東京ラブストーリーとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > テレビ番組 > 漫画原作ドラマ > 東京ラブストーリーの意味・解説 

東京ラブストーリー

作者景山誓子

収載図書BLUES越境者たちの涙
出版社文芸社
刊行年月2007.6


東京ラブストーリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 05:55 UTC 版)

東京ラブストーリー』(とうきょうラブストーリー)は、柴門ふみによる日本漫画1988年から小学館ビッグコミックスピリッツ』で連載、ビッグスピリッツコミックスより刊行された。 全4巻。サラリーマンの永尾完治(カンチ)と同僚の赤名リカの関係を中心に、東京に生きる若者たちの姿を描く[1]。キャッチコピーは、「東京では誰もがラブストーリーの主人公になる」。略称として『東ラブ』と呼称されることもある[2]。2016年10月時点で累計発行部数は250万部を突破している[3]


注釈

  1. ^ ティファニーで朝食を』の主人公であるホリー・ゴライトリーがモデルとのこと[8]
  2. ^ オープニングでは乗っているシーンが登場するが、特別編ではスポンサーの関係で劇中のシーンに差し替えられた。
  3. ^ 1993年9月27日に、空港ターミナルビル「ビックバード」供用開始により、建物は取り壊されている。
  4. ^ 当時建設途中のレインボーブリッジ橋脚部分が見える。
  5. ^ 現在は取り壊されて跡地にはマンションが建設されている。
  6. ^ http://www.amlux.jp/index.html
  7. ^ 海側のホームは高浜方面行きの乗り場であり、梅津寺駅の隣の駅である高浜駅が終点である。
  8. ^ 放送終了後25年以上経過した現在もホームの柵へはハンカチが結ばれている。
  9. ^ 1999年、新校舎の建築に伴い旧校舎は取り壊される。校舎の柱は、2000年に同じ久万高原町に開館したふるさと旅行村に移設、展示されている。
  10. ^ 原作では和賀が離婚したのは、物語開始の2年前でリカが完治と交際を始める前だが、本作では和賀が離婚したのはリカが完治と交際を始めてからである。また、原作も1991年版も物語開始以前にリカは和賀とは破局していたが、本作では完治の上京まで関係を持っていた。
  11. ^ 1991年版ではリカは和賀の子供を身篭ってはいない。
  12. ^ 本作では完治が愛媛支社から東京の本社に転勤して来てリカと同僚になるという設定。
  13. ^ リカと完治が別部署で和賀は完治の部署の部長だった1991年版とは違い、リカも完治も同じ部署にいるため、和賀から見ればどちらも部下になる。

出典

  1. ^ a b “50歳のリカとカンチを描いた『東京ラブストーリーAfter25years』単行本発売!「50歳のリカとカンチの生きざまが感慨深い!」と反響続々”. ダ・ヴィンチニュース (KADOKAWA). (2017年1月13日). https://ddnavi.com/news/346013/a/ 2020年1月24日閲覧。 
  2. ^ a b c “「東ラブ」に翻弄された有森也実 続編あればやると明言”. 週刊女性セブン. (2016年11月24日). https://www.news-postseven.com/archives/20161114_465685.html/ 2018年9月30日閲覧。 
  3. ^ “東京ラブストーリー:「女性セブン」で続編、27年ぶり連載へ 前作の25年後“アラフィフ”のカンチとリカ描く”. MANTANWEB. (2016年10月27日). https://mantan-web.jp/article/20161027dog00m200024000c.html 2022年3月26日閲覧。 
  4. ^ “「東京ラブストーリー」続編がスピリッツに、50歳になったカンチとリカが再会”. コミックナタリー. (2016年1月25日). http://natalie.mu/comic/news/173533 2016年10月28日閲覧。 
  5. ^ “「東京ラブストーリー」26年ぶり連載再開 「女性セブン」で全7回”. スポニチアネックス. (2016年10月28日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/10/28/kiji/K20161028013615530.html 2016年10月28日閲覧。 
  6. ^ a b “「東京ラブストーリー」、29年ぶり復活! 次世代スターで今春FOD配信”. SANSPO.COM (産業経済新聞社). (2020年1月24日). https://www.sanspo.com/article/20200124-JO2QAFZSCNIJNCFDZI5CTPJTNU/ 2020年1月24日閲覧。 
  7. ^ “ミュージカル「東京ラブストーリー」柿澤&笹本、濱田&唯月がカンチとリカに”. ステージナタリー (ナターシャ). (2022年3月16日). https://natalie.mu/stage/news/469729 2022年3月25日閲覧。 
  8. ^ a b 漫道コバヤシ』第33回 東京ラブストーリー刊行25周年!柴門ふみSPより
  9. ^ 大多亮『ヒットマン テレビで夢を売る男』角川書店刊/1996年。
  10. ^ 『月刊カドカワ』1991年5月号「柴門ふみスペシャル/本人自身による全作品解説」/角川書店刊。
  11. ^ 東京ラブストーリー(2020年版)”. 2020年6月6日閲覧。
  12. ^ 東京ラブストーリー”. 2020年6月6日閲覧。
  13. ^ a b "伊藤健太郎、石橋静河ら出演 現代版『東京ラブストーリー』フジテレビで地上波放送決定". Real Sound. blueprint. 17 September 2021. 2021年9月17日閲覧
  14. ^ “Vaundy、2020版「東京ラブストーリー」の主題歌担当”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2020年4月13日). https://natalie.mu/music/news/375138 2020年4月13日閲覧。 





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

東京ラブストーリーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



東京ラブストーリーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの東京ラブストーリー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS