ミュージックフェアとは? わかりやすく解説

ミュージックフェア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/20 07:02 UTC 版)

シオノギ・ミュージックフェア』( : SHIONOGI MUSIC FAIR)は、1964年8月31日よりフジテレビ系列の一部で放送されている音楽番組。放送時間は複数回の変遷を経て、2022年6月現在は毎週土曜18:00 - 18:30(JST)。それ以前の放送時間などについては別節を参照。


注釈

  1. ^ NHKを含めば、最長寿の番組はNHKのど自慢となる。
  2. ^ 2016年4月2日放送分からはCM出稿については塩野義製薬からコンシューマーヘルスケア部門(一般用医薬品・医薬部外品事業)を分社化して発足したシオノギヘルスケアの製品を中心としているが、引き続き塩野義製薬本体の企業CMも出稿しているため、スポンサー表記上はそのまま「シオノギ製薬」単独であるが、2022年7月2日放送分からはスポンサー表記が「SHIONOGI」に変更された。なお、シオノギヘルスケアにはロート製薬も出資している。
  3. ^ このため、移行当時としては珍しい深夜枠の音楽番組であった。
  4. ^ 日本における『パンテーン』の販売は1983年まで塩野義製薬が行っていた。
  5. ^ 番組開始当初から少なくとも1980年代中盤ごろまでは、『パンテーン』を除き、これらの製品の効能や服用方法をナレーションだけで説明する程度のものだった。1980年代後半以後、通常の商品イメージやタレントを起用したCMが放送され今日に至っている。
  6. ^ 食事ができる人は司会者および出演者に限られていたが、例外としてウルフルズが出演していた2001年5月12日放送分では観客にも配られたことがある。
  7. ^ 『2010 FNS歌謡祭』は12月12日13:00 - 17:10(JST)に時差ネットされた。
  8. ^ フジテレビを含む一部地域では、18:30から生中継。
  9. ^ 2000年以降は西暦4桁。
  10. ^ 2000年以降では、放送2,000回記念特別月間(2004年3月6日・13日・20日・27日放送分/全4回)、放送2,200回記念特別月間(2008年3月)、放送2,400回記念特別月間(2012年3月)、並びに放送2,600回記念特別月間(2016年3月)が東京国際フォーラムにて収録されている。
  11. ^ 例として、1969年11月25日放送分は長門が単独で進行。
  12. ^ 県内に塩野義製薬の金ケ崎工場がある。
  13. ^ 1993年12月までは、「T34」
  14. ^ 富山県では製薬工場が多数あるため製薬業が盛んであり、富山駅近くには塩野義製薬富山分室がある。
  15. ^ 該当期間中は「ミエと良子のおしゃべり泥棒」をローカルセールスにて放送。
  16. ^ 開始以来打ち切ることなくネットされ続けているのはこのような理由によるもの。なお、関西テレビ自体は自社制作のローカル番組(番組によってはフジテレビ等でも時差ネット)が充実しているため、フジテレビ製作のローカルセールス番組・地域限定スポンサードネット番組のキー局同時ネットが少ない(数少ない実例としては、前者は『坂上どうぶつ王国』などが(自社制作の『ちまたのジョーシキちゃん』放送開始まで)、後者は本番組と『ONE PIECE』などが該当。例示した2番組は、いずれも過去は時差ネットだった)。
  17. ^ 日本テレビ系列からネットチェンジ。
  18. ^ 新潟県の放送局は塩野義製薬グループとの直接的な広告取引が少ないため、他局も含めて塩野義製薬およびシオノギヘルスケアのCMは、スポットCMも含めて全く流れないわけではないが、頻度が比較的少ない。ただし、塩野義製薬およびシオノギヘルスケアがスポンサーに参加した複数社提供の全国ネット番組(『はじめてのおつかい』等)についてはそのままスポンサードネットやCMの放送が行われている他、新潟市内には塩野義製薬新潟分室がある。
  19. ^ 演歌の花道』(テレビ東京)の時差ネットに伴い打ち切り。
  20. ^ この場合、一社提供スポンサーの推薦を受けないとネット出来ないという制約がある。
  21. ^ スポンサーの関係で再放送および番販用に別素材を製作した実例としては『おでかけ!パレット』(東海テレビ。初回放送のみタイトルロゴに『JR東海プレゼンツ』が入っていたが、再放送や独立局への番販で使用した素材では省かれていた)がある。
  22. ^ クロスネット時代には福島テレビはTBS系列を、鹿児島テレビは日本テレビ系列を優先ネットとした時期があった。
  23. ^ フジテレビほか一部系列局では土曜19:00 - 19:30に先行裏送りネットとしていた。
  24. ^ 日本シリーズを中継しないテレビ大分でも休止となり、2年連続で別番組で穴埋めとなった。
  25. ^ 同時ネット局は報道特番内でスポンサーCMをそのまま消化したほか、FNN冠が付いた関係上当番組未ネット局でもネットされたが、CMは全てACジャパンのものに差し替えられた。

出典

  1. ^ 鈴木杏樹『MUSIC FAIR』涙で卒業発表 恵俊彰と3月末でラスト”. 2016年2月19日閲覧。
  2. ^ a b c d e ABOUT MUSIC FAIR”. フジテレビ=. 2016年7月2日閲覧。
  3. ^ ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム。
  4. ^ MUSIC FAIR 2500回記念コンサート”. フジテレビ. 2014年4月5日閲覧。
  5. ^ 放送ライブラリー公式サイト 検索結果”. 放送ライブラリー. 2016年7月2日閲覧。
  6. ^ 鶴田裕介「「ミュージックフェア」放送50年」『読売新聞』2014年2月14日付朝刊、12版、14面、文化面
  7. ^ 「極KIWAMI対談」『サンケイスポーツ』2016年12月13日付、7版、24面
  8. ^ 2019年4月現在、ゴスペラーズ版と同様の尺に縮小したものを使用している。
  9. ^ 16/03/05 2600回記念コンサート 第一夜”. フジテレビ (2016年3月5日). 2016年7月2日閲覧。
  10. ^ 『富山新聞』1981年9月29日 - 1983年10月2日付朝刊、テレビ欄。
  11. ^ 『長野放送二十年の歩み』(1989年5月25日、長野放送発行)174p『昭和44年4月基本番組表』より。
  12. ^ a b 『北國新聞』1981年9月29日、10月6日付朝刊、テレビ欄。
  13. ^ MUSIC FAIR@MUSICFAIR_Fujiのツイート(2020年2月29日作成)”. 2020年2月29日閲覧。
  14. ^ 「MUSIC FAIR」が緊急報道特番で休止”. 日刊スポーツ(2020年2月29日作成). 2020年2月29日閲覧。
  15. ^ フジ コロナ禍で放送休止「ゆず特集」を4月4日に…「ミュージックフェア」”. デイリースポーツ(2020年3月5日作成). 2020年3月5日閲覧。



ミュージックフェア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 03:31 UTC 版)

塩野義製薬」の記事における「ミュージックフェア」の解説

1964年放送開始からフジテレビ系列一部2022年4月現在17ネット11局非放送TVerでのサイマル配信BSフジでの遅れ放送皆無)で、今日まで放送されている音楽番組『ミュージックフェア』(2001年4月7日から2008年9月27日までは『ミュージックフェア21』)のスポンサー40年以上にわたって継続している。但し、東北地方太平洋沖地震東日本大震災)の影響から2011年3月19日放送分のスポンサー自粛行いACジャパンなどのCM穴埋めをすることとなった長きにわたって企業CM中心放送しており、1970年代からは、声優ナレーター野田圭一仲村秀生起用しシオノギあなたの健康に奉仕するため 今日もたゆみない努力つづけています」と銘打ち、総合ビタミン剤ポポンS総合感冒薬カプセル剤)のパイロンカプセル(現在はパイロンMX。なお、風邪比較少ない冬以外の季節放送がなかったこともある)、解熱鎮痛剤セデスA錠(現在は新セデス錠)の3つセットとして、薬店手に入る市販薬OTC医薬品)の宣伝をミニ・インフォマーシャル形式オンエアしていた(紹介についてのナレーション宮崎総子北浜晴子担当した)。本編終了後エンディングでは、シオノギ社章である分銅マークについて説明述べCM、という構成になっていた。 1970年代当時日本のテレビ業界では、まだCMにおけるBGM必要性認識していた人物少なかったことや、映像機材高価であったことに加え宣伝にも多額の費用がかかる時代だったこともあり、この番組でのシオノギスポンサークレジット読み上げや、CM全て無音映像ならびにスチル画像連続による映像構成野田圭一仲村秀生宮崎総子北浜晴子によるナレーションのみで放送されていた。なお、『ミュージックフェア』開始初期の1971年頃まではスチル映像ではなくフィルム構成の映像使われていたが、バック無音で、ナレーションが入る構成この頃ら変わっていない番組内流れCMは、その後1983年上記の構成踏襲しながらもスキャニメイト用いたVTR形式変わりBGM追加された。1984年からは現在の一般的なCM放映変更されたが、1997年3月までの番組開始ならびに番組終了の際のスポンサークレジット読み上げは、2001年4月に「ミュージックフェア21」として土曜18時移動するまで、依然として無音ならびに固定画面映像という状況続いた。 更に2009年10月以降番組終了の際のスポンサークレジット読み上げは、地上アナログ放送がセミレターボックスでの放送移行後も、依然として歌手シンガーソングライターアーティストどの人たちがスタジオで歌っている固定画面映像、という状況今も続いている。 なお、2001年の『ミュージックフェア21』のスタートと同時に同社ローマ字表記であるSHIONOGIから「SONGソング)」を取り上げた、歌とクスリテーマにした「SONG For You(ソング・フォー・ユー)」という企業CM放送中である(三原徹司磯部弘ナレーション付)。この時はこれに加え「SONG For You」キャッチフレーズが、個々の製品CMにも使用されていたが、2013年6月当社の公式サイト及びセデス・ハイCMリニューアルしたことを皮切りにこの前述の企業CM及びポポンSプラスのCM除いてキャッチフレーズ外していた。2015年3月以降は「クッションコレクトEZ」のみだったが、同年11月は「コレクトXYLクリーム/さわやかコレクトW抗菌」のCMにもキャッチフレーズ付加しており、2016年4月から2019年までシオノギ製薬ロゴ部分シオノギヘルスケア差し替えしただけであるためキャッチフレーズそのままである。 当番組の出演では、同業他社CM出演中の歌手原則として出演していないが、同業他社契約中であってもシオノギ手がけていない製品の場合、歌手出演は可能となっている。また、2001年から2016年3月まで司会者だったホンジャマカ恵俊彰の場合は相方石塚英彦同業他社第一三共ヘルスケア)の一般用胃腸薬CM出演しているものの、グループではなく個人扱っている関係上、恵が出演していないため問題はないとしている。 前述の『ミュージックフェア』のスポンサー長年にわたって担当していることもありフジテレビとの関係は非常に密接で、『ミュージックフェア』以外にも、現在も提供しているFNSの日タイトルその年により異なるが、2002年以降基本的にFNS27時間テレビ』と称している)』や、過去には『笑っていいとも!』や『クイズ!ヘキサゴン』などのスポンサー担当したこともあった。 なお、コンシューマーヘルスケアについては事業シオノギヘルスケア分社化された2016年4月以降、『ミュージックフェア』のスポンサークレジット従来通りシオノギ製薬」のままだが(塩野義製薬本体医療用医薬品事業などの企業CM出稿しているため)、同年7月放送され30回目の『FNSの日』である『FNS27時間テレビフェスティバル!』のスポンサークレジットは「シオノギヘルスケアとなった1970年代中期以降、スポンサードネットの対象人口規模の多い都道府県系列局限定としているため、1973年当時3系列クロス編成逼迫していたNST新潟総合テレビ放送打ち切り1981年2・3局といった収益面で割に合わない片田舎判断した県の系列局中心にスポンサー出稿放送の打ち切り通告している(秋田テレビ石川テレビさんいん中央テレビ沖縄テレビなど)。また、系列優先だった期間が長かった福島テレビ鹿児島テレビでは放送経験がない。またこれらの地域で(タイトルから『シオノギ』を外した上での)別スポンサー(またはスポットCMのみ)での番組販売扱いでの放送を可能とする便宜一切図っていない。ただし、その他の複数社提供番組について当該地での放送分(他系列局番組を含む)でもスポンサー降板せずにそのまま出稿しているほか、スポットCM出稿各局制作ローカル番組への小口提供スポンサー複数社提供)への参加について頻度少ないが皆無ではない(いずれも分社後個人向け対象としたシオノギヘルスケア単独で出稿中心)。

※この「ミュージックフェア」の解説は、「塩野義製薬」の解説の一部です。
「ミュージックフェア」を含む「塩野義製薬」の記事については、「塩野義製薬」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ミュージックフェア」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ミュージックフェア」の関連用語

ミュージックフェアのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ミュージックフェアのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのミュージックフェア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの塩野義製薬 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS