石塚英彦とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 芸能人 > 声優 > 日本の声優 > 石塚英彦の意味・解説 

石塚 英彦

石塚英彦の画像 石塚英彦の画像
芸名石塚 英彦
芸名フリガナいしづか ひでひこ
性別男性
生年月日1962/2/6
星座みずがめ座
干支寅年
血液型O
出身地神奈川県
身長175 cm
URLhttps://www.watanabepro.co.jp/mypage/10000006/
プロフィール1962年2月6日生まれ神奈川県出身お笑いタレント主な出演作アニメ映画モンスターズ・インク』『モンスターズ・ユニバーシティー』、テレビ東京よじごじDays』『行列の女神~らーめん才遊記~』、TBSぴったんこカン・カン』、テレビ朝日内田康夫サスペンス 福原警部』、静岡放送静岡発そこ知り』、テレビ朝日刑事110キロ』など他多数
代表作品1年2001
代表作品1アニメ映画モンスターズ・インク主演/吹替(サリー役)
代表作品2年2017
代表作品2テレビ東京よじごじDaysレギュラー
代表作品3年2020
代表作品3テレビ東京行列の女神~らーめん才遊記~』(有栖涼役)
職種お笑い/俳優・女優タレント

» タレントデータバンクはこちら

石塚英彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/01/28 16:16 UTC 版)

石塚 英彦(いしづか ひでひこ 1962年昭和37年)2月6日 - )は、日本お笑いタレントグルメリポーター俳優。お笑いコンビ・ホンジャマカボケ担当。相方は恵俊彰神奈川県横浜市保土ケ谷区出身。ワタナベエンターテインメント所属。身長175 cm、体重117 kg(ピーク時には135kg)。愛称は「石ちゃん」。既婚


  1. ^ 「石ちゃんの まいうー哲学」”. 日本放送協会 (2010年10月3日). 2013年6月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年10月3日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 夢も大盛り…映画のシリーズ持てたらホントに「まいう~」”. 日刊スポーツ (2004年3月7日). 2009年5月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年3月19日閲覧。
  3. ^ a b c ロングインタビュー・石塚英彦(3/3)”. Web R25 (2013年6月20日). 2014年7月7日閲覧。
  4. ^ 石塚英彦「いいとも青年隊」狙っていた!オーディション2回落ちる”. スポーツニッポン (2014年2月4日). 2014年2月5日閲覧。
  5. ^ 中山秀征&石塚英彦 同期の2人が語る駆け出し時代”. 女性自身 (2017年1月21日). 2020年7月2日閲覧。
  6. ^ a b c <私の恩人>石ちゃん「まいうー」の原点は忌野清志郎さん”. livedoorNEWS (2014年2月2日). 2014年2月5日閲覧。
  7. ^ 「まいうー」のオーラが漂うシェフ!? 石塚英彦、絶賛のイタリアン週刊朝日 2019年4月2日
  8. ^ プレスリリース”. ビデオリサーチ (2007年9月26日). 2007年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月4日閲覧。
  9. ^ 11月18日(土) 第340回 柏原芳恵☓ホンジャマカ・石塚英彦”. BS朝日. 2023年12月30日閲覧。
  10. ^ 石塚英彦、恵俊彰との関係性を語る!”. テレ朝POST (2017年11月18日). 2022年12月18日閲覧。(日本語)
  11. ^ 新三共胃腸薬プラス CM詳細情報”. 第一三共ヘルスケア. 2010年3月23日閲覧。


「石塚英彦」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「石塚英彦」の関連用語

石塚英彦のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



石塚英彦のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2024 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの石塚英彦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS