岡島秀樹とは?

岡島秀樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/09 06:06 UTC 版)

岡島 秀樹(おかじま ひでき、1975年12月25日 - )は、京都府京都市伏見区出身の元プロ野球選手投手、左投左打)、野球解説者俳優ワタナベエンターテインメント所属。


注釈

  1. ^ 当時。現在は女性も含まれ、スポーツ・文化人のセクションとなっている。
  2. ^ 夫人・栗原由佳と同じ事務所となる。
  3. ^ 開幕26試合連続無失点は当時のNPB記録。NPB記録としては2016年田島慎二中日)によって[15]、パ・リーグ記録としては2021年平良海馬西武)によって更新された[16]
  4. ^ 通称「新人ベストナイン」。選出対象となる新人扱い選手を両リーグ統一した中で、各守備位置ごとに各球団監督の投票により選出される(例えばシルバースラッガー賞のように各リーグごとに選出されるのではない)。投手部門には2009年まで「右投手」「左投手」の2部門があり、2010年以降は「リリーフ投手」が追加されて基本3部門がある。

出典

  1. ^ http://www.npb.or.jp/CGI/cl/kiroku_put.cgi?id=00129&type=1
  2. ^ ベースボールマガジン社「2002ベースボール・レコード・ブック」45頁 2001年度の主な記録と出来事(01年4月〜5月)より。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 岡島秀樹『個性をモノにする』ベスト新書、2012年。ISBN 978-4-584-12376-8
  4. ^ http://umpbump.com/press/okajima-okie-dokie/
  5. ^ 取材拒否の岡島が心境告白「ブルペン孤独」 日刊スポーツ、2010年7月29日。
  6. ^ 松坂、岡島、田沢それぞれの2010年 Rソックス日本人選手を振り返る カルロス山崎 スポーツナビ、2010年10月15日。
  7. ^ 岡島FA 来季契約申し込まず日刊スポーツ、2010年12月3日。
  8. ^ 最大で約2億円 レッドソックス 岡島と1年契約”. スポニチ Sponichi Annex (2011年1月11日). 2021年6月2日閲覧。
  9. ^ “Rソックスの岡島、戦力外に=米大リーグ”. 時事通信. (2011年5月20日). http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2011052000430 2011年5月20日閲覧。  “戦力外通告の岡島「こういう結果になって残念」大リーグで現役続行希望”. msn産経ニュース. (2011年5月20日). http://sankei.jp.msn.com/sports/news/110520/mlb11052012520011-n1.htm 2011年5月20日閲覧。  “岡島に戦力外通告 大リーグ・レッドソックス”. アサヒ・コム. (2011年5月20日). http://www.asahi.com/sports/update/0520/TKY201105200262.html 2011年5月20日閲覧。 
  10. ^ 岡島マイナー降格「残ることになりました」”. 日刊スポーツ (2011年5月25日). 2011年12月29日閲覧。
  11. ^ 岡島代理人テレム氏に変更していた”. 日刊スポーツ (2011年12月3日). 2011年12月29日閲覧。
  12. ^ MLB=ヤンキース、岡島とマイナー契約”. ロイター (2011年12月29日). 2011年12月29日閲覧。
  13. ^ キャンプ目前…岡島、ヤンキースと“破談””. スポーツニッポン (2012年2月18日). 2012年3月3日閲覧。
  14. ^ 岡島秀樹選手入団について”. 福岡ソフトバンクホークス (2012年3月3日). 2012年3月3日閲覧。
  15. ^ “中日 田島、プロ野球記録の開幕27試合連続無失点「緊張しました」”. Sponichi Annex. (2016年5月21日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/05/21/kiji/K20160521012629540.html 2021年6月2日閲覧。 
  16. ^ “西武・平良、開幕から27試合連続無失点でリーグ新記録 ピンチ招いた冷や汗達成”. Full-Count. (2021年6月2日). https://full-count.jp/2021/06/01/post1092740/ 2021年6月2日閲覧。 
  17. ^ “鷹・岡島、国内6年ぶりセーブ「気にしてない」”. サンケイスポーツ. (2012年8月18日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20120818/haw12081822330004-n1.html 2012年8月31日閲覧。 
  18. ^ “岡島3失点 9回悪夢、47試合目 自責ゼロ崩れる”. 読売新聞. (2012年8月31日). http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20120831-OYS1T00331.htm 2012年8月31日閲覧。 
  19. ^ “【ソフトB】岡島自由契約 米復帰を尊重”. 日刊スポーツ. (2012年11月30日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20121130-1053808.html 2013年2月2日閲覧。 
  20. ^ A's sign lefty Okajima to Minor League dealMLB.com、2013年2月11日。
  21. ^ アスレチックス岡島がメジャー昇格日刊スポーツ、2013年5月18日。
  22. ^ 岡島 マイナー降格 ブログに「諦めず頑張ります」Sponichi Annex、2013年6月15日。
  23. ^ ソフトバンク 岡島の獲得を発表 2年ぶりに復帰スポーツニッポン2013年11月25日配信
  24. ^ 岡島ソフトバンク退団へ 現役続行希望
  25. ^ 来季契約について
  26. ^ 2014年度 自由契約選手 日本野球機構オフィシャルサイト 2014年12月5日閲覧。
  27. ^ 選手獲得のお知らせ 横浜DeNAベイスターズ公式サイト 2014年12月10日閲覧。
  28. ^ キヨシDeNA7連敗・・・4点リードもデイリースポーツ.2015年6月12日
  29. ^ DeNAがベテランの岡島を昇格!6日のプロ野球公示BASEBOLLKING.2015年9月6日
  30. ^ DeNA岡島、多村、東野に戦力外も現役続行希望日刊スポーツ.2015年10月4日
  31. ^ 2015年度 自由契約選手 - 2015年12月2日閲覧
  32. ^ Transactions |orioles.com”. MLB.com (2016年2月8日). 2016年2月9日閲覧。
  33. ^ “岡島「ダメなら引退」最後の挑戦…単独インタビュー”. スポーツ報知 (報知新聞). (2016年3月16日). オリジナルの2016年4月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160403035121/http://www.hochi.co.jp/baseball/mlb/20160315-OHT1T50173.html 2016年4月3日閲覧。 
  34. ^ “岡島が契約解除、OP戦5試合自責0も「年齢ネックだと思う」”. スポーツ報知 (報知新聞). (2016年3月30日). オリジナルの2016年4月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160403035127/http://www.hochi.co.jp/baseball/mlb/20160330-OHT1T50002.html 2016年4月3日閲覧。 
  35. ^ 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2011』廣済堂出版、2011年、71頁。ISBN 978-4-331-51518-1
  36. ^ 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2010』廣済堂出版、2010年、55頁。ISBN 978-4-331-51439-9
  37. ^ Hideki Okajima Pitch FxFanGraphs
  38. ^ 「2010-11 MLB投手白書 主要250投手ピッチ・アナリシス/救援投手編」『月刊スラッガー』2011年2月号、日本スポーツ企画出版社、 33頁、 雑誌15509-2。
  39. ^ a b FanGraphs Hideki Okajima PichFX
  40. ^ 池田哲雄『メジャー・リーグ変化球バイブル』ベースボール・マガジン社、2010年、56-57頁。ISBN 978-4-583-61678-0
  41. ^ 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2007』廣済堂出版、2007年、68頁。ISBN 978-4-331-51213-5
  42. ^ 「変化球握り大図鑑 チェンジアップ 岡島秀樹」『週刊ベースボール』2009年6月22日号、ベースボール・マガジン社、2009年、 14頁。
  43. ^ 日刊スポーツ、33年ひと筋名投手コーチ①小谷の指導論、2012年2月15日
  44. ^ SHEILA (2007年7月31日). “松坂とレッドソックスの愉快な仲間たち SHEILAの「キャッチ・ザ・ハート」2007:第3回”. スポーツナビ. Y's Sports Inc.. 2012年7月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年2月9日閲覧。
  45. ^ “「個性的フォーム」野茂2位、岡島4位”. 日刊スポーツ. (2010年12月28日). http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/p-bb-tp2-20101228-718487.html 
  46. ^ 週刊ベースボール誌・石田雄太「閃・球・眼」[いつ?][どこ?]
  47. ^ “辛口ゲンダイ記者が行く「ちょっといいですか?」―ソフトバンク・岡島秀樹”.日刊ゲンダイ、2012年3月17日[どこ?]
  48. ^ 橋本清:メジャー復帰を狙うオカジ!橋本清の『気合じゃーDBBブログ』、橋本清、2012年5月2日。
  49. ^ 岡島「ボール握りながら寝ていた」日刊スポーツ、2011年4月27日。
  50. ^ Baseball Digest Rookie All-Star TeamsBR Bullpen 2016年11月17日閲覧。
  51. ^ 元メジャーリーガーの岡島秀樹、ドラマ「ハチナイ」第1話に出演”. 映画ナタリー (2021年6月22日). 2021年7月8日閲覧。


「岡島秀樹」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「岡島秀樹」の関連用語

岡島秀樹のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



岡島秀樹のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの岡島秀樹 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS