加藤茶とは?

加藤 茶

加藤茶の画像 加藤茶の画像
芸名加藤 茶
芸名フリガナかとう ちゃ
性別男性
生年月日1943/3/1
星座うお座
干支未年
血液型A
出身東京都
身長163 cm
URLhttp://izawaoffice.jp/
ブログURLhttp://ameblo.jp/katochanpe-blog
プロフィールザ・ドリフターズのメンバー。1964年ドリフの初レギュラー番組ホイホイミュージックスクール』にて、「加トちゃんぺ」のギャグが受け、一躍人気者となる。1969年より『8時だョ!全員集合』にて、「ちょっとだけよ」やヒゲダンスなど様々な一発芸をヒットさせ、日本を代表するコメディアンとなる。番組終了後も数多くバラエティー番組活躍するほか、ドラマや映画・舞台にも出演主な出演作品に、テレビ朝日はぐれ刑事純情派』、日本テレビサイコメトラーEIJI 』、フジテレビ女医 優 ~青空クリニック~』、舞台喜劇 大吉夢家族-恋はいつでもサンバリズムで!-』『恋風の街』、ミュージカルスター誕生』、新宿コマ劇場泣き笑い天使たち』、映画『ビッグショー!ハワイに歌えば』『流れ板七人』ほか。また、ドリフターズは主にコミック・ソングを扱うミュージシャンで、『加トちゃんミニアルバム』『ズンドコ伝説』『こぶルンバ』などCDリリース多数ある。
代表作品1日本テレビ時空警察捜査一課 PART5』
代表作品2TBS狂った果実2002
代表作品3テレビ朝日君が教えてくれたこと
職種タレント俳優女優/音楽/お笑い

» タレントデータバンクはこちら

加藤茶

以下の映画加藤茶関連しています。


加藤茶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/12 00:47 UTC 版)

加藤 茶(かとう ちゃ、1943年〈昭和18年〉3月1日 - )は、日本コメディアンお笑いタレント歌手ドラマー司会者俳優ザ・ドリフターズこぶ茶バンドのメンバーである。本名は加藤 英文(かとう ひでゆき)[1][2]。身長163cm、体重60kg。血液型はA型(長年AB型としていたが、間違いが判明)。愛称は「加ト茶」「加トちゃん」「カトちゃん」「ヒデ坊」「チャー坊」など。父はギタリストの平八郎(たいら はちろう)。




  1. ^ a b TVスター名鑑2001(東京ニュース通信社)p.182
  2. ^ 週刊少女フレンド 1971年3月号 p.162 - 167「ドリフターズ全員解剖!!」
  3. ^ 1943年7月1日、東京都制施行
  4. ^ 加藤茶 45歳差婚! 23歳美人社長秘書と出会って2年加藤 茶 プロフィール本誌49号に掲載加藤 茶 最近のお気に入りは - POWER Watch
  5. ^ 6年の学習』1979年9月号より
  6. ^ ザ・ドリフターズ 仲本工事が明かす「全員集合」裏話(4)ジャズ喫茶で加藤茶と遭遇
  7. ^ 朝日新聞『人生の贈りもの』によると、加藤は碇矢よりも少し先に「桜井輝夫とザ・ドリフターズ」に加入したとされているが、いかりやの自伝『だめだこりゃ』では、いかりやの加入後しばらくして加藤が当時のドリフターズのメンバーだった田中良夫から誘われて加入したとされている。しかし、いかりやは『いつみても波瀾万丈』にゲスト出演した際、「自分が加入した時点で加藤は既に居た」と自ら発言している。
  8. ^ この時点で志村は「見習い」に、すわは「付き人」にそれぞれ昇格していた。
  9. ^ ラリー遠田 (2018年4月8日). “たけしに加藤茶が明かした志村けんがドリフに加入した裏事情”. AERA. https://dot.asahi.com/dot/2018042000069.html 2019年3月11日閲覧。 
  10. ^ 末期の東宝クレージー映画では、植木と加藤のコンビ主演作も複数ある。なお、植木との初共演となった映画『日本一のゴマすり男』(1965年、東宝)では、本名の“加藤英文”でクレジットされている。
  11. ^ 週刊文春 2007年12月26日号内記事「加藤茶と岩城滉一は警察から銃を取り上げられていた!」
  12. ^ “加藤茶のラスベガス豪遊伝説に鶴瓶も大爆笑”. ザテレビジョン. (2019年2月27日). https://thetv.jp/news/detail/180834/ 2020年2月7日閲覧。 
  13. ^ 平島廉久『検証視聴率』日本能率協会マネジメントセンター、1993年、p.225
  14. ^ 2012年6月に死去した元桜井輝夫とザ・ドリフターズの小野ヤスシの葬儀でも弔辞を読んでいる。
  15. ^ 加藤の場合、過去に冠動脈ステント挿入術の経験があり、この関係で抗凝固剤の服用をしていたために、緊急手術が必要な症状だったにもかかわらず、薬の効果が弱まるまで手術に踏み切れなかった。加藤の術式はこの冠動脈治療も同時に行うためにバイパス手術も同時に行われ、かつ抗凝固剤によるリスクを最小限にするために低体温にしての施術となり、通常の上行大動脈置換術より難易度が格段に高く、3時間近い心停止と人工心肺使用を伴う10時間にわたる長時間の手術となった。この事は最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学 診察室『症例 大動脈解離〜加藤茶さんの場合〜』に記されており、また同番組でも詳細が伝えられた。
  16. ^ “加藤茶 46歳差妻とラブラブ披露宴!子づくり宣言も?”. スポニチ Sponichi Annex. (2012年3月2日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/03/02/kiji/K20120302002741170.html 2016年10月31日閲覧。 
  17. ^ 加藤茶の嫁・綾菜が副業で大儲け…そのウラにある疑惑メンズサイゾー 2013年8月25日)
  18. ^ 「死なせてたまるか」闘病の加藤茶を支えた綾菜の“肝っ玉献身”に拍手喝采! Asa-Jo 2019/10/16 10:14(2020年5月18日閲覧)
  19. ^ “加藤茶が志村さん特番で弔辞へ ドリフ推薦の兄貴分”. 日刊スポーツ. (2020年4月1日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202004010000515.html 2020年4月1日閲覧。 
  20. ^ “加藤茶、志村さんに弔辞「天国の長さんも、お前が最初だと思ってなかったと思うよ」全文掲載”. スポニチ Sponichi Annex. (2020年4月1日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/04/01/kiji/20200401s00041000303000c.html 2020年4月1日閲覧。 
  21. ^ 2008年8月16日放送の「オーラの泉[出典無効]
  22. ^ FLASH光文社、2010年4月6日号85頁
  23. ^ サントリー、ギフト販促に日本橋三越で「冷撰洋酒」CM出演の加藤茶・三浦友和が語る”. 日本食糧新聞電子版 (1993年7月7日). 2020年4月18日閲覧。
  24. ^ 日東あられ新社、新会社初の新製品「えびせんサラダ」東京は29日から発売”. 日本食糧新聞電子版 (1994年9月21日). 2020年4月18日閲覧。
  25. ^ other works”. エンプレックスレコード. 2000年12月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月18日閲覧。
  26. ^ ポッカあっぱれ静岡茶CMに加藤茶”. 日本食糧新聞電子版 (1998年10月26日). 2020年4月18日閲覧。
  27. ^ 加藤茶のCM出演情報”. ORICON NEWS. 情報提供元:ニホンモニター. 2020年4月18日閲覧。
  28. ^ 加藤茶のCM出演情報”. ORICON STYLE. 情報提供元:ニホンモニター. 2016年2月24日閲覧。
  29. ^ “いつまでバカやれんのかなあ…加藤茶、高木ブー、仲本工事が伊右衛門CMでしみじみ”. お笑いナタリー. (2018年4月20日). https://natalie.mu/owarai/news/278825 2018年4月30日閲覧。 
  30. ^ “9年ぶりの「極楽町一丁目」、浜木綿子「喜劇の根底には哀しい思いがあるといい」”. ステージナタリー. (2016年5月18日). http://natalie.mu/stage/news/187420 2016年5月18日閲覧。 


「加藤茶」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「加藤茶」の関連用語

加藤茶のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



加藤茶のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2020 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの加藤茶 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS