山本高広とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 芸能人 > 芸人 > お笑い芸人 > 山本高広の意味・解説 

山本 高広

山本高広の画像 山本高広の画像
芸名山本 高広
芸名フリガナやまもと たかひろ
性別男性
生年月日1975/2/19
星座うお座
干支卯年
血液型A
出身福岡県
身長163 cm
URLhttp://www.watanabepro.co.jp/mypage/40000022/
ブログURLhttp://ameblo.jp/y-takahiro/
プロフィールものまねタレント目薬をさし『キターッ!』っと叫ぶ織田裕二ものまね一躍有名に。『無限の声帯を持つ男』と賞される。ものまねレパートリーは、織田裕二柳葉敏郎北村総一朗いかりや長介ケイン・コスギ草彅剛哀川翔渡部篤郎中尾彬竹中直人渡哲也中井貴一ガッツ石松小林稔侍山田五郎伊武雅刀西田敏行鈴木宗男もう中学生渡部陽一江口洋介香取慎吾三ツ矢雄二、『めちゃイケナレーション、『奇跡体験アンビリーバボーナレーションぶらり途中下車の旅ナレーションなど。バラエティ番組中心に活躍している。主な出演作品に、日本テレビPON!』、フジテレビ奇跡体験アンビリーバボー』『とんねるずのみなさんのおかげでした』『爆笑レッドカーペット』など。
代表作品1日本テレビぶらり途中下車の旅ナレーション
代表作品2テレビ24吹替(ジャック・バウアー)
代表作品3著書地球生まれよかったーーぁ!』
職種お笑い
好きなスポーツバスケットボール/ゴルフ/スノーボード
趣味・特技ドライブ/カラオケ/いたずら/料理/ものまね/バスケットボール/スプレーアート/ゴルフ/スノーボード

» タレントデータバンクはこちら
他のタレント一覧
福岡県出身のタレント  中島芙美枝  坂口アミ  桂菊丸  山本高広  町田隼人  林野健志

山本高広

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/13 02:05 UTC 版)

山本 高広(やまもと たかひろ、1975年2月19日 - )は、日本ものまねタレントお笑い芸人である。




[ヘルプ]
  1. ^ 嫁さんがキター! 山本高広が猫の日に入籍 - サンスポ SANSPO.COM 2014年3月10日付
  2. ^ 2 単位制高等学校の設置 (1) 平成17年度までの設置校 (PDF)”. 文部科学省ホームページ. 文部科学省. 2013年11月13日閲覧。
  3. ^ 山本高広. “山本高広のプロフィール”. Ameba. サイバーエージェント. 2013年11月13日閲覧。
  4. ^ “山本高広が「キターッ!」と叫べぬ日が「キターッ」!?”. アメーバニュース. (2008年11月24日). http://news.ameba.jp/domestic/2008/11/21717.html 
  5. ^ またまた北九州!”. 山本高広オフィシャルブログ (2010年6月13日). 2014年5月31日閲覧。
  6. ^ 放送内容(2008年10月27日)”. 日本テレビ嵐の宿題くん』公式サイト (2008年10月27日). 2014年5月31日閲覧。
  7. ^ 2008年10月11日 スポーツニッポン 芸能面記事より。
  8. ^ オリ小松に山本高広が「新ネタ使って」”. 日刊スポーツ (2009年1月25日). 2014年5月31日閲覧。
  9. ^ 恵比寿マスカッツ 1.5、仮面女子らがガチバトル!4・30『夜の大運動会』6時間生放送|TVLIFE web - テレビがもっと楽しくなる!” (日本語). TV LIFE. 2018年4月20日閲覧。


「山本高広」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「山本高広」の関連用語

山本高広のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

桑原テツ

佳音

つたいめぐみ

イーデス・ハンソン

中山圭

大友律

滝川愛莉

槇大輔





山本高広のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2018 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの山本高広 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS