塩野義製薬とは?

塩野義製薬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/25 15:08 UTC 版)

塩野義製薬株式会社(しおのぎせいやく、英語: SHIONOGI & CO., LTD.)は、大阪府大阪市中央区道修町に本社を置く、日本国内の大手製薬会社企業であり、処方箋医薬品医薬品を主とする製薬企業である。公式の社名略称として「シオノギ製薬」あるいは「シオノギ」も用いられている[1][2]




  1. ^ 『シオノギ百年』塩野義製薬株式会社、非売品(1978年3月17日
  2. ^ 社名のカナ書きは、3代社長・塩野孝太郎就任(1953年)以来慣用化されている
  3. ^ 塩野義のように、姓+名前一文字の形は、伊藤忠兵衛が興した伊藤忠商事や、伊藤 喜十郎が興した伊藤喜商店(現:イトーキ)などの企業のように、江戸時代から大正時代までに創業された、個人商店より始まった企業の中に多い社名である。
  4. ^ シオノギでは、社章の分銅マークの由来を説明した上で、「分銅は、「正確」「正直」「信頼」の象徴です」と記載している。「What is SHIONOGI」 SHIONOGI & CO.,LTD.(2011年3月からシリーズで発行)
  5. ^ 1910年(明治43年)からの広告で、店名を「薬種貿易商 塩野義三郎商店」と表示するようになっている
  6. ^ 旧・摂津国西成郡海老江村(現在の大阪府大阪市福島区海老江)の大百姓、松中家の三男
  7. ^ 旧:大阪府大阪市北区相生町(現在の大阪府大阪市都島区片町)に所在した。1899年(明治32年)に一旦廃業するも、1908年(明治41年)再開される。
  8. ^ のちの淀川工場。現在の同社の中央研究所でもある。
  9. ^ 同じく現在の中央研究所の所在する同地に所在した。
  10. ^ 旧・兵庫県川辺郡小田村今福(現在の兵庫県尼崎市今福)
  11. ^ 最盛期の1980年代後半、同社の抗生物質のシェアは約25%を占めていた。
  12. ^ 「がんの痛みとの闘い」『What is SHIONOGI(第2集)』SHIONOGI & CO.,LTD.(2011年10月)、pp.28-9.
  13. ^ MSコンチン錠、オキシコドン製剤のいずれもムンディファーマ社から導入
  14. ^ 「薬は情報つきの化学物質である」『シオノギの経営』シオノギ製薬”神戸大学特別講座編集委員会”編、中央経済社(1989年11月20日)、p.103. ISBN 4-502-50694-X
  15. ^ 性別には関係なく、女性MRも含めて現在もディテールマンと呼称されている
  16. ^ 「感染症への取組み」『What is SHIONOGI(第1集)』SHIONOGI & CO.,LTD.(2011年3月)、pp.4-5.
  17. ^ 当時はまだ家庭用洋薬そのものが少なかったため、新しく販売されたものも多く、これらの薬の中には「シオノ新薬」という表記のものも多数存在していた
  18. ^ シオノギは1927年(昭和2年)に消炎・鎮痛用の薬を患部に塗って治療する、いわゆる現在の巴布剤を「エキシカ」と名付けて売り出し、これが大いに売れると、一方のタケダも同年同種の巴布剤を「ホスビン」と名付けて売り出すようになり、両社の間で苛烈な競争が起こると共に、激しい消耗戦に発展した。その後しばらくして、巴布剤の売れ行きも落ち着くと、両社が本社を置く道修町で肝油事業をおこなっていた伊藤千太郎商会(現:ワカサ)の創業者、伊藤千太郎の手により、1929年(昭和4年)に協定が結ばれ、両者のそれぞれの製品名をとって「エキホス」という名で販売されることになり、両社の出資により設立された二巴合名会社を通じて、製造されることになった、という事例がある。
  19. ^ 大阪国税局からの更正通知書の受領について (PDF)”. 塩野義製薬株式会社 (2014年9月12日). 2014年9月13日閲覧。
  20. ^ “塩野義製薬に400億円申告漏れ指摘 異議申し立てへ”. 日本経済新聞. (2014年9月13日). http://www.nikkei.com/article/DGXLZO77044500T10C14A9CC1000/ 2014年9月13日閲覧。 
  21. ^ “シオノギヘルスケア株式会社 営業開始と人事のお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 塩野義製薬株式会社, (2016年3月28日), http://www.shionogi.co.jp/company/news/2016/qdv9fu000000wcs9-att/160328.pdf 2016年4月2日閲覧。 
  22. ^ 塩野義が400億円の申告漏れで提訴 追徴課税に不服 産経新聞 2016年9月2日
  23. ^ “シオノギヘルスケアとロート製薬との協業に向けた資本提携について” (PDF) (プレスリリース), 塩野義製薬株式会社, (2018年6月25日), http://www.shionogi.co.jp/company/news/qdv9fu000001d6ay-att/180625.pdf 2018年6月25日閲覧。 
  24. ^ シノミンは、シオノギの海外導出第一号である。
  25. ^ 医薬品インタビューフォーム「バクタ配合錠・バクタ配合顆粒」2009年9月(改訂第8版)塩野義製薬株式会社
  26. ^ 1987年の"医科向け"医薬品の日本における市場規模は約4.2兆円
  27. ^ NHKクローズアップ現代「多剤耐性菌に立ち向かえ!」(2010年10月20日放送)で大きく取り上げられた。
  28. ^ フジテレビでは『ミュージックフェア』の他に、1963年(昭和38年)から1967年(昭和42年)頃まで放送されていた『シオノギテレビ劇場』でもスポンサーを担当している。
  29. ^ 第3回ギャラクシー賞受賞作品”. 放送批評懇談会. 2014年11月13日閲覧。
  30. ^ 2012年4月より月曜午前7時20分台に放映中の一コーナー、「トレンド・エクスプレス」でスポンサーを担当している。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「塩野義製薬」に関係したコラム

  • 株式の投資判断とされる自己資本比率とは

    株式の投資判断とされる自己資本比率とは、資本の総資産の割合をパーセンテージで表したものです。自己資本比率は、株主資本比率、株主持分比率などとも呼びます。自己資本比率は、次の計算式で求めることができます...

  • 株式の投資判断とされる有利子負債自己資本比率とは

    株式の投資判断とされる有利子負債自己資本比率とは、自己資本と有利子負債との比率を表したものです。D/Eレシオともいいます。有利子負債自己資本比率の有利子負債には、長期借入金、短期借入金、普通社債、転換...

  • 株式のディフェンシブ株の売買のエントリーポイントは

    株式のディフェンシブ株とは、株式相場全体が弱含みで推移している時に値上がりする銘柄、あるいは、大きな値下がりをしない銘柄のことです。ディフェンシブ銘柄ともいいます。ディフェンシブ株には、食品株、薬品株...

  • 株365の株価指数に採用されている銘柄

    株365の銘柄の価格は、株価指数に採用されている銘柄の価格をもとにして算出されます。株価指数に採用されている銘柄はその国を代表するような優良企業であることが多く、また、取引高も多く市場から注目されてい...

  • 株式の投資基準とされるPERとは

    株式の投資基準とされるPERとは、株価収益率のことです。PERは、次の計算式で求めることができます。PER=株価÷EPSEPSは、1株当たりの利益額のことで、「当期純利益÷発行済み株式数」で計算されま...

  • 株式の投資基準とされるEPSとは

    株式の投資基準とされるEPSとは、1株あたりの利益額のことです。EPSは、次の計算式で求めることができます。EPS=当期純利益÷発行済み株式数例えば、当期純利益が100億円で発行済み株式数が1億株の企...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「塩野義製薬」の関連用語

塩野義製薬のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



塩野義製薬のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの塩野義製薬 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS