第65回NHK紅白歌合戦とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 第65回NHK紅白歌合戦の意味・解説 

第65回NHK紅白歌合戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/17 08:19 UTC 版)

第65回NHK紅白歌合戦』(だいろくじゅうごかいエヌエイチケイこうはくうたがっせん)は、2014年平成26年)12月31日JST、以下同じ)に放送された通算65回目のNHK紅白歌合戦である。




  1. ^ 前回初出場時はメドレーだったが、今回は「君にHITOMEBORE」の1曲のみ披露。中島・菊池・佐藤の3名が中心のシングルだが、紅白の舞台は5人体制で披露された。
  2. ^ 前回は紅組であったため、白組としては2年ぶり4回目。
  3. ^ 禁断のレジスタンス -Extended Mix-」「Preserved Roses」を順に披露。
  4. ^ ただし、第46回1995年)でTOKIOのバックダンサー。第50回1999年)の企画コーナーでゲスト出演。
  5. ^ メンバーの有安杏果はインフルエンザのため出場を辞退した。
  6. ^ アメリカ合衆国ニューヨークからの中継。
  7. ^ SHAKE」「世界に一つだけの花」「Top Of The World」を順に披露。
  8. ^ ただし、前回ゲスト歌手として出演。
  9. ^ 紅組歌手として第53回2002年)まで過去7回出場。放送内の紹介においては「8回目」の記述があった(公式には企画ゲストのため回数には含めない)。
  10. ^ アメリカ合衆国・ニューヨークのレコーディングスタジオからの中継。
  11. ^ メンバーと司会者、ゲスト審査員がそれぞれ「心のプラカード」と称したメッセージを披露した。歌唱の途中、カメラスタッフによるスイッチングミスで舞台袖が数秒間映ってしまい、川栄李奈松井玲奈SKE48としても出場)・山本彩NMB48としても出場)の心のプラカードが表示されないハプニング(放送事故)もあった。3人の心のプラカードは年明けの2015年1月10日BSプレミアムで放送された『AKB48 SHOW!』にてこのハプニングに触れた上で補足された。
  12. ^ 神奈川県横浜市パシフィコ横浜展示ホールからの中継で「HUMAN」「クスノキ」を順に披露。
  13. ^ 東京都渋谷区NHK放送センター・CT-101スタジオからの中継。
  14. ^ 白組歌手として第34回1983年)まで過去3回出場。他にメンバーの原由子第42回1991年)に紅組歌手として出場。同じく桑田佳祐第61回2010年)に特別ゲストで出演。
  15. ^ 神奈川県横浜市・横浜アリーナからの中継。
  16. ^ 感謝カンゲキ雨嵐」「GUTS !」を順に披露。

注釈

  1. ^ 前回は紅組司会の綾瀬はるかが出場歌手と共に「花は咲く」を歌唱する演出があった。
  2. ^ Dream5の「ようかい体操第一」の振り付けを担当した縁で登場。

出典

  1. ^ a b 【紅白詳報】(1)開幕は徹子&タモリ! つもる思い出話に司会陣「時間です!」”. 産経ニュース (2014年12月31日). 2015年1月4日閲覧。
  2. ^ 紅白直前スペシャル”. あさイチ. 日本放送協会. 2014年12月26日閲覧。
  3. ^ “プロデューサーが語る“紅白”の意義「音楽が細分化する中での“最後の砦”」”. ORICON STYLE (オリコン). (2014年12月17日). http://www.oricon.co.jp/news/2046019/full/ 2014年12月26日閲覧。 
  4. ^ a b c d e “嵐&吉高由里子「紅白歌合戦」司会者に決定”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2014年10月10日). http://mdpr.jp/news/detail/1431683 
  5. ^ a b “NHK、“紅白宣伝部”発足を発表部員にはバナナマン!”. ORICON STYLE (オリコン). (2014年11月19日). http://www.oricon.co.jp/news/2044783/full/ 2014年12月26日閲覧。 
  6. ^ a b “【紅白】バナナマン・日村&ふなっしー、郷ひろみに生電話で直談判”. ORICON STYLE (オリコン). (2014年12月26日). http://www.oricon.co.jp/news/2046481/full/ 2014年12月26日閲覧。 
  7. ^ 陰のMVP?バナナマンの紅白 デイリースポーツ 2015年1月2日配信、1月3日閲覧。
  8. ^ “NHK紅白歌合戦、放送時間決定 4年連続で4時間半に”. ORICON STYLE (オリコン). (2014年9月4日). http://www.oricon.co.jp/news/2041745/full/ 2014年9月4日閲覧。 
  9. ^ [1],スポーツニッポン,2014年10月10日
  10. ^ [2],デイリースポーツ,2014年10月10日
  11. ^ [3],2014年10月11日,日刊ゲンダイ
  12. ^ “NHK:紅白出場歌手を発表 V6ら5組が初出場”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2014年11月26日). http://mainichi.jp/select/news/20141127k0000m040017000c.html 2014年12月26日閲覧。 
  13. ^ “紅白 ジバニャン呼んで子供世代狙う「国民的人気者ですから」”. スポーツニッポン. (2014年11月26日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/11/26/kiji/K20141126009355610.html 2015年1月12日閲覧。 
  14. ^ “【紅白】ゲスト審査員に黒柳徹子とタモリがそろい踏み”. ORICON STYLE (オリコン). (2014年12月23日). http://www.oricon.co.jp/news/2046336/full/ 2014年12月26日閲覧。 
  15. ^ a b c “【紅白】『花子とアン』特別編の放送決定書き下ろし脚本で主要キャスト集結”. ORICON STYLE (オリコン). (2014年12月24日). http://www.oricon.co.jp/news/2046373/full/ 2014年12月26日閲覧。 
  16. ^ “【紅白】曲目・曲順“異例”の同時発表トリは嵐大トリは聖子”. ORICON STYLE (オリコン). (2014年12月25日). http://www.oricon.co.jp/news/2046347/full/ 2014年12月26日閲覧。 
  17. ^ a b 中森明菜 12年ぶり紅白出場決定!NHKが発表 5年半ぶりの新曲披露 スポーツニッポン 2014年12月28日閲覧。
  18. ^ 第34回は黒柳が紅組司会、タモリが総合司会を務めた。
  19. ^ 吉高由里子、初の紅白司会スタート 松田聖子、和田アキ子からのエール受け取る<紅白本番> モデルプレス、2014年12月31日 2020年8月5日閲覧
  20. ^ シングル盤に無かったストリングズ音源がイントロに追加された歌唱当時未発表のバージョン。後日アルバム「SMASHING ANTHEMS」に収録された。
  21. ^ V6三宅が“大失言””. デイリースポーツ online. デイリースポーツ (2014年12月31日). 2016年2月14日閲覧。
  22. ^ 【紅白】V6三宅失言?「伍代さんの後ろで踊らされる…」,東スポWeb,2014年12月31日
  23. ^ 「紅白」司会V6井ノ原快彦、三宅健の“失言”を回顧「まずは謝罪から」 安定感抜群トークに「さすが」の声”. モデルプレス. ネットネイティブ (2015年11月27日). 2016年2月14日閲覧。
  24. ^ V6・三宅健、伍代夏子に“お詫び”年賀状! 「珍しいくらいしっかりしてる」と絶賛,サイゾーウーマン,2015年2月13日
  25. ^ 郷ひろみの歌唱中、ステージに登場した。副音声も担当した。
  26. ^ “バナナマン日村、紅白でテレ東キャラ!”. デイリースポーツ online (デイリースポーツ). (2015年1月4日). http://www.daily.co.jp/opinion-d/2015/01/04/0007632032.shtml?pg=3 2015年2月4日閲覧。 
  27. ^ 『モデルプレス』2014年12月31日
  28. ^ 羽生結弦「また壁を乗り越えたい」 徳永英明とコラボ<紅白本番> モデルプレス 2014年12月31日閲覧。
  29. ^ 羊の大群に追いかけられるシーンは2014年12月24日に千葉県富津市マザー牧場にて撮影(樽美酒のブログより)。
  30. ^ ゴールデンボンバー今年は“丸刈りパフォ”「はげましておめでとう」 スポーツニッポン 2014年12月31日配信、2015年1月1日閲覧。
  31. ^ 紅白出番終了しました(※ネタバレあり) 鬼龍院翔オフィシャルブログ
  32. ^ 金爆・鬼龍院 新曲歌いたかった…丸刈り・樽美酒に謝罪&感謝 スポーツニッポン 2014年12月31日配信、2015年1月1日閲覧。
  33. ^ “ももクロ 有安の思い背負い紅白出場”. デイリースポーツ. http://www.daily.co.jp/gossip/2015/01/01/0007626775.shtml 2015年1月1日閲覧。 
  34. ^ この年下期『マッサン』ヒロイン
  35. ^ この年上期『花子とアン』放送期間中に、翌年上期『まれ』ヒロインに選ばれた。
  36. ^ a b c “【紅白詳報】(12)体力自慢?朝ドラヒロイン3人勢ぞろい 吉高、かまずに「きゃりーぱみゅぱみゅ」紹介”. 産経新聞. (2014年12月31日). http://www.sankei.com/entertainments/news/141231/ent1412310025-n1.html 2016年10月10日閲覧。 
  37. ^ 実際にはこの5日前にテレビ朝日系列『ミュージックステーションスーパーライブ2014』でタモリとSMAPは共演している。
  38. ^ タモリ31年ぶり紅白「恥ずかしかった」,デイリースポーツ,2015年1月1日
  39. ^ 後日放送された、『SMAP×SMAP』の「BISTRO SMAP」内で語られた。
  40. ^ [4],モデルプレス,2014年12月31日
  41. ^ “【紅白】サザン、事前発表なく31年ぶり出場 桑田ちょびヒゲ姿で「お久しぶりです」”. ORICON STYLE (オリコン). (2014年12月31日). http://www.oricon.co.jp/news/2046716/full/ 2015年2月2日閲覧。 
  42. ^ サザン 31年ぶりサプライズ出演!横アリから中継「結束高め」 スポーツニッポン 2014年12月31日配信、2015年1月1日閲覧。
  43. ^ a b “桑田佳祐、年越しライブについてラジオで説明と謝罪”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2015年1月18日). http://natalie.mu/music/news/136438 2015年1月21日閲覧。 
  44. ^ “「表現活動に影響も…」波紋呼ぶサザン桑田さんの謝罪 膨らむネット反応”. 産経ニュース (産業経済新聞社). (2015年1月18日). http://www.sankei.com/entertainments/news/150118/ent1501180008-n1.html 2015年1月21日閲覧。 
  45. ^ SWITCH Vol.33 No.4 Southern All Stars [我が名はサザン] p21より。
  46. ^ “【紅白】“白組トリ”嵐、フライングで熱唱”. ORICON STYLE. (2014年12月31日). http://www.oricon.co.jp/news/2046741/full/ 2015年1月28日閲覧。 
  47. ^ a b “紅白、白組が3年連続で勝利! タモリ「おめでとうございました!」と祝福”. マイナビニュース (マイナビ). (2015年1月1日). http://news.mynavi.jp/news/2015/01/01/002/ 2015年1月21日閲覧。 
  48. ^ “【紅白】白組、3年連続優勝!タモリから優勝旗!嵐、吉高由里子が息ピッタリ司会”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2014年12月31日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20141231-OHT1T50107.html 2015年1月21日閲覧。 
  49. ^ 第65回NHK紅白歌合戦”. 日本放送協会. 2015年1月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月21日閲覧。
  50. ^ V6 なぜ今年初出場なのか 岡田&イノッチ「お茶の間の顔 NHKの顔」,スポーツニッポン,2014年11月26日
  51. ^ [5],BIGLOBEニュース,2014年11月26日
  52. ^ [6],日刊スポーツ,2014年11月27日
  53. ^ [7],サンケイスポーツ,2014年11月27日
  54. ^ HKTは「今年のがんばりを総合的に」評価,スポーツニッポン,2014年11月26日
  55. ^ 初出場のMay J. 「大晦日は全力で歌わせていただきます」,スポーツニッポン,2014年11月26日
  56. ^ 2度目の紅白出場 神田沙也加「素晴らしい締めくくり 感謝」,スポーツニッポン,2014年11月26日
  57. ^ 薬師丸ひろ子「とてもステキだった」 きっかけは去年の「あまちゃん」,スポーツニッポン,2014年11月26日
  58. ^ 薬師丸ひろ子、紅白は健さん追悼曲か,日刊スポーツ,2014年11月27日
  59. ^ 各映画賞の申し出も固辞! 突然出たきた高倉健さん“養女”の行動に戸惑う周囲,日刊サイゾー,2015年1月11日
  60. ^ 初紅白セカオワ、有働アナからムチャ振り,日刊スポーツ,2014年11月26日
  61. ^ ただし、第40回1989年)に出場した聖飢魔IIのメンバーであるエース清水長官のプロフィール上の年齢は100027歳(当時)であり、プロフィール上の年齢も考慮した場合はそちらが史上最年長になる
  62. ^ [8]
  63. ^ [9],スポーツニッポン,2014年12月30日
  64. ^ [10],goo
  65. ^ “嵐、初の大トリ浮上!紅組は松田聖子が最有力”. スポーツニッポン. (2014年11月27日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/11/27/kiji/K20141127009358990.html 2015年2月10日閲覧。 
  66. ^ “松田聖子初の大トリ、トリは嵐!イメージ一新、紅白新時代の顔に”. スポーツニッポン. (2014年12月8日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/12/08/kiji/K20141208009422930.html 2015年2月10日閲覧。 
  67. ^ “紅白大トリ聖子 白組トリに嵐”. 日刊スポーツ. (2014年12月8日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20141208-1406189.html 2015年2月10日閲覧。 
  68. ^ “嵐、初の大トリ浮上!紅組は松田聖子が最有力”. スポーツニッポン. (2014年11月27日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/11/27/kiji/K20141127009358990.html 2015年2月10日閲覧。 
  69. ^ [11],リアルライブ,2014年12月29日
  70. ^ 『週刊新潮』2014年9月11日号
  71. ^ [12],J-CASTニュース,2014年11月27日
  72. ^ a b c d e f g “NHK紅白に日本エレキテル連合、田中将大投手、ふなっしーらが応援出演。連続テレビ小説の3ヒロイン共演も”. BARKS音楽ニュース (グローバル・プラス). (2014年12月26日). http://www.barks.jp/news/?id=1000111143 2014年12月27日閲覧。 
  73. ^ a b “吉高、人生初司会が紅白に「よくもまぁ選んだ」”. ORICON STYLE (オリコン). (2014年10月10日). http://www.oricon.co.jp/news/2043160/full/ 2015年2月5日閲覧。 
  74. ^ a b c “吉高、紅白司会に「危なっかしい」”. 日刊スポーツ. (2014年10月10日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20141010-1379911.html 2015年2月21日閲覧。 
  75. ^ “吉高 紅白司会も爆弾発言「危なっかしいと思う方はチャンネル変えて」”. スポーツニッポン. (2014年10月11日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/10/11/kiji/K20141011009079560.html 2015年2月21日閲覧。 
  76. ^ “吉高由里子 紅白アクシデント“期待”に「あんな年もうないって終わり方したい」”. スポーツニッポン. (2014年12月19日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/12/19/kiji/K20141219009489480.html 2015年2月21日閲覧。 
  77. ^ “嵐、紅白最多連続司会に歓喜 初の大トリは「想像できない」”. ORICON STYLE. (2014年10月10日). http://www.oricon.co.jp/news/2043162/full/ 2015年2月21日閲覧。 
  78. ^ [13]
  79. ^ 特別枠や応援ゲストとしての打診も行ったという。
  80. ^ “北島三郎 紅白ゲスト出演断っていた”. デイリースポーツ. (2014年12月29日). http://www.daily.co.jp/opinion-d/2014/12/29/1p_0007621834.shtml 2015年1月12日閲覧。 
  81. ^ [14],トピックニュース,2015年11月14日
  82. ^ “【紅白】見切れ出演“イカ大王”塚地が感激「去年とは違う」”. ORICON STYLE (オリコン). (2015年1月1日). http://www.oricon.co.jp/news/2046747/full/ 2015年4月3日閲覧。 
  83. ^ “キング・クリームソーダとDream5、紅白企画コーナーへ出演決定”. ミュージックヴォイス (アイ・シー・アイ). (2014年11月26日). http://www.musicvoice.jp/news/20141126020653/ 2014年12月27日閲覧。 
  84. ^ “【紅白】嵐&「妖怪ウォッチ」がコラボ「アラシニャン」 : 芸能”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2015年1月1日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20141231-OHT1T50211.html 2015年2月4日閲覧。 
  85. ^ a b “関ジャニ∞、生ビールで「カンパイ!」 オネエ軍団と絡むハイテンションコラボ<紅白本番>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2014年12月31日). http://mdpr.jp/music/detail/1457494 2015年2月4日閲覧。 
  86. ^ nhk_kouhakuのツイート(549543968883494912)
  87. ^ “鬼姑ピン子 ポリシー曲げて紅白狙う!”. デイリースポーツ. (2014年9月4日). http://www.daily.co.jp/gossip/2014/09/04/0007299197.shtml 2015年1月12日閲覧。 
  88. ^ “NHK紅白、曲目・曲順が発表に”. BARKSニュース (BARKS). (2014年12月25日). http://www.barks.jp/news/?id=1000111075 2014年12月27日閲覧。 
  89. ^ “NHK紅白で『アナ雪』神田沙也加&イディナ・メンゼル“日米姉妹”共演!NYから生中継”. シネマカフェ (イード). (2014年12月25日). http://www.cinemacafe.net/article/2014/12/25/28383.html 2014年12月27日閲覧。 
  90. ^ ギタリスト生本直毅さん 紅白歌合戦に 十勝毎日新聞 2014年12月31日配信、1月3日閲覧。
  91. ^ “薬師丸ひろ子の紅白ステージで松任谷正隆がピアノ演奏”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2014年12月29日). http://natalie.mu/music/news/135126 2015年1月11日閲覧。 
  92. ^ 紅白当日体調が優れなかったという。
  93. ^ 第65回NHK紅白歌合戦 ラジオ中継アナウンサー決定について (PDF) NHK広報局 2014年12月4日付
  94. ^ 第65回NHK紅白歌合戦 【8Kライブパブリックビューイングを実施】 (PDF)”. 日本放送協会. 2015年11月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月1日閲覧。
  95. ^ “紅白視聴率、第1部35%・第2部42%”. 読売新聞. (2015年1月2日). http://www.yomiuri.co.jp/culture/20150102-OYT1T50085.html 2015年1月5日閲覧。 
  96. ^ “紅白視聴率ダウン…サザン、明菜投入も”. 日刊スポーツ. (2015年1月3日). http://www.asahi.com/and_M/interest/entertainment/Cpettp01501030002.html 2015年1月5日閲覧。 
  97. ^ “紅白後半42・2%、7年連続大台もW杯超えならず…年間1位逃す”. スポーツニッポン. (2015年1月2日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/01/02/kiji/K20150102009560800.html 2015年1月5日閲覧。 
  98. ^ “【紅白】視聴率は各地でほぼ横ばい 関東で後半42.2%”. オリコン. (2015年1月2日). http://www.oricon.co.jp/news/2046742/full/ 2015年1月5日閲覧。 
  99. ^ a b テーマ”. 第65回NHK紅白歌合戦. 日本放送協会. 2014年12月18日閲覧。
  100. ^ “NHK、紅白“史上初”のPRソング「歌おうマーチ」制作あすよりオンエア”. ORICON STYLE (オリコン). (2014年11月19日). http://www.oricon.co.jp/news/2044782/full/ 2014年12月18日閲覧。 
  101. ^ 第65回NHK紅白歌合戦〔LINE ID:@kouhaku〕による2014年12月18日 (木) 19:47 (JST)の投稿。出場歌手や曲目をいち早くチェック!「第65回NHK紅白歌合戦」のLINE公式アカウントが登場!”. LINE (2014年10月16日). 2014年12月18日閲覧。


「第65回NHK紅白歌合戦」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「第65回NHK紅白歌合戦」の関連用語

第65回NHK紅白歌合戦のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



第65回NHK紅白歌合戦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの第65回NHK紅白歌合戦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS