ロス:タイム:ライフとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > ロス:タイム:ライフの意味・解説 

ロス:タイム:ライフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/03/08 08:44 UTC 版)

ロス:タイム:ライフ』は、筧昌也の原案・監督による映像作品。これまでにショートフィルム連続テレビドラマ、ケータイドラマにて制作されている。


注釈

  1. ^ 房江に見せる警察手帳には巡査と書かれており、1年6ヶ月経って新聞には警部補と記載されている為。
  2. ^ 漫画家の水口尚樹が漫画の作画協力をしている。
  3. ^ 第2節でタクシーの運転手にIDを提示している。
  4. ^ a b c d 第7節で審判団の氏名がクレジットされている。
  5. ^ ただし、第4節解説の小村武役だったサタケは第7節で宅間孝行名義で勝矢公男役、第5節解説のピエール倉内役だった越村は特別編・前編で検察官役でそれぞれ出演している。
  6. ^ 使われたのはOKWeb(現在のOKWave)であり、OKWaveは演出の筧昌也へのインタビューを掲載するなど、同番組とタイアップしている。詳しくは [1] を参照。
  7. ^ なおその直前に、同じ体重計で尾元が自分の体重を量っており、体重計が壊れていたわけではない。
  8. ^ 第3節では疲れた審判団がスーパーの外で座り込み、第4節では寿司屋に入った選手を店の外でパンをかじりながら待っている。第7節では居酒屋を飲んでいた。
  9. ^ 第2節・第5節・第7節では審判団が車(第5節・第7節)や自転車(第2節)に乗った選手に置いてけぼりにされた。また第4節では、由紀子が審判団を病院内の鍵のかかった一室に閉じ込めている。さらに、第9節では審判団に驚いた謙太郎が彼らを部屋から追い出し、部屋に鍵をかけて入れないようにしている。
  10. ^ だが第9節では主審を務めた尾元と第4審判がしゃべっていたり、特別版・後編では尾元とカズ子の関係を知った審判団が思わず「夫婦!?」と驚きの声を発している。
  11. ^ 第2節では、選手を追いかけるために審判団がタクシーを拾っている。第5節では担当以外のロスタイム中の人間の前に姿を現した。第7節ではヒッチハイクをしていた。
  12. ^ 第8節では清美が銭湯に入ったが、審判団は男性のみで構成されていたため同行することが出来ず、銭湯の外で1時間ほど待たされる羽目になった。
  13. ^ ただしこれは、主審がパスポートを気にかけさせ海外へいくと時効が滞在した時間の分だけ延長されることを選手に気づかせるための前振りとしての意味合いが大きく、通常のカード提示とはやや意味合いが異なる。
  14. ^ なお、筧本人のブログ [2] によると、ただ「付けたかっただけ」とのこと。

出典

  1. ^ スポーツニッポン (2008年3月6日). “常盤貴子満足!極道の妻役で啖呵切る”. 2008年3月6日閲覧。
  2. ^ “常盤貴子が「ロス:タイム:ライフ」で極道の妻になって討ち入りだ〜!”. ザテレビジョン THE SHOT (2008年10号). 
  3. ^ 公式サイト「スペシャル」コンテンツ内、「尾元'sライフ」第9節更新分より。
  4. ^ OhmyNews (2016年2月11日). “포기하는 그 순간, 인생이라는 시합이 종료된다”. 2016年2月16日閲覧。



ロス:タイム:ライフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/09 18:55 UTC 版)

「ロス:タイム:ライフ」の記事における「ロス:タイム:ライフ」の解説

2003年製作。上映時間9分。BS-i(現BS-TBS)・BSフジ共同制作ショートフィルム企画「68FILMS」の中で、「美少年Hi!レーベル第8話として放送監督・脚本筧昌也 音楽水野修一 出演虎牙光揮修一)、中村麻美(りさ)、新宿ミサイル審判団谷本進(エージェント)ほか 制作BS-i

※この「ロス:タイム:ライフ」の解説は、「ロス:タイム:ライフ」の解説の一部です。
「ロス:タイム:ライフ」を含む「ロス:タイム:ライフ」の記事については、「ロス:タイム:ライフ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ロス:タイム:ライフ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ロス:タイム:ライフ」の関連用語

ロス:タイム:ライフのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ロス:タイム:ライフのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのロス:タイム:ライフ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのロス:タイム:ライフ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS