サンダーバード6号とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > イギリスの映画作品 > サンダーバード6号の意味・解説 

サンダーバード6号

原題:Thunderbirds Six
製作国:イギリス
製作年:1968
配給:ユナイト
スタッフ
監督:David Lane デイヴィッド・レイン
製作:Sylbia Anderson シルヴィア・アンダーソン
脚本:Gerry Anderson ゲリー・アンダーソン

Sylvia Anderson シルヴィア・アンダーソン
撮影:Harry Oakes ハリー・オークス
SFX:Derek Meddings デレク・メディングス
音楽:Barry Gray バリー・グレイ
美術:Bob Bell 
編集:Len Walter 
スクリプター:John Peverill 
キャスト(役名
解説
脚本ゲリー・アンダーソンとシルヴィア・アンダーンン、監督デイヴィッド・レイン特殊技術視覚効果監督をデレック・メディングスと前作サンダーバード」とほぼ同じスタッフで作られたSF人形劇映画撮影ハリー・オークス音楽は、バリー・グレイ担当している。製作も、「サンダーバード」のシルヴィア・アンダーソン。なお日本語版のふきかえを、小沢重雄大泉滉黒柳徹子が行なっている。テクニカラー、テクニスコープ。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
新世界航空依頼で、国際救助隊ブレインズ設計した豪華客船スカイ・シップ1号完成した。その処女飛行に、アランペネロピミンミンパーカー招待され、世界一周旅行に出かけた。サンダーバード1号に乗ったスコット2号バージルはスカイ・シップの離陸みとどけて戻ったが、スカイ・シップの船長はじめ搭乗員たちが次々と殺され、正体不明男たちが塔乗員なりすましていることには、バージルたちも、ペネロピ一行も気がつかなかった。その頃科学者ブレインズはサンダーバード6号の設計没頭していた。ニューヨークグランド・キャニオン、そしてアフリカペネロピたちは快適な旅を楽しんでいた。だがペネロピ身辺には録音機備えつけられ、彼女の言葉ファスター船長によって録音されていた。ふとしたことでペネロピアランは、この事実を知ったが、それが何のためであるかはわからなかった。やがて合成されたペネロピの声で、スカイ・シップより、国際救助隊宇宙ステーション向けて、「救助たのむ」の発信がなされた。ファスター船長らは、国際救助隊壊滅をはかるブラック・ファンタム一味であったのだ。不安を感じ直接ジェフ隊長ペネロピ交信して事実を知ったのは、サンダーバード1号2号出動した後であった。ペネロピたちは早速機械室襲撃したが、全員捕えられてしまった。一方ジェフ隊長指令サンダーバード1号2号は敵の裏をかき、敵の拠点攻撃して壊滅させた。その帰途、スコッレとバージルはスカイ・シップがコースからはずれ降下していくのに出会い尾行した。スカイ・シップはぐんぐん降下し、ついにタワーひっかかり火災起した。バランスを失ったスカイ・シップの上でブラック・ファンタム一味国際救助隊との闘いが、はじまった。が、双方ともに危険というので、飛んできた二枚翼の飛行機全員乗りうつった。ブラック・ファンタム一味は、次々と死んでいったがペネロピたちは九死に一生を得た。この時サンダーバード6号が完成した。がこの6号、なんと旧式二枚翼の飛行機だった。

サンダーバード6号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/19 03:32 UTC 版)

サンダーバード6号』(サンダーバードろくごう、Thunderbird 6)は、1968年に製作されたイギリス人形劇特撮映画。テレビシリーズ『サンダーバード』の劇場映画化作品第2作。上映時間89分。






「サンダーバード6号」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「サンダーバード6号」の関連用語

サンダーバード6号のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

EQUIUM

ナガウブゲグサ

グリーソンカッター

M61A1

鳥口

クラウン ハイブリッド

ビールの賞味期限

筑後川丸





サンダーバード6号のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサンダーバード6号 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS