常盤貴子とは?

常盤貴子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/26 09:56 UTC 版)

常盤 貴子(ときわ たかこ、1972年4月30日[1] - )は、日本女優神奈川県横浜市生まれ、兵庫県西宮市育ち。身長162cm[1]血液型A型[1]スターダストプロモーション所属[2]




注釈

  1. ^ 2020年4月10日の封切りを予定していたが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、3月31日に公開の延期が発表された[30]
  2. ^ 2020年4月の放送開始を予定していたが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、放送が延期されることが4月10日に発表された[34]

出典

  1. ^ a b c 常盤貴子”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年1月20日閲覧。
  2. ^ 常盤貴子”. スターダストプロモーション. 2017年1月20日閲覧。
  3. ^ “第15回「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」発表! 作品賞『トクサツガガガ』ほか全7部門受賞者から喜びのコメント到着”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年4月26日). https://www.oricon.co.jp/confidence/special/52912/ 2021年2月26日閲覧。 
  4. ^ “『野のなななのか・大林監督』が抜き出た力作”. 高崎新聞. (2015年1月20日). http://www.takasakiweb.jp/news/article/2015/01/2001.html 2021年2月26日閲覧。 
  5. ^ “常盤貴子、4年ぶりにドラマ主演 16日「玉蘭」”. J-CASTテレビウォッチ (株式会社ジェイ・キャスト). (2007年6月13日). https://www.j-cast.com/tv/2007/06/13008387.html 2018年12月17日閲覧。 
  6. ^ 笑顔をくれた君へ~女医と道化師の挑戦~”. フジテレビ. 2018年12月17日閲覧。
  7. ^ ロス:タイム:ライフ 2008年3月15日(土)放送 華麗なる極道の妻へ愛する夫の仇討ち!駆け抜けた命の花が散る時”. フジテレビ. 2018年12月17日閲覧。
  8. ^ “「眉山」ドラマ化決定、常盤貴子&富司純子”. J-CASTテレビウォッチ (株式会社ジェイ・キャスト). (2007年7月9日). https://www.j-cast.com/tv/2007/07/09009129.html 2018年12月17日閲覧。 
  9. ^ “09年大河『天地人』妻夫木の妻に常盤 長澤、相武ら共演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2008年6月3日). https://www.oricon.co.jp/news/55160/full/ 2018年12月17日閲覧。 
  10. ^ ““常盤貴子×北川悦吏子”のSPドラマ放送直前! 常盤が母への思いを語る”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2010年9月10日). https://thetv.jp/news/detail/16980/ 2018年12月17日閲覧。 
  11. ^ “松尾スズキ&常盤貴子「TAROの塔」で岡本太郎さん生涯描く”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2010年12月6日). https://eiga.com/news/20101206/22/ 2018年12月17日閲覧。 
  12. ^ “超人気ミステリーを永作博美&藤原竜也&常盤貴子で初テレビドラマ化 東野圭吾3週連続スペシャル”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2011年5月19日). https://www.cinematoday.jp/news/N0032436 2018年12月17日閲覧。 
  13. ^ “常盤貴子:NHKドラマ「神様の女房」で松下幸之助の妻役 夫役は筒井道隆”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2011年7月17日). https://mantan-web.jp/article/20110717dog00m200002000c.html 2018年12月17日閲覧。 
  14. ^ “常盤貴子、内野聖陽主演『忠臣蔵』でヒロイン・堀部安兵衛の妻”. ORICON NEWS (oricon ME). (2011年10月8日). https://www.oricon.co.jp/news/2002570/full/ 2018年12月17日閲覧。 
  15. ^ “尾野真千子、悪女を嬉々と演じる 初共演・常盤貴子とも意気投合”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2012年10月30日). https://eiga.com/news/20121030/6/ 2018年12月17日閲覧。 
  16. ^ 『再会』”. とれたてフジテレビ. フジテレビ (2012年2月16日). 2012年3月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月17日閲覧。
  17. ^ “2013年1月の日曜劇場で直木賞作家・重松清のベストセラー「とんび」が連続ドラマ化!”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2012年11月7日). https://thetv.jp/news/detail/34520/ 2018年12月17日閲覧。 
  18. ^ “常盤貴子、笑顔で余命わずかな母役 夫役田辺誠一「今年1番の感動作」”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2013年1月25日). https://eiga.com/news/20130125/3/ 2018年12月17日閲覧。 
  19. ^ “常盤貴子×谷原章介×北川悦吏子で描く“逢わない”恋…ドラマ「月に祈るピエロ」”. シネマカフェ (イード). (2013年8月29日). https://www.cinemacafe.net/article/2013/08/29/18856.html 2018年12月17日閲覧。 
  20. ^ “大沢たかお主演、半世紀前の東京五輪招致舞台裏をドラマ化”. ORICON NEWS (oricon ME). (2014年8月28日). https://www.oricon.co.jp/news/2041449/full/ 2018年12月17日閲覧。 
  21. ^ 平成27年度前期 連続テレビ小説「まれ」出演者発表!”. NHK (2014年9月8日). 2018年12月17日閲覧。
  22. ^ 北村一輝「恋愛ドラマの帝王になる」、常盤貴子との初ラブストーリーにハイテンション”. クランクイン! (2015年12月22日). 2015年12月25日閲覧。
  23. ^ “シニア世代向け帯ドラマに常盤貴子、松岡茉優、草刈民代ら出演決定”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年12月22日). http://www.oricon.co.jp/news/2083437/full/ 2016年12月22日閲覧。 
  24. ^ クリスマスイヴに鬼畜⁈ 常盤貴子、松本清張の傑作ドラマ化に「シビレました」”. テレ朝POST. テレビ朝日 (2017年12月4日). 2018年12月17日閲覧。
  25. ^ “常盤貴子:ドラマ「夕凪の街 桜の国」で主演 川栄李奈も出演”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2018年3月28日). https://mantan-web.jp/article/20180327dog00m200019000c.html 2018年3月28日閲覧。 
  26. ^ “山田洋次監督の『遙かなる山の呼び声』、主演・阿部寛&常盤貴子でドラマ化”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年2月9日). https://www.oricon.co.jp/news/2105478/full/ 2018年2月9日閲覧。 
  27. ^ “常盤貴子、19年ぶり日曜劇場主演!「グッドワイフ」で弁護士役に”. シネマトゥデイ. (2018年11月5日). https://www.cinematoday.jp/news/N0104664 2018年11月5日閲覧。 
  28. ^ ブレイブ ストーリー”. GONZO公式サイト. 2016年6月28日閲覧。
  29. ^ 常盤貴子と池松壮亮が東陽一の最新作「だれかの木琴」で共演、原作は井上荒野”. 映画ナタリー (2016年2月21日). 2016年2月22日閲覧。
  30. ^ “大林宣彦「海辺の映画館―キネマの玉手箱」が公開延期に”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年3月31日). https://natalie.mu/eiga/news/373546 2020年4月10日閲覧。 
  31. ^ “大林宣彦監督の最期のメッセージを掲載したパンフレットも完成! 渾身の“最新作”「海辺の映画館」7.31公開決定”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2020年6月4日). https://thetv.jp/news/detail/234876/ 2020年6月4日閲覧。 
  32. ^ 民教協スペシャル 第29回 英雄の妻 敦子 ~激動の日中関係を生きた女の人生~”. 民間放送教育協会. 2015年2月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月26日閲覧。
  33. ^ “大林宣彦の追悼放送で「HOUSE」「花筐」をOA、岩井俊二と常盤貴子との鼎談番組も”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年4月21日). https://natalie.mu/eiga/news/376284 2021年2月26日閲覧。 
  34. ^ “常盤貴子ナビゲーターの旅番組「京都画報」放送延期 10月スタートで準備”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2020年4月10日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/04/10/kiji/20200410s00041000233000c.html 2020年4月10日閲覧。 
  35. ^ “常盤貴子「烈火のごとく…」京都のエピソード告白”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2020年2月19日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202002190000330.html 2020年4月10日閲覧。 
  36. ^ 京都画報 早春・旧家に伝わる名宝”. BS11. 2021年2月12日閲覧。
  37. ^ ケラリーノ・サンドロヴィッチ新作舞台のキャスト発表 麻実れい「すてきな予感がする」”. ORICON STYLE (2015年11月12日). 2015年11月12日閲覧。


「常盤貴子」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「常盤貴子」の関連用語

常盤貴子のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



常盤貴子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの常盤貴子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS