前山田健一とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 音楽家 > 作曲家 > 日本の作曲家 > 前山田健一の意味・解説 

前山田健一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/08 09:27 UTC 版)

前山田 健一(まえやまだ けんいち、1980年7月4日 - )は、日本ミュージシャン音楽プロデューサー作詞家作曲家編曲家である。身長170cm。血液型O型[1]




注釈

  1. ^ 自身が仮歌を女の子っぽく歌ったものを女声にエフェクト処理したものをいう。ニコニコ動画に「ヒャダル子」名義で投稿したものも存在する。女性アーティストに楽曲提供する際は、元歌を女の子っぽく歌ったものを「ヒャダル子」に処理してから提供する。

出典

  1. ^ 株価が大変だぜ ameblo
  2. ^ 田中公平氏とヒャダインこと前山田健一氏の対談が実現。前山田氏が「このままじゃ大丈夫じゃないことが分かりました」と語った訳は……?
  3. ^ E-Zucca_KAJa!'2001出演者#17”. 関西アカペラジャンボリー(KAJa!)の記録1. 関西アカペラジャンボリー (2010年1月1日). 2013年8月1日閲覧。
  4. ^ 前山田健一 (2010年12月). AKB48、ももクロ...... ヒャダイン/前山田健一が語るニコ動&アイドル曲方法論(後編). (インタビュー). 日刊サイゾー.. http://www.cyzo.com/2010/12/post_6200.html 2010年12月23日15:50閲覧。 
  5. ^ a b ヒャダインが明かす、人気音楽作家となるまでの日々「動画サイトで自分は間違っていないと確認できた」”. Real Sound. -2015-3-10-閲覧。
  6. ^ ヒャダイン うさゅうのなぞ”. ヒャダインのチョベリグ★エブリディ. アメーバブログ (2010年5月5日). 2010年12月23日20:12閲覧。
  7. ^ 「作曲「ニコ動」で開花――「ヒャダイン」こと前山田健一」『朝日新聞』2011年4月23日付夕刊、第3版、第3面。
  8. ^ 能年玲奈の主演映画『海月姫』で前山田健一が初の劇伴に挑戦、36曲を書き下ろし)”. CINRA.NET (2014年10月3日). 2014年10月31日閲覧。
  9. ^ musicるTV”. 2014年4月8日閲覧。
  10. ^ musicるTV”. 2014年9月30日閲覧。
  11. ^ 野宮真貴 30周年 お祝いコメント”. 2012年5月1日閲覧。
  12. ^ Power Push ももいろクローバー 前山田健一 a.k.a. ヒャダイン インタビュー”. ナタリー. 2012年2月28日閲覧。
  13. ^ “イトケン”こと伊藤賢治氏と“ヒャダイン”こと前山田健一氏が初遭遇。音楽的ルーツからゲーム音楽について思うこと,そしてプロ論に至るまで語り合ってもらった”. 4Gamer.net. 2012年3月29日閲覧。
  14. ^ ヒャダインブログ「電波女と青春男」
  15. ^ 「魔法つかいプリキュア!」後期の主題歌情報を発表!,東映アニメーション魔法つかいプリキュア!公式サイト,2016年6月7日
  16. ^ ヒャダインブログ「電波女と青春男」
  17. ^ “いいとも最終回”. 公式ブログ. (2014年3月31日). http://ameblo.jp/hyadain/entry-11809394436.html 2014年4月3日閲覧。 
  18. ^ 【WEB人・詳報版】「ヒャダイン」こと前山田健一さん(29) 【プロの犯行】だったアレンジ曲投稿”. 2010年5月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月10日閲覧。、産経新聞、2010年5月20日
  19. ^ ゆず、冒険活劇MVでさすらいの花売りに ヒャダインも特別出演”. ORICON (2015年4月15日). 2015年4月21日閲覧。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「前山田健一」の関連用語

前山田健一のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



前山田健一のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの前山田健一 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS