痛風とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 疾患 > 疾患 > 痛風の意味・解説 

痛風【つうふう】

高尿酸血症 (尿酸値が 7.0mg/dl を超え、尿酸濃度濃くなっている状態) が持続した結果組織尿酸塩が沈着し、足指などの関節炎腎臓おかされる病気です。特に、関節沈着した場合はひどい痛み伴います。

痛風

かつてはぜいたく病」などといわれた痛風(高尿酸血症)ですが、今日では一般化若年化傾向あります従来からウイスキーなど蒸溜酒には、痛風の原因である尿酸値高める「プリン体」がほとんど含まれていないと言われてきましたが、聖マリアンナ医科大学研究結果によっても、ウイスキー尿酸値高め影響非常に少ないということ明らかになり、お酒の中では、ウイスキーは痛風への影響比較少ないと考えられています。

痛風

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/29 01:21 UTC 版)

痛風(つうふう、gout)とは、尿酸が体内で析出して結晶ができることにより、関節炎などを来たす疾患である。背景には高尿酸血症などが存在する。




  1. ^ 藏城雅文、尿酸の酸化作用と抗酸化作用 『痛風と核酸代謝』 2014年 38巻 2号 p.145-, doi:10.6032/gnam.38.145
  2. ^ 高木和貴, 上田孝典、「尿酸分解酵素PEG化ウリカーゼの適応と意義」『高尿酸血症と痛風』18(2), 2010, pp.41-46, hdl:10098/2955
  3. ^ 痛風 MSDマニュアル家庭版
  4. ^ 金子希代子、山辺智代、藤森新、「尿酸塩結晶生成に及ぼす溶液中のタンパク質とpHの影響 - フローサイトメーターを用いた検討」『痛風と核酸代謝』 2001年 25巻 2号 p.121-128, doi:10.6032/gnam1999.25.2_121
  5. ^ 後藤武史ほか「X線回折法による痛風結節内容物の結晶学的同定」、『整形外科と災害外科』1984年 32巻 3号 p.755-758, doi:10.5035/nishiseisai.32.755
  6. ^ Kimiyoshi Ichida; Hirotaka Matsuo, Tappei Takada, Akiyoshi Nakayama, Keizo Murakami, Toru Shimizu, Yoshihide Yamanashi, Hiroshi Kasuga, Hiroshi Nakashima, Takahiro Nakamura, Yuzo Takada, Yusuke Kawamura, Hiroki Inoue, Chisa Okada, Yoshitaka Utsumi, Yuki Ikebuchi, Kousei Ito, Makiko Nakamura, Yoshihiko Shinohara, Makoto Hosoyamada, et al. (2012). “Decreased extra-renal urate excretion is a common cause of hyperuricemia.”. Nature Communications 3. doi:10.1038/ncomms1756. PMID 22473008. http://www.nature.com/ncomms/journal/v3/n4/full/ncomms1756.html. 
  7. ^ Identification of rs671, a common variant of ALDH2, as a gout susceptibility locus
  8. ^ 痛風(高尿酸血症) 一般社団法人 愛知県薬剤師会
  9. ^ 痛風はなぜ男性に多いのか? 公益財団法人 痛風財団
  10. ^ 痛風(高尿酸血症)患者の98%が男性、30歳代で増加 肥満や飲酒、ストレスが発症の誘因 痛みがなくても尿酸値に注意して”. min-iren.gr.jp. 全日本民主医療機関連合会 (2004年9月1日). 2020年1月7日閲覧。
  11. ^ Choi HK; Atkinson K; Karlson EW; Willett W; Curhan G. Alcohol intake and risk of incident gout in men: a prospective study. Lancet 2004 17;363:1277-81.
  12. ^ Choi HK; Atkinson K; Karlson EW; Willett W; Curhan G. Alcohol intake and risk of incident gout in men: a prospective study. Lancet 2004 17;363:1277-81.
  13. ^ 金子希代子, 山岡法子, 福内友子 ほか「アルコールが尿酸代謝に悪い理由」『痛風と核酸代謝』2017年 41巻 2号 p.228- doi:10.6032/gnam.41.228, 日本痛風・核酸代謝学会
  14. ^ KIRIN_お問い合わせ プリン体と人体の関係について (参考)
  15. ^ Choi HK; Atkinson K; Karlson EW; Willett W; Curhan G. Purine-rich foods, dairy and protein intake, and the risk of gout in men. NEJM. 2004 11;350:1093-103.
  16. ^ 高橋隆一 高カロリー輸液施行中に認められるアシドーシス
  17. ^ Hyon K Choi, Gary Curhan. Soft drinks, fructose consumption, and the risk of gout in men: prospective cohort study BMJ 2008; 336: 309-12.
  18. ^ Merriman, Tony R.; Dalbeth, Nicola; Topless, Ruth K.; Major, Tanya J. (2018-10-10). “Evaluation of the diet wide contribution to serum urate levels: meta-analysis of population based cohorts” (英語). BMJ 363: k3951. doi:10.1136/bmj.k3951. ISSN 1756-1833. PMID 30305269. https://www.bmj.com/content/363/bmj.k3951. 
  19. ^ Man CY et al. Comparison of oral prednisolone/paracetamol and oral indomethacin/paracetamol combination therapy in the treatment of acute goutlike arthritis: A double-blind, randomized, controlled trial. Ann Emerg Med 2007;49:670-7.
  20. ^ 細谷龍男、「第4章 合併症,併発症に対する治療」『痛風と核酸代謝』 2002年 26巻 Supplement号 p.45-57, doi:10.6032/gnam1999.26.Supplement_45, 日本痛風・核酸代謝学会
  21. ^ 食品・飲料中のプリン体含有量/公益財団法人痛風財団
  22. ^ J Rheumatol 2013 Jun; 40:872.
  23. ^ 高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン ダイジェスト版』日本痛風・核酸代謝学会、2002年9月。ISBN 4-901935-02-X
  24. ^ FDAから業者への警告通知
  25. ^ USA Todayの記事


「痛風」の続きの解説一覧



痛風と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「痛風」の関連用語

痛風のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



痛風のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
QUPiOQUPiO
Copyright © 2020 Healthcare Committee, Inc. all rights reserved
サントリーサントリー
COPYRIGHT © 1995-2020 SUNTORY LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.
サントリー株式会社お酒・飲料大事典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの痛風 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS