第43回NHK紅白歌合戦とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 第43回NHK紅白歌合戦の意味・解説 

第43回NHK紅白歌合戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/25 08:06 UTC 版)

第43回NHK紅白歌合戦』(だいよんじゅうさんかいエヌエイチケイこうはくうたがっせん)は、1992年平成4年)12月31日NHKホールで行われた、通算43回目のNHK紅白歌合戦。19時20分 - 20時55分および21時から23時45分にNHK生放送された。


  1. ^ 放送中の朝ドラのヒロインが紅白の司会を務めた唯一の事例である。
  2. ^ a b c d 合田道人『紅白歌合戦の真実』
  3. ^ 牧山泰之『想い出の紅白歌合戦』
  4. ^ 第43回”. NHK紅白歌合戦ヒストリー. 日本放送協会. 2014年12月28日閲覧。
  5. ^ 決戦は金曜日」「晴れたらいいね」のメドレー
  6. ^ その後、由紀は第63回2012年)で今回以来となるソロでの出場を果たした。
  7. ^ a b c 朝日新聞』1992年12月5日付夕刊、17頁。
  8. ^ 紅白歌手別視聴率、40%超えは嵐ら3組だけに…前回は31組スポーツ報知、2020年1月7日 6時0分。
    平成以後の紅白歌手別瞬間最高視聴率
  9. ^ 「92年NHK総合『紅白歌合戦』歌手別視聴率」平島廉久『検証視聴率』日本能率協会マネジメントセンター、1993年、80-81頁。ISBN 4-8207-0953-4。(該当ページにはこの回の全歌手別視聴率を掲載)
  10. ^ CD化されている替え唄メドレー1~3から商品名を含む歌やCMソングの替え歌等NHKで放送できない内容のものを除いて再編集したもので、後にこのバージョンもCD化された。 使用曲:「函館の女」「ジュリアに傷心」「渚のはいから人魚」「ハイティーン・ブギ」「プレイバックPart2」「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」「なごり雪」「神田川」「クリスマス・イブ」「恋人がサンタクロース」「FUNK FUJIYAMA」「ひと夏の経験」「およげ!たいやきくん」「てんとう虫のサンバ」「ドナドナ」「こまっちゃうナ」「グリーングリーン」「三百六十五歩のマーチ」「ブルー・ライト・ヨコハマ」「涙のキッス」「いい湯だな」「SAY YES」「蛍の光
  11. ^ 決戦は金曜日」「晴れたらいいね」のメドレー
  12. ^ ギザギザハートの子守唄」「涙のリクエスト」「星屑のステージ」「I Love you, SAYONARA」「Present for You」のメドレー
  13. ^ 「君がいるだけで」「なんちゅうこというの」のメドレー
  14. ^ 姉の安田祥子は、バックコーラスを担当(当時はグループはトリを務めてはならないという決まりがあった。2003年SMAPがトリを務めてからは、その決まりは廃止された)。


「第43回NHK紅白歌合戦」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「第43回NHK紅白歌合戦」の関連用語

第43回NHK紅白歌合戦のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



第43回NHK紅白歌合戦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの第43回NHK紅白歌合戦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS