する強さが強い可能性があるまた、夜にこわばりがあるというが関節リウマチとの因果関係不明であるしかしながら万が一ということ考え医者診察した方が良いとされる。ただ夜のこわばりは、朝起床時と同様に体が休まっているなど条件同じなため、リウマチ大きく関係するとの論説もある。 そのうち関節痛がおこるようになる初期には手の指の関節(特に近位指節間関節、MP/PIP)、また足の指の関節がおかされる次第手首、肘、膝など体の中心に近い大きな関節の痛みを感じるうになる関節痛は、手を動かすなど活動する増強するそのため、強い関節炎があるとき、患者自然とその関節を動かさないようにする傾向があるこのような典型的な関節炎症状のほか、関節リウマチ慢性に続く炎症あるため全身倦怠感易疲労感を持つ。 関節炎進行すると、関節そのもの変性してゆく。関節にある滑膜細胞の増殖(パンヌス)、軟骨破壊と骨にはびらんが生じる。最終的には関節という構造物破壊し尽くされ、骨と骨が直接接した強直という状態になる。こうなるともはや関節を動かすことはできないそのかわり炎症起こる場であった滑膜完全に破壊され消失してしまっている状態であるため炎症終息し痛み感じないまた、逆に関節が破壊された結果だらんだらんになることもある。この場合ムチランス破壊呼ばれる態であるが強直よりもずっと頻度は低い。 指の骨強直すると、最終的にスワンネック変形(「白鳥の首」状の変形)、あるいはボタン穴変形といわれる典型的な関節リウマチ患者の手の形を呈する尺側偏位リウマチ患者によく見られる指が全て外側尺骨側)を向く変形であるが、これは関節の脱臼原因である。指の変形において、DIPのみが変形来たす場合は、ヘバーデン結節乾癬関節炎念頭において、鑑別診断下すまた、筋肉と骨とをつなぐ腱の周囲炎症がおよぶなどして腱断裂生じことがある。これは突然発症し無痛性である。腱がなくなれば、まさにそれに連続する筋肉動かすことができなくなる。 手足の関節の他では、胸・腰の背骨おかされないが首の背骨頚椎)はおかされやすい。頚部痛を生じるか、または頚椎亜脱臼脊髄損傷をきたす。また鎖骨には両端に関節がついており他の関節と同じように関節痛起こ事もある

※この「関節」の解説は、「関節リウマチ」の解説の一部です。
「関節」を含む「関節リウマチ」の記事については、「関節リウマチ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「関節」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

関節

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 02:32 UTC 版)

名詞

(かんせつ)

  1. (解剖学) 骨と骨とを繋いでいる可動性結合部

発音(?)

東京アクセント
か↗んせつ[1]

翻訳


「関節」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

関節のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



関節のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
船戸和弥のホームページ船戸和弥のホームページ
Copyright (C) 2022 船戸和弥のホームページ All rights reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの関節 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのマルファン症候群 (改訂履歴)、関節リウマチ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの関節 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS