湊かなえとは?

湊かなえ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/01 01:11 UTC 版)

(みなと かなえ、1973年1月 -)は、日本小説家広島県因島市中庄町(現・尾道市因島中庄町)生まれ[2]武庫川女子大学家政学部被服学科卒業。2007年には金戸 美苗(かなと みなえ)の名義で第35回創作ラジオドラマ大賞を受賞した[3]


  1. ^ 第162回直木賞候補に5作 呉勝浩「スワン」、誉田哲也「背中の蜘蛛」、湊かなえ「落日」など - ほんのひきだし、2019年12月16日
  2. ^ a b c せとうちタイムズ (2008年9月6日). “湊かなえさん(因島中庄出身)小説推理新人賞を受賞「告白」で作家デビュー”. 2008年10月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年12月29日閲覧。
  3. ^ a b 創作ラジオドラマ大賞 歴代受賞者一覧” (日本語). 日本放送作家協会. 2019年11月13日閲覧。
  4. ^ a b 武庫川女子大学卒業 湊かなえさんに聞く”. 2017年度 兵庫県内大学特集 兵庫の大学へ行こう. 神戸新聞社. 2016年9月29日閲覧。
  5. ^ a b 網谷隆司郎 (2015年11月2日). “第56回 湊かなえさん「なぜ絶壁に挑むのか」”. 嗜好と文化. 毎日新聞. p. 2. 2016年9月29日閲覧。
  6. ^ a b c “湊かなえ氏素顔は「関西のおばちゃん」”. デイリースポーツ online. (2016年3月27日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2016/03/27/0008933299.shtml 2016年9月29日閲覧。 
  7. ^ a b c 井上志津 (2017年1月18日). “ブックウオッチング 『山猫珈琲』(上・下) 湊かなえさん”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/articles/20170118/ddm/015/040/042000c 2017年8月25日閲覧。 
  8. ^ a b 新人作家・湊かなえさんの『告白』が本屋大賞受賞”. ORICON STYLE (2009年4月6日). 2013年7月6日閲覧。
  9. ^ デビュー作で本屋大賞の快挙 『告白』がブレイクした舞台裏”. 日経トレンディネット (2009年5月31日). 2013年7月6日閲覧。
  10. ^ 中国新聞 2009年4月10日 5面
  11. ^ “松たか子、まな娘を殺されて復讐を果たす女教師に挑戦!『告白』映画化”. シネマトゥデイ. (2009年11月2日). http://www.cinematoday.jp/page/N0020565 2013年7月6日閲覧。 
  12. ^ 日本映画製作者連盟. “2010年(平成22年)興収10億円以上番組 (PDF)”. 2013年7月6日閲覧。
  13. ^ a b オデッサの階段. “#3 湊かなえのコーヒー 告白 有川浩 イヤミス”. フジテレビ. 2013年7月6日閲覧。
  14. ^ “湊かなえオリジナル脚本『高校入試』〜何度観ても新しい“気付き”があるドラマ”. ORICON NEWS (oricon ME). (2012年11月24日). http://www.oricon.co.jp/news/2019017/full/ 2017年8月25日閲覧。 
  15. ^ “湊かなえ氏 小説家デビュー娘のおかげ”. デイリースポーツ online. (2016年5月6日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2016/05/06/0009056496.shtml 2016年9月29日閲覧。 
  16. ^ 原作者 湊かなえさん インタビュー”. ABC創立60周年記念スペシャルドラマ 境遇. ABCテレビ. 2017年8月25日閲覧。
  17. ^ 高津祐典 (2010年10月14日). “手紙で交わす「告白」 湊かなえさん新作『往復書簡』”. 朝日新聞デジタル: p. 2. http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY201010140245_01.html 2017年8月25日閲覧。 
  18. ^ 井ノ口麻子 (2013年12月23日). “湊かなえさん 島の生活 作品に生かす”. YOMIURI ONLINE (読売新聞). http://www.yomiuri.co.jp/local/hyogo/feature/CO003991/20131222-OYT8T00677.html 2017年8月25日閲覧。 
  19. ^ 網谷隆司郎 (2015年11月2日). “第56回 湊かなえさん「なぜ絶壁に挑むのか」”. 嗜好と文化. 毎日新聞. 2016年9月29日閲覧。
  20. ^ 網谷隆司郎 (2015年11月2日). “第56回 湊かなえさん「なぜ絶壁に挑むのか」”. 嗜好と文化. 毎日新聞. p. 3. 2016年9月29日閲覧。
  21. ^ a b ベストセラー作家・湊かなえが初の連ドラ脚本を書き下ろし”. ダ・ヴィンチ電子ナビ (2012年9月6日). 2013年8月11日閲覧。
  22. ^ “新人作家・湊かなえさんの『告白』が本屋大賞受賞”. ORICON NEWS (oricon ME). (2009年4月6日). https://www.oricon.co.jp/news/64944/full/ 2018年4月27日閲覧。 
  23. ^ 「大学読書人大賞」―2009大学読書人大賞が決定!”. 出版文化産業振興財団. 2018年4月27日閲覧。
  24. ^ 第3回広島文化賞新人賞”. 公益財団法人ひろしま文化振興財団. 2018年4月27日閲覧。
  25. ^ 2010年 第63回 日本推理作家協会賞”. 日本推理作家協会. 2018年4月27日閲覧。
  26. ^ 「大学読書人大賞」―2011大学読書人大賞が決定!”. 出版文化産業振興財団. 2018年4月27日閲覧。
  27. ^ “日本推理作家協会賞短編部門受賞・湊かなえさん 評価された「島」への愛着”. MSN産経ニュース. (2012年6月7日). オリジナルの2012年6月7日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120607050505/http://sankei.jp.msn.com/life/news/120607/art12060707590002-n1.htm 2013年8月11日閲覧。 
  28. ^ 山本周五郎賞”. 新潮社. 2018年4月27日閲覧。
  29. ^ 第149回「芥川賞・直木賞」候補11作決定 湊かなえ氏が初ノミネート”. ORICON STYLE (2013年7月4日). 2013年8月11日閲覧。
  30. ^ 山本周五郎賞”. 新潮社. 2018年4月27日閲覧。
  31. ^ “押切もえ「0.5点差」で受賞逃す 『山本周五郎賞』選考員が説明”. ORICON STYLE. (2016年5月16日). http://www.oricon.co.jp/news/2071723/full/ 2016年5月17日閲覧。 
  32. ^ “第155回「芥川賞・直木賞」候補11作決まる 湊かなえ氏直木賞2度目ノミネート”. ORICON NEWS (oricon ME). (2016年6月20日). https://www.oricon.co.jp/news/2073557/full/ 2018年4月27日閲覧。 
  33. ^ “湊かなえさんの「贖罪」がエドガー賞候補に ペーパーバック部門”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2018年1月24日). http://www.sanspo.com/geino/news/20180123/sot18012315300005-n1.html 2018年1月24日閲覧。 
  34. ^ “湊かなえさん「贖罪」は受賞を逃す 米エドガー賞”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年4月27日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/04/27/kiji/20180427s00041000121000c.html 2018年4月27日閲覧。 
  35. ^ “芥川賞・直木賞の候補に松尾スズキさん、湊かなえさんら”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2018年6月18日). https://www.asahi.com/articles/ASL6G52ZYL6GUCVL01G.html 2018年6月18日閲覧。 
  36. ^ “湊かなえさん「高校入試」 脚本を小説に書き下ろし…入れ物変われば切り方も違う”. zakzak. (2013年8月11日). http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20130811/enn1308110730001-n1.htm 2013年8月11日閲覧。 
  37. ^ 本田翼&山本美月が共演、女子高生の死生観描く湊かなえの「少女」映画化”. 映画ナタリー (2016年1月5日). 2016年1月5日閲覧。
  38. ^ “寺島しのぶが“毒親”役、ドラマ『ポイズンドーター・ホーリーマザー』今夏放送”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年2月22日). https://www.oricon.co.jp/news/2130083/full/ 2019年2月22日閲覧。 
  39. ^ “湊かなえ氏『往復書簡』 松下奈緒×市原隼人でドラマ化”. ORICON STYLE. (2016年8月31日). http://www.oricon.co.jp/news/2077618/full/ 2016年8月31日閲覧。 
  40. ^ “『第61回 NHK紅白歌合戦』ゲスト審査員決定 昨年司会の仲間由紀恵ら10名”. ORICON STYLE. (2010年12月22日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/83153/full/ 2013年6月20日閲覧。 
  41. ^ 湊かなえ先生がフジテレビ系「ボクらの時代」に出演されます”. 東京創元社 (2011年4月27日). 2013年6月20日閲覧。
  42. ^ 「告白」の湊かなえ『アナザースカイ』で創作の原点となった地・トンガ王国へ”. テレビドガッチ (2015年6月19日). 2015年7月21日閲覧。
  43. ^ ピース又吉、西加奈子や湊かなえの作家陣と「ビストロSMAP」登場”. お笑いナタリー (2015年7月18日). 2015年7月21日閲覧。
  44. ^ SWITCHインタビュー 達人達「湊かなえ×佐野正幸」”. NHK (2021年4月17日). 2021年4月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月22日閲覧。
  45. ^ “湊かなえ氏 ラジオパーソナリティー初挑戦 FM大阪で6月3日スタート”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2020年5月26日). https://www.daily.co.jp/gossip/2020/05/26/0013372376.shtml 2020年5月27日閲覧。 


「湊かなえ」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「湊かなえ」の関連用語

湊かなえのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



湊かなえのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの湊かなえ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS